そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

messy[メッシー]

「目的は果たした」の目的とは? 配信中止が決定した宮城県の炎上壇蜜動画の制作費は復興寄付が原資

「目的は果たした」の目的とは? 配信中止が決定した宮城県の炎上壇蜜動画の制作費は復興寄付が原資の画像1

仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017

 公開後、SNS等で「まるで風俗」「この動画で宮城へ行きたいとは思えない」と批判されていた仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会によるPR動画が、予定よりも1カ月ほど早い826日に配信を終了することが21日に報道された。

 当初、動画に対して好意的な評価を下していた村井嘉浩県知事だったが、同日の記者会見で「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要」と回答し、批判が配信中止の一因であることを認めている。……というのが各社の報道だが、記者会見での発言をみると、村井知事が批判を問題として受け止めていないように思われた。

 この動画は、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会が「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」の一環として作成したもので、報道によれば、東日本大震災からの復興のために集められた寄付金を原資とした基金から拠出されたものらしい。制作費は2300万円にのぼる。

 wezzyでも本動画への批判を複数回に渡って掲載しているため、詳しい動画の内容についてはそちらを参照されたい。

サントリー『頂』PR動画、宮城の壇蜜お色気観光動画も、「セクシーな女で男を釣る」わかってなさ
なぜ「精液の噴射」をほのめかすCMが作り続けられるのか
「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点

 718日、協議会の会長職代理者を務める仙台市の奥山恵美子市長は、「男女共同参画という視点からはやや配慮に欠ける部分があった」「観光動画の作成においてはあまりにも県にお任せしすぎていたという反省がある」と定例会見の場で述べ、問題があることを認識。しかし動画の削除要請は考えておらず、「品位にかけると言われてもやむを得ない部分があったのでは」と県側に伝える意向を述べるに留めている。一方、宮城県議会の女性議員7名は「女性が性の対象として表現されている部分が多い」として721日に配信中止を要請。前倒しで中止が決まった翌日には、女性議員による超党派の会「みやぎ女性議員のつどい」が即時中止を求める特別決議を県に提出している。

1 2



go to source

【第一回】妄想食堂「マナーが食事をエロくする」

mousousyokudou0821

連載「妄想食堂」

 人と食事をするのが恥ずかしくてたまらない。食べかけの料理。食べる自分の口元。いちいち乱雑に思えて気になってしまうし、なにかおかしい食べ方をしているのではないかと不安になる。食器の運び方に食べる順番は間違っていないか。相手より多く食べたり、がっつき過ぎたりしていないか。知らず知らずのうちにみっともない真似をしてはいないか。うっかり口の端から食べものがこぼれる。汁気がつたう。食器がぶつかったりこすれ合ったりして、耳障りな音を立てる。肉が噛みきれない。皿にコーンなんかの取りにくい食材が散らばっていたりして、見苦しい振る舞いを強いられるときには死にたくなる。やっぱり食事ってすごく汚くて見苦しいし、他人と一緒にするものじゃないよ、と思う。

 食事とセックスはよく似ている。命のある食べものをぐちゃぐちゃに噛みちぎってすり潰して、唾液とどろどろになるまで混ぜ合わせて、自分の一部にしてしまう。大好き大好きとつぶやきながらひどいことをする。

 自分の欲望を満たすための行為なのに、がっつくのはだめ、だけどほどほどに、相手や周りの人が喜ぶ程度にはそそられている様子を露わにしないといけないという、よくわからない繊細さがある。出された料理には「わあ、おいしそう」「お腹ぺこぺこなんです」と嬉しそうな顔をするのがマナーで、それなのに涎をだらだらこぼしたり、飢えた獣のように食らいついたりすることは許されていない。セックスだって同じだ。欲情したそぶりを見せつつ、でもなんとなく恥ずかしがったり勿体ぶってみせたりすることが推奨されている。どっちも変だよな、と思うけれど。

 本当はそれなりにむごたらしくて汚らしいことのはずなのに、なぜかとてもあたたかくて愛情深い行為のように扱われる。あたたかい食卓。愛のあるセックス。かと思ったら今度は急に「いやしい」とか「いやらしい」などという言葉で貶められたりもするので、これにもまたなんなんだよ、と思ってしまう。繊細すぎるし、矛盾しすぎではないのか。不自由にもほどがある。でもだからこそエロティックな空気を醸しているのかもしれない。

 人と食事をするのは、恥ずかしくて不自由だ。だけどそういうふうに恥ずかしい気持ちにさせられたり、不自由な気持ちを共有することに嬉しくなったりもするからおかしい。

 たとえばきれいな食べ方の人と同じ席に着くときは、好ましく思いつつも、めまいがするほど緊張してしまう。きれいにものを食べられるというのは、それだけ本人が意識をしているということだから。耳が熱くなって、手元もおぼつかなくなる。でもそれがちょっと気持ちいい。これは一種の羞恥プレイではないかと思う。

 それに私は、きれいな食べ方ができる人よりも、きれいに食べようと努力している人の方が好きだ。洗練された所作よりも、食事に対する恥の意識にがんじがらめにされた、ぎこちない動きに気を惹かれる。口元を手で覆いながら、恥ずかしそうに、しずしずとものを食べる。そんな仕草を見るとむらむらしてしまう。互いの人に見せられる部分と見せられない部分の間にある、ごく薄い膜をゆっくりと擦り合わせているような心地がする。

 食事がセックスに似てエロティックなのは、きっとただ衝動のままに快楽を貪るだけの行為ではなく、その衝動をどうにかして理性の膜で覆い隠そうとする、懸命さや不自由さを備えた行為だからだ。

 欲望のままにがっつく食事なんて、それだけではエロくもなんともない。そこにエロさを見いだすことができるのは、食事にはルールやマナーが必要だという意識が前提としてあるからだ。衝動と理性のせめぎ合い。それを頭の隅に置きながら、同じ食卓に着いた人びとは互いのルールをこすり合わせる。どこまで見せていいのか。どこから取り繕えばいいのか。汚い。恥ずかしい。みっともない。だけどあなたと食事がしたい。いたるところで官能的なこすり合いが行われている。

 本当はこんなふうに、エロティックなことなんてたくさんある。エロいのはセックスだけじゃないし、私にとっては食事が、そして食事について妄想するのが、何より興奮することだった。

 私たちは食事という行為において、いったい何を目指しているのだろう。栄養の摂取? 欲望の発散? 愛情深いコミュニケーション? 味わうことの快楽? わからないし、きっと本当はどれでもいい。どれでもいいから、その全部を味わいたい。そのためにはよくよく考えることが必要だろう。だから目を凝らして、匂いを嗅いで、耳を澄まして、指で歯で舌で喉で触れて、どろどろのぐちゃぐちゃになるまで咀嚼するのだ。元の形なんてわからなくなるくらいに、正しい答えなんてどうでもよくなるくらいに。それはきっと、とんでもなくおいしい妄想だ。



go to source

ローラ、能年玲奈、西山茉希…芸能界にはびこる奴隷契約に公正取引委員会も動き出している

ローラ インスタグラムより

ローラ インスタグラムより

 近年芸能人の告発により明らかになってきた芸能事務所の“奴隷契約”。8月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、ローラ(27)が所属事務所「LIBERA」と現在交わしている2010年7月1日から2020年6月末日までの10年間の契約を満了しても、ローラの意思に関係なく、事務所が自動で10年間の契約更新ができる状態に置かれていることが明らかにされた。

 ローラはこれまで付き合う友人関係などの私生活を事務所社長に徹底的に管理されてきたというが、社長を信じていたローラはそれを受け入れていたそうだ。しかしある時、仕事で知り合った男性クリエイターに食事に誘われたことがわかると社長は激怒し、「2度と会うな」とそのクリエイターに猛抗議し、ローラの携帯電話のアドレス帳から家族以外のデータを削除したそうだ。

 ここから両者の関係が悪化して、ついに冒頭の奴隷契約が交わされる。これ以後、ローラはギャラを10分の1以下に下げられたこともあったという。そして今春、ローラが契約書の内容を確認したいと事務所に申し出ると、ローラが退所を考えてると疑った社長は「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなく、アメリカでも活動できなくするぞ」と脅して事態は泥沼化に至った。

 ローラは今年の6月17日にTwitterで「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ」などと呟いており、トラブルがあったことを示唆していた。

1 2



go to source

女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲

神々は、男が死ぬ前に楽しめる贈り物を2つ下さった。ヤられたいなと思ってる女とヤるスリルと、自分を殺りたがってる男を殺るスリルだ。

 上の引用はHBOのテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第3シーズン第8話で、傭兵集団のメンバー、ダーリオ・ナハーリスが買春について言うセリフです。ダーリオはその気になったイイ女とヤるのが大好きで、他の傭兵のように強姦や買春に興味がありません。ダーリオは荒くれ者で別にフェミニストや紳士というわけではないのですが、陰惨な性暴力が横行する『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界ではこれだけでわりと倫理的に見えます。

 しかしながら実のところ、ヤる気まんまんのエロくてイイ女というのは、現代日本ではあまりそそらない表現なのかもしれません。先月、wezzyに中崎亜衣「ジャンプのお色気、少コミのエッチ。裸かどうかではなく、女性キャラの反応に共通する記号」という記事が掲載されました。この記事のテーマは『週刊少年ジャンプ』の巻頭に掲載された「赤面したり涙目になったりしている女性キャラ」のセミヌードの絵の話題です。中崎はこの描写について「日本におけるエロ描写のパターンのほとんどが<嫌がったり、拒んだり、恥ずかしがったり、涙目になっていたりする女性>という“エロコード”を含んでいる」ことを指摘しています。つまり、自信満々で肉体を披露するのではなく、強要やいたずら、アクシデントなどで体が露わになり、嫌がっている女のエロさを愛でる表現が日本にたくさんあるということですね。

 女が主体性やポジティブな性欲を持って自分の肉体で自己表現するのと、主体性を剥ぎ取られて鑑賞の対象にされることの間には同じエロでも大きな差があります。後者のような表現が流行する背景には、女は慎ましくして性欲を持ってはいけない、自分の意志で堂々と美貌や肉体をアピールしてはいけない、という潜在的な抑圧が潜んでいます。

 上の記事では日本のマンガをとりあげていますが、実はこのような強要されて嫌がる女をエロいとする傾向にはかなり込み入った歴史的背景があります。今回の記事では、私の専門であるイギリス文学で女の性欲がどのように描かれてきたのかを簡単に解説したいと思います。一般化は難しいのですが、いわゆる英文学の「正典」と呼ばれているような有名作に絞ってざっくり概観します。

中世から近世の文学に登場する性欲満々の女たち

 現代日本では、性欲は男の本能なので我慢できないとか、女には理解できないくらい男の性欲は強い、というようなことがよく言われていますが、こういう認識は多分に歴史的に作られたものです。

中世ヨーロッパの人々は、女のほうが男よりも肉体の誘惑に弱い、つまり性欲が強いと思っていました。聖ヒエロニムスは「ヨウィニアヌスへの駁論」という文章で、「娼婦や姦婦だけではなく、女の情愛は一般に飽くことを知らぬものとして非難される。消せば燃え上がり、たくさん与えればまたほしがる」(p. 594)と、女の情欲をボロカスに言っています。中世の人々が女の性的主体性、つまり性欲を持ち、ムラムラしたり意中の相手を口説いたりする権利を認めていたというわけではありません。中世キリスト教の、女は男より意志が弱く劣っているので、結婚で性欲を管理しないといけないという性差別に基づくものでした。

 私が専門にしているウィリアム・シェイクスピアは中世ではなく近世の劇作家ですが、シェイクスピア劇でも女は性欲を持っています。以前にこの連載で取り上げた『アントニーとクレオパトラ』のクレオパトラは抜け目ない政治家である一方、性欲全開でやることなすことなんか全部エロい、セクシーな中年女性です。『ハムレット』ではハムレットが母ガートルードについて「弱き者よ、汝の名は女なり」(第1幕第2場146行目)と言いますが、ここで想定されている主要な女の弱さは性欲に負けることです。真面目ちゃんのハムレットは、中年になっても色っぽくてすぐ再婚した母の性欲が嫌なのですね。

 性欲満々なのは子持ちの中年女性ばかりではありません。初恋に身を焼く清楚な乙女にも性欲があります。『お気に召すまま』のヒロイン、ロザリンドは、一目惚れの相手オーランドーがいなくて憂鬱なのですが、いとこで親友であるシーリアに追放の身であるお父様のことが心配なのかと聞かれて「ううん、私の子どものお父様のことなの」(第1幕第3場11行目)と露骨にセックスを想像させる言葉で恋を打ち明けています。

 『ロミオとジュリエット』でも、ジュリエットは自分からロミオに求婚し(第2幕第2場)、早く初夜が来ないかウキウキしています(第3幕第2場)。近世のイングランドでは婚前交渉を行った女性は社会的に抹殺されるリスクがあったのですが、少なくともお芝居では清純な乙女が結婚を考えている恋人にムラムラするのは悪いこととはされておらず、性欲は乙女心の一部です。

1 2 3



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ