そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

nanapi[ナナピ]

まるで天の川銀河?寒天で固めた「ひとつぶ宇宙」の作り方

夏に食べたい涼しげなデザート。今回は寒天を使い、小さな宇宙をギュッと閉じ込めた「ひとつぶ宇宙」の作り方を紹介します。

目次

用意するもの

道具

  • まんまるの氷が作れる製氷皿
  • つまようじ
  • 製氷皿がおさまる大きさの汚れても大丈夫なお皿や型パットやお盆など
今回使ったのはダイソーで売っていたもの。100円です。

材料

透明寒天液

  • お湯:100ml
  • 砂糖:大さじ2
  • 粉寒天:小さじ1/2
  • アラザン:銀色のものを適量
アラザンとは、銀色の粒状の砂糖。食用の銀でコーティングされています。

青い寒天液

  • お湯:100ml
  • 赤シロップ:30ml
  • 青シロップ:70ml
  • 粉寒天:小さじ1

このレシピの材料の分量は、上で紹介したダイソーの製氷皿(約200ml)に合わせた分量配分となっています。別の型を使う場合は、使う型にどれぐらい水が入るかを事前にはかり、その水の量に合わせ同じ比率になるよう、上記の材料の量を増やしたり減らしたり調整してください。

使うのは寒天がベスト!

宇宙寒天は、透明な寒天液と青い寒天液のふたつからできています。

ゼリーの材料は寒天の他にゼラチンなどがありますが、寒天は固まる力が強いので崩れにくい、常温で固まるので扱いやすい、ツルッとした感じを表現できる、ということで今回は寒天を使います。

今回このレシピを考案するにあたり、何度も試してシロップの量などを調整しました。かき氷シロップがない場合、食紅やジュースなどで代用できるかもしれませんが、固まらない、きれいな色が出ない、などうまくいかない可能性もあります。

下準備

粉寒天をはかる

透明寒天液と、青い寒天液を作るために、使う寒天の量を先にはかって容器に入れておきます。

アラザンを取り分けておく

星型や色付きのアラザンと一緒になって売っているものであれば、銀色のアラザンのみを選び、取り出しやすいお皿などに入れておきます。

シロップの量をはかっておく

赤と青のシロップの量をはかってそれぞれに分けておきます。

作り方

STEP1:お湯に寒天と砂糖を溶かし混ぜる

耐熱容器へ入れた100mlのお湯に、はかっておいた粉寒天を溶かしていきます。

一気に入れるとかたまりがダマになってしまうので、少量ずつ数回に分けて混ぜるときれいに混ざります。寒天を溶かしたら、砂糖を大さじ2入れ、同じようにかき混ぜます。

クルクルと混ぜるのではなく、前後にスプーンを動かすようにして混ぜると◎

寒天の種類によってはお湯に溶かすだけでは寒天がうまく溶けず、固まらなくなってしまうことがあります。必ず使う寒天の注意書きを確認し、しっかり溶けるやり方で溶かしてください。

寒天と砂糖を溶かした液は、透明!というよりは少しだけ濁っていてまだ温かいです。

STEP2:型に流し込む

液が温かいうちに、製氷皿に透明寒天液を入れていきます。寒天は固まってくると少し縮むので、表面張力で盛り上がっているぐらい入れて大丈夫です。

ここでのんびりやってしまうと流し込む前に寒天が固まってきてしまいます。早めに作業しましょう。

STEP3:アラザンを埋め込む

寒天液の表面にうすく膜ができる程度のかたさになるまで待ち(室温によりますが、だいたい5分程度)、型に流し込んだ透明寒天液の表面にアラザンを振ります。アラザンが沈まずに寒天液の上に乗っかるぐらいのかたさです。

まだ温度が下がっていない状態だと、アラザンは下に沈んで溶けてしまいます。

アラザンが宙に浮いているように見せるため、つまようじのおしりでアラザンを上からスッと押し、寒天液の中に埋め込んでいきます。

アラザンは砂糖でできているので溶けてしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、周りの寒天液が柔らかく固まっているので溶けません。

細かい作業な上に、寒天はどんどん固まっていくので、素早く作業を進めましょう。

STEP4:透明寒天液の表面に凹凸をつける

アラザンを埋め込み終わったら、透明寒天液の表面をつまようじで引っかき、凹凸を作ります。こうすることによって、透明な部分と青い部分が離れてしまうことを防ぎ、ふたつの色の間にきれいなグラデーションを作ることができます。

上下左右に線を入れ、最後は表面のツルツルした部分を崩すような感じで引っかいてください。ここで多少ぐちゃぐちゃになってしまっても、入った空気が固まったときに宇宙っぽさを出してくれるので気にせず引っかきましょう。

ここまできたら透明寒天液の方は一旦完了。

青い寒天液とくっつきづらくなってしまうので、冷蔵庫に入れて冷やさず、常温でそのまま放置し固めてください。

STEP5:青と赤のシロップを混ぜる

続いて青い寒天液を作っていきます。耐熱容器に、はかっておいた青いシロップと赤いシロップを混ぜ合わせます。

青に赤を混ぜることで、青いシロップだけを使ったときより、深い青色ができます。

STEP6:お湯と寒天とシロップを溶かし混ぜる

透明寒天液のときと同じ要領で、混ぜたシロップにお湯を入れ、はかっておいた粉寒天を少量ずつ混ぜます。

STEP7:混ぜたものを電子レンジで加熱する

粉寒天を全量混ぜたら、液を電子レンジで熱々になるぐらいまで温めます。

最初にお湯を入れたのは寒天をシロップに溶かしやすくするためで、もう一度温めるのは、透明寒天液との境目をくっつきやすくするためです。

STEP8:透明液が入っている型に青い寒天液を流し込む

固まり始めている透明液の上から、熱々の青い寒天液を少しずつ型に流し込んでいきます。

透明液の表面に、少し青い液が染み込んでいるように見えていればOK。

青い寒天液が熱いので透明液の表面が溶けたり、表面に近い部分のアラザンが溶けて銀色が流れ出してきますが、これも固まってみるといい感じにコスモ感を演出してくれるので気にしなくて大丈夫です。

STEP9:残りの青い寒天液を流し込んでフタをする

残りの青い寒天液も型のギリギリまで注ぎ込み、上に小さな穴があいた上側のフタをゆっくり閉めます。こうすることで、下の型にギリギリまで注ぎ込まれた寒天液が上側のフタの中に入り込み、丸い形になる、というわけです。

このとき、ゆっくりと確実に閉めないと型の上側に青い液がうまく入らず、まんまるにならなくなってしまうので慎重にしっかり閉めます。

型からあふれた液が外に流れ出すので、下に大きなお皿やお盆などを敷いておきましょう。

STEP10:冷蔵庫で冷やす

このまま2時間ほど冷蔵庫で冷やします。

STEP11:慎重に型から外す

2時間経ったら冷蔵庫から出し、型から外していきます。ゆっくりと型の上側のフタを開けていきます。一気に開けてしまうと、透明な部分と青い部分が割れてしまうので慎重に行います。

何個かは割れてしまうことがあったり、青い寒天液がうまく入らずまんまるにならないものもあります。

うまくできたまんまるのものは、つまようじを使って、たこやきをひっくり返すときのように、まず型とゼリーの間に空気を少しずつ入れ、クルッと回すようにつまようじで取り出します。

型にくっついたままの状態で無理に引っ張ると割れてしまう可能性があるので、まずは型から外れるように優しく空気を入れていきましょう。

STEP12:完成!

全部を型から外したら完成です!ガラスの器に入れるときれいですよ。

小さな宇宙が閉じ込められたフォトジェニックな宇宙寒天!

透明液と青い液がうまくくっつくと、ちょうど中間部分にグラデーションができ、中に埋め込んだアラザンが宙に浮いているように見えてとってもかわいいです!

凹凸をつけたときにできた空気の粒や、溶けたアラザンの白っぽい感じも、宇宙らしさを演出してくれます。

球体のものは宇宙をギュッと詰め込んだみたいにかわいいですが、ダイヤ型のものはまるでゲームの中に出てくるクリスタルのアイテムのよう。寒天とかき氷のシロップでできているとは思えない美しさです。

長い時間常温に晒すと、寒天が少し溶けてしまいますので、目で楽しんだあとはツルッと早めにお召し上がりください。今回はサイダー味のかき氷のシロップを多めに使っているので、スッキリとした優しく懐かしい味がします。

Twitterで紹介!

Twitterモーメントで紹介!

(image by 筆者)
(ライター:永田ゆにこ)



go to source

靴のプロが語る、勝負靴をダメにしないお手入れ術

誰しも1足は持っている「勝負靴」。よそ行き用の靴として大事に保管していたつもりなのに、久々に使おうとすると「ヒビ割れしていた」「カビが生えていた」なんて経験はありませんか?

そんな失敗を未然に防ぐために、靴屋「銀座ワシントン」銀座本店のショップマスター・小根山裕人さんに、靴をダメにしないお手入れ方法についてうかがってきました。

目次

靴を劣化させる3大原因は「水分」「ホコリ」「汚れ」

靴を劣化させる原因は何なのでしょうか。

小根山さん「一番の大敵は湿気、というか水分ですね。それとホコリから保護することです。あとは泥などの汚れをそのままにしないことです」

靴の手入れというと、クリーナーやブラシ使った靴磨きなどを想像しがち。しかし、アイテムをそろえるのも、時間をかけて手入れするのも大変です。そこまでしなくても、靴を劣化させる原因をとり除くだけで、靴のダメージは大幅に防げるのです。

靴の劣化をもたらす1番の敵は湿気と水分

水は蒸発するときに靴の表面の水分を奪います。そのため、靴を濡れたまま放置すると革が乾燥してひび割れの原因になります。

また、雨の日だけでなく足からも汗を出るため、ケアをしないまま風通しの悪い場所に収納するとカビが発生する原因にもなります。

湿気対策は1年中必要なのです。

雨の日は手早く水気を拭き取ろう!

革靴の敵は水分ですが、雨の日はどうしても水に濡れずにはすみません。

小根山さん「靴が濡れてしまった場合、力を入れてゴシゴシ拭き取らないこと。次にできるだけ早めに水分を取り除くことですね。水以外の汚れに対しても同様で、早めに対応することが大事です」

拭く布は「ポリッシングクロス」という専用の柔らかいコットン製の布も販売されていますが、家庭にあるものだと、古いハンカチや、Tシャツでも代用が効きます。

出先などで汚れた場合、ティッシュペーパーで拭き取るだけでも違ってきます。

湿気対策に用意したいシューキーパー

シューキーパーは、靴の形を新品状態のまま、できるだけキープするための道具のこと。木製のもの(「シューツリー」とも呼ばれます)を使うと吸湿効果も期待できます。

シューキーパーは靴の専門店のほかに、ホームセンターや、安いものだと100円ショップでも手に入ります。安いもので試してみて、効果が実感できたらより高いものにステップアップするのもいいでしょう。

ちなみに、お店で靴を買うと、中に紙を丸めたものが入っていることがありますが、一定の効果はあるものの十分ではないとのこと。

やはりシューキーパーなどで、形を整えながら保管する方がよさそうです。

手軽に始められる除湿対策は「除湿剤」

除湿剤は「靴用」とうたっている除湿剤を使いましょう。

インターネット上などでは、お菓子や乾物に同梱されてくる乾燥剤を靴の中に入れて転用するといったアイデアが見られますが、食べ物の臭いがつく恐れがあるためおすすめできません。

シューツリーより安く手に入るものが多いので、手始めに除湿剤から試してみてもよいですね。

新品の状態で使いたい水対策・防水スプレー

水対策で有効なのは防水スプレーです。

小根山さん「あらかじめ防水スプレーをかけておくことをおすすめします。特にスエードなど起毛素材に有効です。いろいろな種類があるので、素材に合ったものをお使いください」

スプレーはかけるだけでなく、スムースレザー(なめらかな皮)なら拭き取ったり、スエードのような起毛皮革ならブラシをかけたりと、なじませるものもあります。製品によって違いがありますので、靴の素材を確認し、スプレーの説明書をよく読んでから使いましょう。

小根山さん「防水スプレーは約2週間程度しか効果が持続しません。たとえ履かなくても一定の期間が経過したら、忘れずにかけ直してあげてください
手に入りやすい防水スプレーとして「COLUMBUS 防水スプレー アメダス」があります。

袋か箱に入れてホコリ対策を!

細かいホコリは取り除きづらく、靴をくすんだ、みすぼらしい感じにしてしまいます。

ホコリ対策は、袋や箱など、ホコリが立たない狭い空間に一足ずつ入れて保管すればOKです。

小根山さん「靴屋さんで保管するときは箱が多いですが、特に箱がいいということではありません。箱の中でも通気が悪ければ、カビが生えることもあります

袋は靴屋さんのほか、スポーツ用品店などで手に入りますが、通気性のいい布の袋であればエコバッグのようなものでも使えます。

「箱を積み重ねて収納したいが、箱を捨ててしまった」という人は、靴のサイズに合った段ボール箱や、パルプ製のロッカーなどを使うといいでしょう。その場合も、持っているようならシューツリーを忘れずに入れてください。

シーズンの区切りは「革靴の丸洗い」サービスで汚れを落とそう

「革靴は水に弱い」とされていますが、意外にも最近増えているのが「革靴の丸洗い」サービスです。

小根山さん「洗い方を間違えなければ、丸洗いは靴の寿命を延ばすうえでも非常に効果的な方法です。秋冬ものなど、シーズン終了後に利用するのがよいと思います」

お金(約3500円〜)や日数もかかるので、「革靴の丸洗い」サービスは頻繁には利用しづらいかもしれません。しかし、高価なブランドの靴や、お気に入りの靴を長く履きたいという人にとっては使ってみる価値は十分にあります。

革靴の丸洗いは自分でやるのはおすすめできません。専門業者に依頼しましょう。

定期的に靴の状態をチェック・ケアしよう

しまいっ放しだと靴の状態がわからないため、素材によって年に1、2回、場合によっては数回点検するのがおすすめです。

小根山さん「エナメルやゴム製の靴など、温度や湿度の影響を受けやすい素材は、季節の変わり目にチェックするのがよいですね。お盆や年末の大掃除のときなど、イベント化してまとめて行うとストレスなくできますよ」

エナメル素材のヒビ割れ対策は専用ローションを使おう

光沢の美しいエナメル素材は、革の表面に塗った塗料が温度や湿度によって変化するため、ヒビ割れを起こすこともあります。光沢を曇らせることなく使える専用のローションがあるので、定期的に使い、塗料と革のなじみをよくして長持ちさせましょう。

デリケートな素材なので、ケア用品を買おうとした場合、できれば専門店に現物を持って行って、相談することをおすすめします。

小まめな手入れが靴の寿命を伸ばす

定期的に防水スプレーを使ったり、デリケートな素材のものはケアしたりと、小まめに気にかけるのが1番大事です。

これから本格的な雨のシーズンに入ってきますが、まず防水、そして濡れたら早めに水分を拭き取るなど、小まめに気にかけてお気に入りの靴の寿命をできるかぎり伸ばしてあげてくださいね。

取材協力

小根山裕人さん
銀座ワシントン銀座本店シューリペアショップのショップマスター。一般社団法人東靴協会が認定する「シューフィッター」の資格保持者。

銀座ワシントン銀座本店シューリペアショップ

1933年の創業から80年を超え、今も同じ場所に店舗を構える「銀座ワシントン」銀座本店。

(image by think aphase)



go to source

ほおばる幸せ!純喫茶風「ボリュームたまごサンド」の作り方

こんにちは、料理研究家の河瀬璃菜です。いま、昔懐かしい「純喫茶」のノスタルジックで温かい空間が、若者にも人気となっているのをご存知でしたか?

今回は、自宅でも簡単に純喫茶の雰囲気を味わえる、厚焼き玉子を挟んだ「ボリュームたまごサンド」のレシピを紹介します。

普通のカフェでは味わえない、SNS映えもばっちりな純喫茶メニューをお試しください。

材料(1人分)

  • 食パン(6枚切り)…2枚
  • 卵…3個
  • だし汁…50cc
  • みりん…小さじ1
  • 塩…少々
  • サラダ油…適量
  • ハム…2枚
  • きゅうり…1/2本
だし汁は顆粒のだしを使用してもOK。

作り方

STEP1:卵液を作る

卵はボウルに割りほぐし、だし汁、みりん、塩と混ぜ合わせたらザルでこします。

“こす”作業は面倒に感じるかと思いますが、これにより口当たりが滑らかになります。

STEP2:卵焼きを作る

中火で熱した卵焼き器にサラダ油をひき、卵液の1/3を流し入れます。

半熟状態で手前に向かって巻いていったら、奥にずらします。

さらに卵液を入れ、卵焼きの下にもしっかりと卵液を流して同様に巻く。これを卵液がなくなるまで繰り返します。

卵焼き器が自宅にない場合はフライパンでもOKですが、キレイな形を作るのには卵焼き器が便利です。

卵焼きをラップに包み、形を整えたらあら熱をとる。

形がいびつになっても、この時にしっかりとラップで整えられるのであまり気にしないでOKです。

STEP3:具材をのせてラップで包む

食パンにハムと薄切りのきゅうり、卵焼きをのせます。

全体をラップで包み、なじませる。

なじませることで切った際に崩れにくくなります。

STEP4:半分に切って完成

ラップを外して半分に切ります。切り口を上にして盛り付けたら完成です。

見た目にも嬉しいボリューム感

ボリューミーなのにしっとりジューシーなたまごサンドは、出てきた瞬間テンションが上がること間違いなし!お好みで、バターやマスタード、マヨネーズを塗っても美味しく頂くことができますよ。

今となっては、多くのメディアでも取り上げられ、認知が広がってきた厚焼き卵をサンドした、たまごサンド。

諸説ありますが発祥の地は京都だと言われており、京都でたまごサンドと言うと、たまごを潰したサンドイッチではなく、こちらを指すのだとか。自宅でも簡単に京都の喫茶店気分を味わえるこちらのレシピ。ぜひお試しくださいね!

レシピ制作者

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」など。

Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

Twitterで紹介!

(image by 筆者)



go to source

卵黄が濃厚ソース&チーズとマッチ!純喫茶風「シチューマウンテン・トースト」の作り方

こんにちは、料理研究家の河瀬璃菜です。いま、昔懐かしい「純喫茶」のノスタルジックで温かい空間が、若者にも人気となっているのをご存知でしたか?

今回は、自宅でも簡単に純喫茶の雰囲気を味わえる、山のように高くボリューム満点な「シチューマウンテン・トースト」のレシピを紹介します。

普通のカフェでは味わえない、SNS映えもばっちりな純喫茶メニューをお試しください。

材料(1人分)

  • 食パン(6枚切り)…2枚
  • 市販のカルボナーラソース…1袋(140g)
  • スライスチーズ…2枚
  • バター…1かけ
  • 卵黄…1個
  • ドライパセリ…適量
  • ブラックペッパー…適量
カルボナーラソースは一から作ってもOKですが、市販のソースを使うことで一気に時短できます。

▼ソースを手作りする方は、こちらのレンジカルボナーラのレシピをどうぞ▼

作り方

STEP1:食パンにバターを塗り、チーズを挟む

食パン2枚にバターを塗ります。1枚は半分に切って重ね、間にスライスチーズを挟みます。

バターは加熱することで旨みや風味が増すので先に塗ります。

STEP2:食パンをトーストする

バターを塗った食パンをトースターでこんがりと焼きます。重ねたまま加熱することで中のチーズがいい具合に溶けます。

STEP3:パンを盛り付けてチーズをのせる

トーストした食パンを皿に重ねておき、スライスチーズをのせます。

STEP4:ソースをかけて卵黄を落とす

温めておいたカルボナーラソースをたっぷりとかけ、卵黄を落とします。

卵黄をのせる時、真ん中をスプーンで少し、くぼませてあげると流れ落ちません。

STEP4:スパイスをかけて完成

ブラックペッパー、ドライパセリをちらしたら完成です。

ソースをたっぷりからめて至福の時間をどうぞ

卵黄が濃厚なソースとチーズをマイルドにしてくれて、見た目よりペロリと食べられます。

ソースをたっぷりと香ばしい食パンに絡めて食べると至福の瞬間を楽しむことができますよ!

名古屋の有名喫茶店「支留比亜珈琲」のメニューからインスパイアを受けたこちらのレシピ。

有名喫茶店風の味わいをぜひ自宅でも楽しんでみてはいかがでしょうか。

レシピ制作者

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など。

Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

Twitterで紹介!

(image by 筆者)



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ