そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

WooRis(ウーリス)

知れば簡単!「格安スマホ」仕組みからメリ&デメまで丸わかり

格安スマホってなに?

格安スマホとは、SIMフリーの低価格なスマホ端末に、格安のSIMを挿して使うスマホのことを言います。

今まではdocomoやau、ソフトバンクといった大手携帯電話会社のお店で端末を購入し、通話や通信のプランを契約するというのが通常の流れでしたが、格安スマホではスマホ端末をもったうえで、通話や通信のプランを多数存在する通信会社から選ぶことができます。

和田「スマホを使うときには、必ず通信手段としてSIMカードという小さいカードをスマホに挿す必要があります。そのSIMカードは基本的には通信会社ごとに異なるのですが、どこのSIMカードでも挿すことができるのが“SIMフリースマホ”と呼ばれるものです。
docomoやau、ソフトバンクなど大手キャリアで買うスマホ端末は、他社のSIMカードを入れて通信されないようにロックをかけている場合があります。このようにSIMロックをかけているスマホだと、そこのSIMカードしか使えないという制限があります。これはSIMフリーではないスマホ、ということになります。
格安スマホは、格安のプランを用意した通信会社のSIMカードを挿して使うSIMフリースマホのことです」

少し前までは大手携帯電話会社でしか契約できなかったものが、新たに通信会社がでてきたことで消費者である私たちには選択の幅が広がったということですね。

 

月額料金が安くなる理由とは?

では格安のプランを組めるという通信会社は、大手キャリアとなにが違うのでしょうか?

和田「大手キャリアは、携帯電話などの移動通信に必要な自前の無線通信インフラを自前でもっており、これを利用して顧客に回線を提供しています。一方、これらの通信インフラをもたず、大手キャリアから回線を借りて顧客にサービスを提供しているのがMVNOと呼ばれる通信事業社です。
多くのMVNOは、帯域貸しなどで一部の回線を大手キャリアから借りているだけなので、顧客へは安くサービスを提供できる反面、人の多い場所や通信が集中する時間帯などに通信速度が落ちるということもあります。もちろんMVNO各社も工夫して通信速度を落とさないようにしていますので、昔に比べてこういった現象も減っています」

例えばdocomo回線を使うMVNOの一つ、楽天モバイルですと、docomoの帯域を使用しているので基本的にdocomoがカバーする通信範囲と同じ範囲で使用することができます。

しかし、ライブ会場など人の集まる場所で多くの人が通信を使用すると、MVNOが借りている帯域よりオーバーしてしまい、通信速度が落ちてしまうというわけなのです。

ちなみに筆者も格安スマホ歴2年、使い始めはやはり通信速度の低下を感じることもありましたが、今はほとんどありません。それよりも月額で5,000円ほど安くなったことのメリットのほうが大きいと感じています。



go to source

「今日の夕飯何にしよう…」迷った時の献立を決めるレスキュー策2つ

メニューを決める際に重視することトップ3

献立を決める際には、重視するポイントがあったほうが決めやすくなるもの。

そこで、11,245件の回答を集めた同調査で、“メニューを決めるときに重視すること”を質問した結果のトップ3を見てみましょう。

3位:家にある食材をムダにしない・・・43.0%
2位:栄養のバランスがとれている・・・47.4%
1位:自分や家族の好みにあう・・・61.7%

食材をムダにしないことや栄養バランスも重視しながら、やはり自分や家族の好みを最優先にしている人が多いことがわかりますね。せっかく作るのであれば、家族の笑顔が増すメニューを提供したいもの。

では、どんなタイミングで献立を決める人が多いのでしょうか。

 

献立はいつ決める? 買い物前or後で多かったのは…

“メニューを決めるタイミング”を聞いたところ、下記の結果となりました。

3位:買い物に行く前に、メニューを決める・・・19.4%
2位:買い物に行って、商品を見ながらメニューを決める・・・24.4%
1位:前もって家にある材料からだいたい決める・・・32.4%

“買い物”を軸に見てみると、2位と3位の結果から、買い物前に決める人よりも買い物中に決める人のほうがやや多いようですね。

一番多かったのは、前もって家にある食材を見渡して「今日はコレにしよう!」と決める人たちでしたが、食材を見てもピンっ!とこないときもあるのが困りものですよね……。



go to source

「今日の夕飯何にしよう…」迷った時の献立を決めるレスキュー策2つ

メニューを決める際に重視することトップ3

献立を決める際には、重視するポイントがあったほうが決めやすくなるもの。

そこで、11,245件の回答を集めた同調査で、“メニューを決めるときに重視すること”を質問した結果のトップ3を見てみましょう。

3位:家にある食材をムダにしない・・・43.0%
2位:栄養のバランスがとれている・・・47.4%
1位:自分や家族の好みにあう・・・61.7%

食材をムダにしないことや栄養バランスも重視しながら、やはり自分や家族の好みを最優先にしている人が多いことがわかりますね。せっかく作るのであれば、家族の笑顔が増すメニューを提供したいもの。

では、どんなタイミングで献立を決める人が多いのでしょうか。

 

献立はいつ決める? 買い物前or後で多かったのは…

“メニューを決めるタイミング”を聞いたところ、下記の結果となりました。

3位:買い物に行く前に、メニューを決める・・・19.4%
2位:買い物に行って、商品を見ながらメニューを決める・・・24.4%
1位:前もって家にある材料からだいたい決める・・・32.4%

“買い物”を軸に見てみると、2位と3位の結果から、買い物前に決める人よりも買い物中に決める人のほうがやや多いようですね。

一番多かったのは、前もって家にある食材を見渡して「今日はコレにしよう!」と決める人たちでしたが、食材を見てもピンっ!とこないときもあるのが困りものですよね……。



go to source

うちのGリスクは?「ゴキブリが出やすくなる」周囲の環境3つ

1:飲食店が近い

家の中でゴキブリの出没しやすい場所はやはりキッチンです。エサや水があり、暖かい場所ですからゴキブリにとって居心地のいい環境なのでしょう。

そう考えると、飲食店などはゴキブリにとって恰好の場所。つまり住み家となりやすいのです。渡辺さんによると、

「飲食店はゴキブリにとって望ましい場所です。そこでゴキブリが繁殖を繰り返すわけですから、飲食店が近い家はやはりゴキブリに入られやすい家と言えるでしょう」

とのことです。飲食店ももちろんゴキブリ対策はしているかと思いますが、常に食材を扱う環境でゴキブリが全くいない状況を作るのは困難を極めます。

すぐ近くに飲食店があったり、1階が飲食店のマンションは、ゴキブリ対策を念入りにした方がよいかもしれません。

 

2:近隣にゴミ屋敷がある

「ゴミ屋敷はゴキブリの隠れ場所がたくさんありますから、その近くに住んでいるのだとすればやはりゴキブリがでやすい家です」

ゴミ屋敷はニオイも発生させるうえ、ゴキブリの好む隙間がたくさん。掃除ができていなければ雑食であるゴキブリにとってそこはエサの宝庫になるわけですから、繁殖を続けてしまいます。

ニュースで取り上げられるような、いかにも“ゴミ屋敷”ではなくても、家の中がごちゃごちゃしている場合にも当てはまりそうですね。もちろん実際に家の中を見てみなければわからないことですから、特定は難しいですが……。

 



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ