そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

Menjoy! メンジョイ

恐いっ!インスタでカップルフォトを載せる女子の「裏の顔」とは!?

1:自分の顔だけ修正

キラキラ女子が彼氏と写真を撮るときは、必ず自分のスマホを使います。そして、必ず「加工アプリでしっかり自分の顔を修正してから彼氏に送る」という徹底ぶり。

不特定多数の人が閲覧可能であるインスタグラムへの投稿はなおさらです。いくら大好きな彼氏であろうと、隣に並ぶ人間より自分の方が顔が大きいなんて、絶対に許せないのでしょう。小顔補正も欠かしません。

結論→クリエイター顔負け(自分にだけ)!

毎度カップルフォトを投稿している女子の修正作業は、配置を考えたり、いかに見栄え良く見せるか工夫したり、ひとつひとつの作業はクリエイター顔負け。

リア充感あふれるキラキラした生活の裏には、職人のようなプロフェッショナルな姿があったのです。

 

2:「元彼に“彼女つくらないで”と言っています」

誰が見ても24時間幸せそうなカップル。

毎日ふたりの私生活をアップし、どれだけラブラブであるかを世の中に発信していますが、幸せな時間だけでできている人間など存在しません。

アップしながら、元彼と電話しているケースだってあります。

さらには、元彼に「絶対彼女つくっちゃダメだよ!」とお願いしている女子さえも。

結論→アップしているフォトだけが世界のすべてではない

それはそれ。これはこれ。という感じですかね。キラキラ女子の世界は、アップしているフォトがすべてではありません。その裏には、同時進行の恋愛だってあるかも……。

 

3:「密会している男がいます」

目に見えるものだけが事実とは限らないですからね。その情報だけがすべてではない、というのがSNSの常識です。

表向きの恋愛は自分自身のステータスを維持するためだったり、世間体のためだったり。理由は様々。キラキラ女子のライフスタイルには、表に出すことの許されない恋愛が潜んでいる場合もあります。

結論→共感できる幸せ部分だけ共有!

それでも、綺麗で純愛な部分だけをピックアップして、インスタグラムに載せれば、その一部だけを見ている人が多数。なので問題はありません。

ただ、インスタグラムを始め、SNS上でうかがい知る生活は、それがすべてではありませんからね。幸せな部分や明るい部分だけを抜粋して発信するから、周囲も幸せを共感することができるのです。

 

いかがでしたか?

どう演出するか次第で、”幸せな自分にみせる”のは簡単。でも、そこには苦悩や悩み、人には言えないことがあるのは当然なのです。

 



go to source

「3人に責任がある」だと⁉ 浮気彼氏たちの「トンデモ言い訳」を滅多斬り!

1:連帯責任ですよ

「浮気なんて本当はしたくないですよ。でも、したくなっちゃったから、したんです。こっちも心が痛いですよね。最初は自分をすごく責めて、本当に苦しくなりました。でも、あまりに苦しくなったとき、ふと思ったんです。

俺だけが悪いの?

そう思えたとき、心がフッとすごく楽になれたのです。自分だけを悪いと思うのは、もうやめました。

俺、彼女、そして浮気相手。3人とも悪いんですよ。連帯責任だと思います」(25歳/埼玉県川口市)

開き直りとは、まさにこのこと

これは最初からとんでもない意見が出ましたね。浮気をしておいて、自分だけではなく、彼女も浮気相手も、みんな悪いんだそうです……。いかがでしょう、ナナミさん?

ナナミ「浮気という悪いことをしておいて、さらに自分の心が痛むことからすらも逃げようとする……。とんでもない意見だと思いますよ。

開き直りとは、まさにこのことですね。とはいえ、浮気すること自体に心の痛みを感じられる素養はあるようですから、根っからの悪人ではないのかもしれませんが。その小者感も、男としてなんか嫌ですね」

 

2:浮気じゃなくて、全部本気です

「浮気と言われるけど、僕にしてみたら浮気ではなく全部本気です。中途半端な気持ちで、相手のことを好きになっていません。

好きになってしまう相手がひとりではなく、複数いるだけであって、彼女はいっぱいいるけど、浮気相手とは思っていません。

結婚していたら法的にまずいと思いますが、付き合うだけならば、別にいいのではないでしょうか?

ちなみに彼女の誰かひとりと将来の約束をしたり、同棲をしたりもしていません。僕に複数の彼女がいることも、みんな知っています」(24歳/渋谷区)

自分がマイノリティであることを理解できているか?

同時に何人と付き合おうが、個人の自由ではないか……という意見です。これは一理あるのでしょうか、ナナミさん?

ナナミ「生き方はもちろん個人の自由ですが、この彼は、自分がマイノリティだということは理解しているのでしょうか?

マイノリティでも別に構わないのですが、他の人と違う、ちょっと特殊な生き方を選んでしまう背景に、どこか自分の弱さがあるのかどうか? そこまで考えたうえでの選択なのかどうか、ちょっと気になります。

例えば、自分の両親が離婚をしていて、それを引きずっているだとか、もし、自分でも気づかずに、自分の弱さから出ている行為であるのならば、まわりを巻き込んでいることになりますよね。

複数の彼女がいることを、彼女たちは知っているとのことですが、それを彼女たちは“望んで”いるのかどうか。本当は、1対1で付き合いたいのならば、やはりあまりいいこととは言えません。恋愛は、相手がいることですから、お互いの幸福を追求することに、真摯に向き合いたいですよね」

 

ちょっと理解できない浮気カレシたちの言い訳を2つご紹介しました。口がうまい相手の場合、心情的には嫌であっても、なんとなく納得させられてしまう人もいるかもしれません。ですが、「理屈じゃなくて、嫌なものは嫌!」としっかり伝えることも重要ですよ。

(ライター 月島もんもん)

 



go to source

できちゃったの…!彼女の突然の妊娠で逃亡を図る男は●%もいる

今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「突然、彼女の妊娠が分かったときについて」の調査をもとに、彼女の妊娠が判明した際の男の行動についてみていきたいと思います。

 

すぐに「結婚しよう!」と申し込んでくれる男性は27%

調査の中で「突然、彼女の妊娠が判明したらどうしますか?」という質問を行ったところ、27%の男性が「すぐに結婚する」と回答していました。つまり男性の約3人に1人は、子どもができたと分かった瞬間に父親になる決心をしてくれるという結果になっていました。なんとも頼もしい限りですよね。

また、すぐに結婚を申し込みはしないものの、現実を見て「まずは話し合う」と答えた男性の割合は52%に上っていました。つまり約半数の男性は、突然の妊娠を告げられた際、まずは話し合いの場を作るということがわかったのです。

「一緒になるにしてもまずは話し合う」、「相手がどう思っているかを、まずは確かめねば何も始まらない」など、話し合いを通じて、彼女に結婚する意志があるのか、子どもを産んでくれる気があるのかを確認したいという男性が多いようでした。話をするとは言っても、彼女の意思を確認するという趣が強いようでした。

 

男の25人に1人は、妊娠がわかった瞬間に逃げる

多くの男性が結婚や出産に向けて前向きに話をしてくれる反面、「すぐさま逃げる」と回答した男性も4%存在しており、25人に1人の確率で彼女の妊娠が分かった瞬間に逃走するという男性が存在しているのです。

「卑怯かもしれないが結婚できない相手には逃げるしかない」

「自由人なので」

身重の彼女を見捨てる男性の多くは、身勝手な理由をつけて「結婚もしたくないし、子どもは育てられない」と現実から逃げているようでした。こんな状況に置かれたら、悲惨ですし、お腹の子どもも可哀想ですよね。

 

そんな最悪の事態を避けるためにも、彼氏にする男性はしっかりとした人を選びたいものです。妊娠した後はもはや2人の問題だけではないので、落ち着いて、まずは話し合いの場を設けるというのがよいかと思います。

(ライター 文平サチオ)

 



go to source

スマホでバレバレ!男が見ている「お持ち帰りできる女」の特徴3つ

その概要について、狙った美女500人以上を落とした経歴を持つ、元芸人で現役俳優・映画監督・トップセールスマンでもあるS・Yさんに聞いてみました。

 

1:画面が割れている

「他人の目にもつきやすいスマホですが、割れた状態でも気にせず使えるのは、男関係もだらしない女子が多いですね。

ギリギリまで修理したり買い換えたりしないのは、色々事情があるかもしれません。しかし、プライドが高くしっかりしている女子は“割れたスマホを使うコトは恥ずかしい”と考えていますので」

なるほど、部屋やデスクが汚いと精神状態も乱れているなんて例えもありますが、スマホを女子に例えると「ストッキング電線しちゃったけど……まぁいっか」的な心理かもしれませんね。

 

2:ケースやカバーをつけていない

「コレも考え方は画面割れと近いんですが、ケースやカバーをつけていない女子は自分を大事にしていないイメージですね

きっと割れても、そのまま使い続ける女子が多いと思います」

そして前段落の“画面が割れているスマホを持つ女子”になるんですね。

例えると、「冬だからUV対策しないでいっか!」と日焼け止めをつけないで日中遊びに行って実は結構肌にダメージをもらってしまっている……みたいな感じでしょうか。

 

3:充電器を持っている

「充電器を持っている女子は、自分で自覚がなくても“いつでもお泊りOK”感が出ていますね。

重度のスマホ依存性という考え方もできますが、それもそれで口の上手い男に騙されそうですね。後でなつかれそうですが……」

外でも充電できるスポットはありますので、わざわざ充電器を持ち歩いていると“スマホがないと生きていけない!”感は出るかもしれません。

例えるといつも1泊分のスキンケアセットを持ち歩いている女子でしょうか。そのままですけど(笑)。

 

S・Yさんは間違いなく猛者ですが、男子は女子のスマホを見て色々考えているもんだな~なんて思うと怖いですね。

当てはまる箇所がある女子は男子から狙われやすいかもしれませんので、ご注意を!

(ライター 白戸ミフル)

 

【取材協力】

※ S・Y・・・狙った美女500人以上を落とした経歴を持つ。元お笑い芸人で現役俳優・映画監督・トップセールスマンとして活躍中。

 

 

【画像】

Stock-Asso / Shutterstock



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ