そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

Menjoy! メンジョイ

うぃーっす☆モテるチャラ男が「追いかけたくなる女」のLINE術

チャラ男は「すぐ落ちる女」には興味がない!?

いつの時代も女泣かせのチャラ男君たち。

ぶっちゃけ泣かされるのをわかっていても、彼らのスマートな気遣いにコロリとやられ、好きになってしまう女子が多いのは事実。

チャラ男は、「彼女がいてもタイプの女子が現れたら関係なくアプローチする」のが特徴。

ハンター精神が人一倍強いのです。

そんな彼らのタイプは、意外にも「純粋で素朴そうなのに芯のある女の子」なのだとか。

どうやら「自分とは真逆の女子」に魅力を感じるようです。

「すぐに落ちる女」よりも「振り回されるの女」のほうが、チャラ男は追いかけたくなるみたい。

そこで今回は、モテるチャラ男が思わず「追いかけたくなる女」のLINE術をチャラ男君監修のもと、ご紹介!

 

デートの誘いはOKだけどこっちに合わせて!

チャラ男たちは、気に入った女の子を見つけるとすぐにLINE交換。そしてデートに誘います。このとき、彼が気になる存在だったとしても、すでにある自分の予定をずらしたり調整したりして彼を優先するような、安い女にならないで!

 

「今週末は無理なんだよね」→自分の都合のいい日時を提案

絶対NGなのが、恋愛体質な女子がやりがちな「友人との約束をキャンセルして彼を優先させる」ということ。

これではチャラ男の思うつぼなうえ、友達にも失礼です。

「すぐに落ちる女」として、「追いかけたくなる女」から除外される可能性大。

チャラ男には、あなたの必死感が伝わってしまいます。

もし、あなたが日程調整を提案したのに断られたとしたら、彼は生粋のクズチャラ男。

そんな男はさっさと見切りをつけましょう。

 

「無理なものは無理!」とはっきり伝える

上記もそうですが、自分の先約や予定を優先させることを忘れずに。

モテる「チャラ男」は“あわよくば”を狙っている可能性も。

「20時とかでもいい?」ここでもこちらの予定に合わせる

チャラ男からデートの提案があったとしても、2回目のLINEの時点であなたのペースに乗せてしまいましょう。

そしてストレートに食事は「楽しみ」だけど、カラオケは「無理」とあなたが自立している女性であることを匂わせるのです。

基本的に自信満々のチャラ男。

いつものように自分の思い通りの展開にならないと、なんだか気になっちゃうみたい。

 

用件が終わったらやりとり終了

そして用件が済んだら会話終了!

こちらからのアクションは終わりです。

会話はあなたから終わらせる!

女子って基本的にLINE好き。

モテるチャラ男は女慣れしているぶん、それをよくわかっています。

しかし、LINEのやりとりに依存しないサバサバしている女子に魅力を感じるのです。

 

どうでしたか?

今回はモテるチャラ男が「追いかけたくなる女」のLINE術をご紹介しました。

「好きになった彼がチャラ男だった!」

どんな恋愛でもそうですが、特にチャラ男の場合は絶対に彼に依存してはダメ。

自分の恋愛以外のプライベートや仕事も充実させつつ、彼とのやりとりを楽しんでくださいね。

 



go to source

彼氏ができない女が「男を辛口評価するLINE」を3つ覗き見ッ!

1:「●●ちゃんの彼氏みたいな男ならいらないよね~」

長年彼氏ができていない女子たちのトークは、「ほかの女子の彼氏をけなす」という暴挙に出がち。

やたら目が肥えてしまって「●●ちゃんの彼氏みたいな男なら、いらないよね~」と、人様の彼氏をダシにして、毒を吐きまくります。

そのお友達は、その彼氏のことが好きだから付き合っているんでしょうに。

そもそも、恋愛なんて「蓼食う虫も好き好き」だから、他人がどうこう言う話ではありません。

話題に上がっている理恵ちゃんにしてみたら、「余計なお世話!」のひと言に尽きることでしょう。

陰で友達の男を辛口評価して盛り上がっちゃうのは、コンプレックスが関係しているのでしょうか……。

 

2:「あの男は、絶対チャラいって」

それなりに出会いはあるけれど、恋愛に結びつかない女子たちは、デートした男を酷評するのも大得意。

「1回会ったけど、結婚は考えていないって言ってた」など、ひょっとしたら自分に原因があるかもなフレーズさえも引き合いに出して、「だから、きっとチャラい男だよね」と空想の世界で生きるがごとく辛口評価をします。

そんなことばかり言っていたら、どんな男と出会っても、きっと彼氏ができることはないでしょう……。

その女子の前のめりすぎる言動が引き金となって、あえてその男は「結婚は考えていない」って発言した可能性のほうが高いです。

ちょっと痛々しい!

 

3:「鼻がムリ」「口元がキモい」

少しだけ「いいな」と思っていた男と、思うように関係が進展しないと、相手の容姿をけなし始めるのも、この手の女子トーク「あるある」です。

「て言うかさー。鼻がムリ」「口元がキモかったし」などと、わざわざ欠点を探して「だから、あんな男とは付き合わないで正解だった!」と、女子同士で盛り上がろうとする展開ですね。

この手の話をもちかけられた女子としても、仲間が彼氏いない同盟から抜け駆けされるのは困る、と思っていることが多いため、「キモい男は付き合わないで正解だったよ!」と、背中を押すような発言をして、必死で盛り立てます。

こういう女子同士の会話って、いろんな意味で残酷……。

 

彼氏ができない女子たちが男を酷評するLINEは、とても辛口な内容が「これでもか!」と並んでいます。

みなさんの周りにも、彼氏がいない女子同士で、こんなLINEをしている人がいるかも!?

 



go to source

即スクショだよ!女子が女友達にさらす「男からのウザLINE」3つ

「ウザLINE」は公開処刑!? 女って怖いよ♡

LINEって便利なツールである一方で、とっても怖いんです……。

なぜなら文章が履歴として残るから。軽はずみに変なLINEを送ったら大変。

どこかで「これウザくない?」なんてネタにされているかも!?

女子って基本的にウサワ好き。

「ウザくてキモッ」と感じたLINEは即スクショ、女友達と共有してしまうのです。

男性諸君、下記のようなLINEを送信した記憶があるなら晒されてるかも!?

以後気を付けて(笑)!

……そして女って怖~っ!

(1)“内面がすべて”なのに好きなタイプは「ガッキー」

猛アプローチを受ける女子。

LINEをしている彼に好きな芸能人のタイプを聞いてみるも……!?

まさかの「ガッキー」という超パワーワードを使いながらも“内面がすべて”という取って付け加えたような言葉。

ガッキーこと新垣結衣さんは、TVで見る限り性格がよさそうですが……!?

即スクショ、晒す。

女友達からひと言。

「この男、ガッキーの内面を知っているの……か!?」。

 

(2)うざすぎる止まらないLINE・スタンプ連投

ポケットで鳴りやまないLINE通知。

「誰だ、こんなにLINEしてくるのは!」

見ると……返信していないのにひたすら連投してきている男子!

「土日何してたの?」という問いに対して「渋谷で友人と遊んでたよ」のひと言だけしか返していないのに……。

即スクショ、晒す。

女友達からひと言。

「ランチ行きたかったって、こんな連投男とは行かないよな」。

 

(3)勝手に彼氏面すんな!「おはよう!お疲れ!おやすみ!」

ワンナイト後に届いた男子からのLINE。

もちろん、ワンナイトしちゃった女子だって悪い。

けれどお互い“割り切り”じゃなかったの……?

即スクショ、晒す。

女友達からひと言。

「1度寝ただけで彼氏面すんなよ!」。

 

(4)メンタル強し!度重なる合コン要請

合コン後、女子を食事に誘うも、完全惨敗の男子。

けれどめげない、逃げない、諦めない。

ひたすら“合コン要請”

即スクショ、晒す。

女友達からひと言。

「ウケる(笑)。なんか可哀想だから合コンセッティングしたら? 私行くよ(笑)」。

 

どうでしたか?

今回は即スクショして女友達に晒した男からの「ウザLINE」文例をご紹介しました。

女って怖いですね。

「ひえ~変なLINE送っちゃったかも!」

そんな男子に朗報!

LINEは2017年12月より「24時間以内ならメッセージが削除できる機能」が追加されたのだとか!

とはいえ、晒される可能性のある「ウザLINE」は極力控えましょうね。

そして女子のみなさんも、晒し過ぎにはご注意を!

 



go to source

特訓じゃ!「ラブタッチが下手すぎる彼氏」を成長させる方法3つ

1:まずは彼に「伝える」

「男としてはショックだと思うけど、伝えたほうがいいと思います。男って勝手に“これが気持ちいいんだろ”とか思っていることもあるので。まずは自分が下手くそだと自覚させたほうがいいと思います」(女性、26歳)

「どこが気持ちいいかって人によって場所が異なるから、やっぱり伝えたほうがいいと思います。自分好みに調教しないと」(女性、28歳)

まずは“ラブタッチが下手くそである”ということを、正直に彼に伝えるべきです。恋愛経験の少ない男性は、どうすれば女性が喜ぶのか、どこをどう触ればいいのか、そもそも理解していない可能性があります。

とくに付き合いたての場合、彼に厳しい言葉を向けるのは気が引けるかもしれませんが、今後のためにもきちっと事実を伝えましょう。

 

2:しばらく様子を見守る

「エッチって、段々よくなるものだから、最初のときに下手くそだったからって、気にする必要はないと思います。回数を重ねていくうちに、自然と上達することもありますよ」(女性、26歳)

「さりげなく不満を伝えておけば、男性も自分で考えてテクニックを改善してくれると信じています(笑)」(女性、29歳)

身体の相性とは不思議なもので、何度か回数を重ねているうちに自然と相性がよくなってくる……なんてことも少なくありません。最初のエッチで「全然気持ちよくない!」と思っても、続けていくうちに問題が解決することもあります。

付き合いたてだと、まだカラダと気持ちを完全に彼に預けきれていないということもありますから、しばらくは様子を見るというのも選択肢としては間違っていません。

 

3:それでもダメなら教え込む

「まぁ、改善が見られないようなら、お姉さんが教えてあげるしかないですよね。(女性、29歳)

「いつまで経ってもタッチが下手くそならば、それはセンスがないってことなので。教え込むしかないですよね。“ここを触って”とか“もっと優しく”とか、ひと言かけるだけでも劇的な変化があると思います」(女性、26歳)

いつまで経ってもタッチが上手にならない男性には、彼女の方から行動を起こすしかありません。さりげない口調で、「もっとこうして」と指示を出しましょう。男性にも悪気はないのですから、素直にしたがってくれることがほとんどです。

女性のカラダは人それぞれ、“気持ちいいポイント”が異なります。自分から「ここが気持ちいいの」と場所を教えてあげれば、男性は「あっ、そこをこうなのね!」とすぐにタッチを変化させてくれるはずですよ!

 

いかがでしたか?

気持ちいいラブタッチとは、ふたりで作り上げていくものです。不満があれば、自分の中で貯め込まず、彼とふたりで協力して解決していきましょうね!

 



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ