そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

ラルーン

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続くの?原因と対策

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続くの?原因と対策

育児中のお母さんたちを悩ませるもの、それは赤ちゃんの「夜泣き」。
突然に始まり、何をしても泣きやまない……眠れない日が続き参ってしまうお母さんも多いのでは。

赤ちゃんはなぜ夜泣きするの?どうすれば泣きやむの?など、夜泣きの原因と対策についてご紹介します。


●赤ちゃんが「原因不明」で泣くのが夜泣き



生まれたばかりの新生児が、おっぱいやオムツの不快から夜泣くことを「夜泣き」とは言いません。
基本的に「原因が分からないのに泣き続ける」のが夜泣き。

多くの場合、生後8カ月頃がピークと言われています。
終わりの時期は人それぞれですが、1歳から2歳の間。

この頃の赤ちゃんは脳が急激に成長しているため、昼間に受けた刺激を寝ている間に夢として見たり、情報を整理しているため起きてしまうとも言われています。
つまり夜泣きをするのは赤ちゃんが正常に成長している証とも考えられるのです。


●夜泣きをする赤ちゃん。どうしたら泣きやむ?



いくら正常な成長の証といっても、毎日夜泣きをされてはお母さんも疲れてしまいます。
少しでも夜泣きが減るように対策をしたいものですよね。

まずは部屋の温度調整を見直してみてはいかがでしょうか。
暑い、寒いなどの不快でも夜泣きは起こりやすくなります。

また、激しい夜泣きの場合は全ての電気をつけ、一度完全に起こしてしまうのも手。
起きて安心させてから、もう一度寝かしつける方が早い場合もあります。

また、お母さんが日頃「カモミールティ」を飲む、という対策も。カモミールは安眠、リラックス効果のある薬草。
お母さんがカモミールティを飲み、その成分を含んだ母乳をあげることによって赤ちゃんが摂取し、安眠に繋がることも。

1歳を過ぎたら眠る前に、白湯で薄めたものを直接赤ちゃんにあげても良いでしょう。


●一体、いつまで続くの?



気になるのはこうした夜泣きがいつまで続くのかということ。
先ほど1歳から2歳までの間と言いましたが、これは個人差があり、ほとんど夜泣きをしないままの赤ちゃんもいれば稀に3歳過ぎても夜泣きをする子供もいます。

ただ、ピークは8ヶ月前後で、それ以降はたまに泣くことはあっても徐々に収まっていくはず。

もしも4歳過ぎても突然夜に泣きだすことがあれば、それは夜泣きではなく「夜驚症」という症状の可能性も。
その場合は一度小児科に相談しましょう。


夜泣きに付き合うのはとても大変ですが、始まりがあれば必ず終わりもあるもの。
今の時期だけと腹をくくることも必要かもしれません。赤ちゃんに合った対策を見つけだして、上手に乗り越えられると良いですね。





go to source

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続くの?原因と対策

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続くの?原因と対策

育児中のお母さんたちを悩ませるもの、それは赤ちゃんの「夜泣き」。
突然に始まり、何をしても泣きやまない……眠れない日が続き参ってしまうお母さんも多いのでは。

赤ちゃんはなぜ夜泣きするの?どうすれば泣きやむの?など、夜泣きの原因と対策についてご紹介します。


●赤ちゃんが「原因不明」で泣くのが夜泣き



生まれたばかりの新生児が、おっぱいやオムツの不快から夜泣くことを「夜泣き」とは言いません。
基本的に「原因が分からないのに泣き続ける」のが夜泣き。

多くの場合、生後8カ月頃がピークと言われています。
終わりの時期は人それぞれですが、1歳から2歳の間。

この頃の赤ちゃんは脳が急激に成長しているため、昼間に受けた刺激を寝ている間に夢として見たり、情報を整理しているため起きてしまうとも言われています。
つまり夜泣きをするのは赤ちゃんが正常に成長している証とも考えられるのです。


●夜泣きをする赤ちゃん。どうしたら泣きやむ?



いくら正常な成長の証といっても、毎日夜泣きをされてはお母さんも疲れてしまいます。
少しでも夜泣きが減るように対策をしたいものですよね。

まずは部屋の温度調整を見直してみてはいかがでしょうか。
暑い、寒いなどの不快でも夜泣きは起こりやすくなります。

また、激しい夜泣きの場合は全ての電気をつけ、一度完全に起こしてしまうのも手。
起きて安心させてから、もう一度寝かしつける方が早い場合もあります。

また、お母さんが日頃「カモミールティ」を飲む、という対策も。カモミールは安眠、リラックス効果のある薬草。
お母さんがカモミールティを飲み、その成分を含んだ母乳をあげることによって赤ちゃんが摂取し、安眠に繋がることも。

1歳を過ぎたら眠る前に、白湯で薄めたものを直接赤ちゃんにあげても良いでしょう。


●一体、いつまで続くの?



気になるのはこうした夜泣きがいつまで続くのかということ。
先ほど1歳から2歳までの間と言いましたが、これは個人差があり、ほとんど夜泣きをしないままの赤ちゃんもいれば稀に3歳過ぎても夜泣きをする子供もいます。

ただ、ピークは8ヶ月前後で、それ以降はたまに泣くことはあっても徐々に収まっていくはず。

もしも4歳過ぎても突然夜に泣きだすことがあれば、それは夜泣きではなく「夜驚症」という症状の可能性も。
その場合は一度小児科に相談しましょう。


夜泣きに付き合うのはとても大変ですが、始まりがあれば必ず終わりもあるもの。
今の時期だけと腹をくくることも必要かもしれません。赤ちゃんに合った対策を見つけだして、上手に乗り越えられると良いですね。





go to source

実は男性ウケNG?「肩出しファッション」の 着こなし術

実は男性ウケNG?「肩出しファッション」の 着こなし術

間もなくやってくる夏。
女性のファッションもだんだんと軽くなり、キャミソールやノースリーブなど「肩出しファッション」をする人も多くなってきます。

涼しくさらにセクシーさも演出できる肩出しですが、意外にも嫌がる男性もいるとか。


●彼女にはあまりして欲しくない?肩出しファッション



普段は見えない肩や鎖骨などが見える肩出しファッション。
「肌が見えるのでセクシー」「ドキドキしてしまう」という男性が大多数……と思いきや、実は「彼女にはして欲しくない」という人も少なからずいるよう。

「露出が高すぎる格好はあまりして欲しくない」「他の男性の視線が気になる」「まるで下着で歩いているみたい」などという理由から、キャミソールなどは好きじゃないという男性も多いようです。


●体型によっては「NGファッション」に



そもそもキャミソールなどの露出ファッションは難しいアイテム。
肩や二の腕が立派な女性は、「ガテン系」に見えてしまうことも。

また、胸の大きさも難しく、小さすぎては貧層になるし、大きすぎるとあまりのセクシーさに品がなく映ってしまいます。
露出が多めであればあまりぴったりしたものを選ばない、などバランスを取ることも大事かもしれません。


●とはいえ着たい!肩出しファッション



いくら男性ウケが悪いからといっても、せっかくの夏。
肩出しファッションを楽しみたいですよね。

アウトドアなどを楽しむときにはいつもより露出が多めでも気にならないはず。
屋内の時はカーディガンや羽織るものを持っていくなど、視線が集まりすぎないように気を付けるといいかもしれません。


あまり男性ウケばかり考えると楽しくなくなってしまうファッション。
ですがドン引きされるのも考えもの。TPOに合わせ着こなせば、夏らしい服装を楽しめるはずです。





go to source

実は男性ウケNG?「肩出しファッション」の 着こなし術

実は男性ウケNG?「肩出しファッション」の 着こなし術

間もなくやってくる夏。
女性のファッションもだんだんと軽くなり、キャミソールやノースリーブなど「肩出しファッション」をする人も多くなってきます。

涼しくさらにセクシーさも演出できる肩出しですが、意外にも嫌がる男性もいるとか。


●彼女にはあまりして欲しくない?肩出しファッション



普段は見えない肩や鎖骨などが見える肩出しファッション。
「肌が見えるのでセクシー」「ドキドキしてしまう」という男性が大多数……と思いきや、実は「彼女にはして欲しくない」という人も少なからずいるよう。

「露出が高すぎる格好はあまりして欲しくない」「他の男性の視線が気になる」「まるで下着で歩いているみたい」などという理由から、キャミソールなどは好きじゃないという男性も多いようです。


●体型によっては「NGファッション」に



そもそもキャミソールなどの露出ファッションは難しいアイテム。
肩や二の腕が立派な女性は、「ガテン系」に見えてしまうことも。

また、胸の大きさも難しく、小さすぎては貧層になるし、大きすぎるとあまりのセクシーさに品がなく映ってしまいます。
露出が多めであればあまりぴったりしたものを選ばない、などバランスを取ることも大事かもしれません。


●とはいえ着たい!肩出しファッション



いくら男性ウケが悪いからといっても、せっかくの夏。
肩出しファッションを楽しみたいですよね。

アウトドアなどを楽しむときにはいつもより露出が多めでも気にならないはず。
屋内の時はカーディガンや羽織るものを持っていくなど、視線が集まりすぎないように気を付けるといいかもしれません。


あまり男性ウケばかり考えると楽しくなくなってしまうファッション。
ですがドン引きされるのも考えもの。TPOに合わせ着こなせば、夏らしい服装を楽しめるはずです。





go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ