そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

messy[メッシー]

羽生結弦に神対応をしたTBS安住紳一郎アナ、「猛獣使い」「ブラック安住」数々の異名

羽生結弦に安住紳一郎アナが神対応! 「猛獣使い」「ブラック安住」数々の異名を持つ絶妙な話術の画像1

安住紳一郎の日曜天国 オフィシャルサイトより

 2月17日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)では、平昌五輪金メダリスト・羽生結弦選手(23)へのインタビューを敢行。生放送でのインタビューだったのだが、同局アナウンサーの安住紳一郎(44)が“神対応”を見せて称賛の声が相次いでいる。

 番組では、事前にスタッフが用意した「町の皆さんの質問」をまとめたフリップが登場。そこには「お酒とか飲んで遊んだりするんですか?」「怪我している間、どうやってメンタルを保ったんですか?」というアスリートに対する質問として頻繁に聞かれるものが並んでいたのだが、中には「お嫁さんはどうするんですか?」というゴシップ色の強い質問も。すると、安住紳一郎アナは「現役のアスリートに聞く質問じゃない質問も入っていますので、答えなくていいものは答えなくていいと思います。見るだけにしてください(笑)」と笑いを誘いながらバッサリとスルーした。

 番組制作側としてはトップアスリートの恋愛事情にも触れることで視聴者にプライベートの顔を見せたかったのかもしれないが、安住紳一郎アナの咄嗟の判断は、おそらく正しいものだった。安住アナの対応力に視聴者からは「さすがすぎる」「安住さんの好感度が爆上げした」「マスコミの人がアスリートを大切にしてくれるとほっとする」と感心する声が多く上がった。

 安住紳一郎アナに対して、「すでに自分の中では好感度MAXだからこれ以上は上がらない!」という声も多い。安住アナは番組意図に悪ノリしない“神対応”により、着実に視聴者の信頼を得てきたアナウンサーだろう。2008年から続く『新・情報7daysニュースキャスター』では、ダブルMCを務めるビートたけし(71)の暴走を毎週しっかりコントロール、フォローも忘れない。

 たとえば2017年2月に、大谷翔平選手(23)がWBC出場を辞退したニュースを受けて、ビートたけしが「出る必要ない」「(WBCには)メジャーリーグからも大した選手出ないでしょ」とコメントし、一瞬スタジオは凍り付いたが、すかさず安住アナが「今回はけっこう力の入ったメンバーが出るそうですけれど」「私がちょっと歯切れが悪いのは、WBCはテレビ朝日とTBS系列がお送りするということで……」と注釈を入れ、笑いに変える場面があった。

 また、バラエティ番組でも八面六臂の活躍をしてきた安住紳一郎アナ。安住アナの頭の回転の速さが如実に現れていた印象的なシーンがある。それは、2016年9月放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)にて山崎育三郎(32)と即興のミュージカルに挑戦した時のこと。山崎育三郎とのボーリング対決に負け、罰ゲームとして即興で「大阪出張」なる東京から大阪へ向かう際の新幹線で自由席を勝ち取るまでの攻防を見事に歌い上げていた。視聴者からは「即興でこのクオリティーはお見事」「何度も見ちゃう」「安住さんって本当に頭良い!」と大きな話題となった。

 さらに安住紳一郎アナは“猛獣使い”という異名をとるほど「ひとクセある(とされている)女優の扱い方」に定評がある。『ぴったんこカン・カン』にて、バスガイドの「ぴったん子」に扮した自由奔放な泉ピン子(70)が全国各地を巡る名物企画でも、常に泉ピン子をフォロー&ガードしている。かつて主演映画の挨拶で登壇しているにもかかわらず「別に」と不遜な態度を見せて“炎上”し、何年もバッシングされていた沢尻エリカがゲスト出演した際は、「機嫌悪いですか?」「『別に』なんて言ったりしませんか?」「態度悪いですよ?」などと突っ込んだネタを織り交ぜながらも雰囲気を悪くせず、彼女の朗らかな笑いを誘った。

 一方で毒舌としても安住アナは有名。2015年放送『ものづくり日本の奇跡』(TBS系)では、番組の内容に関連して「ADのロボットが出来たらいいな」「ロボットのような他局のアナウンサーもいる」と毒舌を披露したが、ファンの間では“ブラック安住”と呼ばれて親しまれている。誰に対しても丁寧な姿勢で接し、相手への敬意を忘れず、ユーモアあふれるジョークで笑わせる安住アナのお茶の間好感度がトップクラスなのは納得する以外ない。

(ボンゾ)



go to source

西内まりや、ローラに救いの手? 芸能界の移籍トラブルに公安委員会が始動「芸能人の働き方に独占禁止法違反の恐れあり」

西内まりやInstagramより

西内まりやInstagramより

 15日、公正取引委員会が発表した「フリーランスの働き方」に関する調査報告書にて、芸能事務所と所属芸能人との間で締結される契約について“新制度”を検討していることがわかった。報告書によると、芸能事務所で構成される国内最大の業界団体・日本音楽事業者協会の、契約更新時の独立や移籍を事務所側が先延ばし出来るという規定を契約書のひな型から削除したり、所属芸能人の育成費用を回収すべくスポーツ界の「移籍金制度」の導入などを検討しているとのこと。

 なお公安委員会は、現在の芸能人の働き方には「独占禁止法違反の恐れがある」と指摘し、「芸能事務所側が、契約更新の意思がない芸能人の報酬の支払いを遅延したり、移籍しようとした芸能人に芸名を使わせないなどの事例が過去にあった」とも発表。公正取引委員会の山本大輔経済調査室長は、「芸能人の方からしますと、契約終了時の選択肢が広がるということになります」と移籍トラブルの改善が期待されている。

 これまで、さまざまなタレントが事務所とのトラブルで世間を騒がせてきた。今回、公安委員会が発表した「移籍しようとした芸能人に芸名を使わせない」との事例は、のん(24)の移籍が記憶に新しい。”能年玲奈”名義でレプロエンタテインメントから女優デビューを果たし、大ヒットを記録した『あまちゃん』(NHK)で一躍大ブレイク。しかし、同ドラマ撮影時も月給5万円という過酷な環境に置かれていたそうで、事務所との確執、洗脳騒動などのネガティブな報道が相次ぎ、瞬く間に表舞台から姿を消した。その後は、自身が代表取締役を務める事務所「株式会社non」を立ち上げ、”のん”として活動中ではあるものの、独立前と比べると露出はいまだ少ない。

 LIBERAに所属しているローラ(27)は、17年8月の「週刊文春」(文藝春秋)がブラックな契約内容を報じて話題となった。同誌によると、ローラは「LIBERA」と2020年までの10年間契約を結んでいるのだが、例え満了したとしても事務所が自動で10年間の契約更新が出来てしまうという。ちなみにローラは同時期に、自身のTwitterで「10年の信頼をかえしてください」と意味深な発言をしている。

 移籍以外にも、芸能人と事務所間の契約には多くの問題がある模様。17年11月には西内まりや(24)が、所属事務所・ライジングプロ・ホールディングスとトラブルを起こしたと報じられた。「週刊文春」(文藝春秋)によると、事務所社長と打ち合わせしたところ、突如社長を平手打ちして全治一カ月の怪我を負わせ、「もう我慢できない!」「私はアンタたちのためにこんなに頑張ってるのに何で認めてくれないの……」「私の心を返して! もう死んでやる!」などと叫んだそう。2月20日の「女性自身」(光文社)のインタビューによると、「ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという目標や、私自身は何も変わっていません」と芸能界引退は考えていないと語り、事務所との関係については「弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません」と言葉を濁していた。

 17年6月には、西山茉希(32)は所属事務所・オフィスエムアンドビーの「給料未払い」を告発。西山茉希は2004年のデビュー当日から同事務所に所属してきたが、一度も昇給したことがなく、固定給で働いてきたそう。しかし、西山茉希が第二子を妊娠し切迫流産で入院中に社長から「給料を半額にする」「形だけ半額にしてあとは現金で渡す」とメールが届き、西山茉希が「減給ですか」と聞いたにも関わらず、社長は明確な返答をせず、実際同月から半額になってしまったそうだ。そして、17年2月からは、所属事務所から給料が1円も支払われていないことを明かし、問題解決に向けて弁護士と話を進めている。

 その他、17年11月にはアイドルグループ「虹色fanふぁーれ」の元メンバーが、「月給は3万8000円。ただし、レッスン費の3万8000円が差し引かれる」「契約締結から5年は辞められず、契約解除以降も2年間は芸能活動は出来ない」などと不当な専属契約を結ばされたとして、契約解除や賃金相当額約400万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。

 このように、タレントと事務所間の問題が大々的に報じられることが多いが、タレント以上に奴隷となってタレントと事務所のどちらにも尽くしているマネージャーも存在する。17年11月発売の「週刊現代」(講談社)には「芸能マネージャー 本日も人権なし」との記事が掲載され、AAAの元マネージャーが彼らを売り出そうと連日飲み会に参加し、疲れ果てて路上で眠ってしまったところタクシーに轢かれ亡くなったことを報じていた。

 公安委員会が検討中の新制度については、2月18日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも取り上げられ、松本人志(54)は「もうそろそろ(芸能界の働き方は)変わらなアカン時期にきてることは、間違いないと思いますよ」、「若い人ですごく安い給金で大変で、でも辞めるのも怖い……みたいな人は、いっぱいいるだろなと思います」とコメント。業界の体質改善に積極的な姿勢を示したが、一方で「事務所側もね、せっかく売れて『ほんなら変わりますわ』ってそんなやられたら溜まったもんじゃないぜ、っていうのもわかる」との見方も示していた。音事協が検討している“新制度”をきっかけに、業界全体が変わっていくことを祈るばかりだ。

(ボンゾ)



go to source

【最終回】独り寝のお作法/女性を簡単に分類しようなんて思わないで

momoco215

Photo by Moody Fotografi from Flickr

 みなさんがいまご覧になっている「messy」は2013年5月にオープンし、私こと桃子は同年6月に「独り寝のお作法」と題して連載をスタートいたしました。そのときには5年近くも書き続けることになるとは露ほども思っていませんでした。途中からはタイトルと内容がどんどんズレていき、ずいぶん好き勝手なことを書き散らかしてもきました。

 私は、messyという媒体が好きです。どこが? それはそのタイトルが示すとおり「散らかった」「ごちゃごちゃした」空気感があるからです。

 webにかぎらず女性向け媒体はゾーニングがはっきりしているのが特徴のひとつです。こういう属性の女性が読む、というのがカラーとしてはっきり打ち出されています。「ひとり暮らしのアラサーOL」が対象ならファッション・コスメ以外にも婚活や転職について特集されていたり、「セレブな既婚・子あり女性」が対象なら、ホームパーティに幼稚園行事にお受験に……とそれぞれの文化があり、自分が読んでいる媒体以外の“文化”と接するとカルチャーショックもしばしば。

 それでいうと、messyはまさになんでもありでカラーを見極めにくい媒体でありました。AVレビューが毎日のように更新されているかと思えば、女性が日本社会で生きていくことに関わる硬派な記事や、ジェンダーについての議論もあり。いってみればカオスです……が、ひとりの女性の興味関心ごとってそうじゃありません?

エロも社会問題も興味あり

 エロへの関心が高い人が、政治や身の回りの社会問題、ジェンダーに対してまったく無関心だということはありません。もしそう思っているのだとしたら、それはただの偏見。そして、日ごろ社会問題に対して広くアンテナを張っている人が、実はエロいことも知りたい、むしろそれで頭がいっぱいになる夜もある! というのは、ぜんぜんありえることです。ひとりの女性のなかに、硬軟ともの関心事があるのはとても自然なこと。当然、芸能人へのミーハーな関心もある!

 だからこそ私は、それを体現しているかのようなmessyという場を居心地よく感じていました。

 私はバイブコレクターという看板を掲げて活動していて、世間的には“エロ業界の人”と見られます。これには一片の反論もありませんが、エロの人にはエロの内容しか書くチャンスがないのが現実です。昨今はちょ~っとだけ風通しがよくなってきた感もありますが、きっちり線引きされることがほとんどです。

 以前は、エロい女性というのは男性のために存在するものでした。男性を欲情させるのが第一の使命。社会やジェンダーなんかについて話されたら、勃つものも勃たない。だから、エロい女性にはエロい言動だけが求められる……となったのだと私は思っています。女性の主体的なエロも、女性の共感を得るエロも男性向けの媒体にはほぼ存在しなかったし、多くの女性向けの媒体にはエロ自体がタブー視されていました。

1 2



go to source

兄夫婦へのタカリ・妊婦へのおせっかい・マッサージ強要!「非常識ですよね?」と聞いてくる人が一番非常識の法則

兄夫婦へのタカリ、絶対安静妊婦へのおせっかい、マッサージ強要!「非常識ですよね?」と聞いてくる人が一番非常識の法則の画像1

Thinstock/Photo by moodboard

 小町の真骨頂は嫁姑のいざこざ、夫の不倫による離婚相談などだが、「非常識ですよね?」「おかしいですよね?」と、ある相手が非常識ではないのかと問いかける当のトピ主がもっとも非常識なパターンも鉄板だ。ランキング上位には大体この手のトピがあがっている。今回は、そんな「非常識ですよね?」系トピを3本集めてみた。さて誰が一番非常識なのだろうか。

内祝いにお饅頭は非常識ですか?

「私アラサー、主人アラフォー先月入籍を済ませました。授かり婚になります」というアラサー新婚妊婦のトピ主『もうすぐママ』さん。夫はアルバイトを転々としている状態だったため、貯金もなく式はあげていない。

 そんな状況だが、夫の兄夫婦からお祝い10万円を頂いたのだという。トピ主が夫にお返しをどうすればいいか尋ねると「兄弟間のことなのでお返しは要らないのではないか」と言ったため、何もしていない。これは、トピ主の母も同意見だった。

 とはいえトピ主自身は「流石に何もなしは良くないと思った」ため、初めて義兄夫婦に会ったとき、ちょうど旅行で購入していたお饅頭(1000円ぐらい)をお礼も兼ねて渡したという。ところがこのことを友人に話すと、トピ主の行動がちょっと非常識ではないかと指摘されてしまった。トピ主はこう綴る。

「お兄さん夫婦は共働きで生活にも困ってなさそうなので、気にしなくていいですよね。お兄さん夫婦の結婚、出産の際も主人は何もしていないそうです。バイトで余裕もなかったので。それに頂いたお祝いは主人と食事に行ったり、上に書いた旅行に使ってしまったのでもうありません」

 非常識ですか系トピは「あんたこそが非常識だよ」という閲覧者の思いの表れなのか「びっくり」投票がぶっちぎり状態になることが多く、このトピも「びっくり」7000超え。果てしなく釣り臭いが、やはり「あんたこそが非常識」コメントで溢れた。

「たった千円のお饅頭を一箱のお返しですか? 十代の若い夫婦ではないのにトピ主さん夫婦の年代で常識はずれなんてもんじゃないですよ
それに、ご主人の仕事がちゃんとしていない状態で、ご主人は貯金もないそうですが。
トピ主さんは仕事はしているのですか? 仕事をしていても妊娠してるなら出産で休む事にもなるだろうし。貯金もたくさんあるんですか? もし夫婦でお金がない状態だとしたら頂いた十万円を旅行などで使い切ったなんて呆れてしまいます。これからの生活は大丈夫なんですか?」

「『お祝い金』のお返しが、そこらへんの、お饅頭!? てっきり『内祝い』の、熨斗付きならともかく……。貴女の、母も! どうなんでしょう? ビックリ」

「今のままでは、妻であるあなたが常識が無いと笑われるのですよ」

 さて『もうすぐママ』さんはどう返すか。非常識トピではここが見ものである。

「友達からはお兄さん夫婦怒ってるんじゃない? と言われましたが怒るほどの事でしょうか? 渡した時もありがとうと言ってましたし。その後も特に何も言われていません。
主人はあまり稼ぎが良くないくせにパチンコが辞められません。あるだけ使う感じです。
なので出産の用意もなかなか出来ず、お兄さん夫婦から手元に残っているマタニティー服等やその他のグッズも使わせてもらいました。
友達からはそれだけしてもらって十分じゃないかと言われましたが、お兄さん達も40過ぎてるし手元にあっても使わないと思います」

 この文章からだと、義兄夫婦のおさがりのマタニティグッズや赤ちゃんグッズを譲ってもらったのか、もらった10万円の残りでそれらを購入したのかよくわからないのだが、ともかくトピ主は非常識ですかと尋ねておきながら開き直る態度を見せた。そして次のレスではまたびっくりな展開に。

「結婚前の主人は体調にも波があり、お金に困った時は主人からお兄さんに電話で送金をお願いしていたのですが、今回は断られてしまいました。大体3万~5万の範囲です。
可愛いベビー服をshopで見つけて買うつもりだったのに買えなくなって腹が立ちます。
主人も怒っていますが、何と言えば以前通りに送金してもらえますか? 結婚もしてスポーツジムに通う余裕もあるならもういいだろうと言われました」

 なるほど、結婚前からトピ主の夫は兄(義兄夫婦)に金の無心をして何度かもらっていた。結婚後も同じように「義兄夫婦の手元にある金」をむしりとろうという魂胆でいたのだろうか。お祝い金をいただいたうえで送金を頼み、断られて立腹。そりゃ断るのが当たり前だが、トピ主は「ショックなことがありました」と凹んでいる。そして次のレスではやはり自分が「非常識ではない」という主張を繰り広げる。

「たくさんのレスありがとうございます。
でも殆どの人に非常識と言われ少し落ち込んでいます。
高校の友達はお祝いのことを話すとすごーい!良かったねと言ってくれました。
お饅頭の話も私らしいとみんな笑って聞いてくれました。
バイト先の友達だけに非常識と言われたのですが、その子は他の地域から来た子で少し感覚が違うんだと思っていました。
私の住んでいる地域は横の繋がりや家族の繋がりが強く、ベビー用品の貸し借りなんかも家族や友達なら当たり前です。親や兄弟が困っていれば普通は助けるものじゃ無いですか?」

 とはいえ結局、最後は内祝いを渡したのだそうだ。

「紅白饅頭をネットで調べたら思ったより安くてまあこれくらいならと送料込みで2000円のものを送りました。旅館のお饅頭の方が絶対美味しい気がするのですが…こんな事ならあげずに食べてしまえば良かったです。でも色々と教えて頂きありがとうございます。ベビー服は出産祝いで買うことにします」

 夫はせっかく決まった正社員の仕事を辞めてしまい、パチンコやタバコなど、日頃のストレス発散のためにお金がかかり、またトピ主も働いていないため、出産費用は義父が出してくれるのだという。釣りじゃないなら本当に心配だ。トピ主の感覚もヤバイわけだが、夫も相当ヤバイ。

1 2 3



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ