そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

ラルーン

冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

乳幼児の育児で最も大変なイメージのある「離乳食」。
毎日作るのは面倒、時間がない……と思っているママさんたちもいると思います。

ですが離乳食の最初のうちは量も少なく、冷凍保存などの工夫をすれば時短も可能。
今回は離乳食の「フリージングテクニック」をご紹介します。


●シリコン製の製氷機を活用する



離乳食をスタートすることになったらまず最初に必要なのが「製氷機」。

離乳食初期の頃は食べる量も少ないので、お粥やだし汁、野菜のすりつぶしは一気に作り、製氷機で小分けにして冷凍しておくと良いでしょう。

この時、シリコン製の製氷機だと冷凍したものをひとつずつ取り出すのがとても簡単なのでおススメ。

量が増えてきたら2つ取り出す……など調節しながら使えるのもいいですね。
味の変化がないよう、ラップなどでしっかり蓋をしましょう。


●ジップロックなどに、作った日の日付を書き込む



離乳食は冷凍をすれば長い期間保存ができますが、赤ちゃんに食べさせるものなので賞味期限には気を付けたいもの。

作った日の日付を忘れないよう、ジップロックなどに書いておくのを忘れずに。

先ほどの製氷機で作ったものは蓋代わりのラップに書いておいても良いですね。
食材にもよりますが、基本的に離乳食は1週間で使い切るようにしましょう。


●解凍は電子レンジやお鍋で



冷凍したものを解凍して使う時、常温での解凍でそのまま赤ちゃんにあげるのは避けましょう。

解凍後は必ず加熱。電子レンジでチンしても構いませんし、お鍋でもう一度加熱して解凍してもOK。

また、一度解凍したものを再冷凍するのも避けてください。雑菌が発生する恐れがあります。


1週間分の離乳食を作り置きし冷凍しておけば、食事の時間に温めるだけ。
毎日すりつぶしたりなどの作業をしないで済みます。

食材そのままはもちろん、うどんや納豆、ハンバーグや野菜スープなども冷凍してしまえば、とっても楽チン。
工夫しながら、離乳食期を楽しんでくださいね。



go to source

冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

冷凍保存で楽チン!離乳食のフリージングテクニック

乳幼児の育児で最も大変なイメージのある「離乳食」。
毎日作るのは面倒、時間がない……と思っているママさんたちもいると思います。

ですが離乳食の最初のうちは量も少なく、冷凍保存などの工夫をすれば時短も可能。
今回は離乳食の「フリージングテクニック」をご紹介します。


●シリコン製の製氷機を活用する



離乳食をスタートすることになったらまず最初に必要なのが「製氷機」。

離乳食初期の頃は食べる量も少ないので、お粥やだし汁、野菜のすりつぶしは一気に作り、製氷機で小分けにして冷凍しておくと良いでしょう。

この時、シリコン製の製氷機だと冷凍したものをひとつずつ取り出すのがとても簡単なのでおススメ。

量が増えてきたら2つ取り出す……など調節しながら使えるのもいいですね。
味の変化がないよう、ラップなどでしっかり蓋をしましょう。


●ジップロックなどに、作った日の日付を書き込む



離乳食は冷凍をすれば長い期間保存ができますが、赤ちゃんに食べさせるものなので賞味期限には気を付けたいもの。

作った日の日付を忘れないよう、ジップロックなどに書いておくのを忘れずに。

先ほどの製氷機で作ったものは蓋代わりのラップに書いておいても良いですね。
食材にもよりますが、基本的に離乳食は1週間で使い切るようにしましょう。


●解凍は電子レンジやお鍋で



冷凍したものを解凍して使う時、常温での解凍でそのまま赤ちゃんにあげるのは避けましょう。

解凍後は必ず加熱。電子レンジでチンしても構いませんし、お鍋でもう一度加熱して解凍してもOK。

また、一度解凍したものを再冷凍するのも避けてください。雑菌が発生する恐れがあります。


1週間分の離乳食を作り置きし冷凍しておけば、食事の時間に温めるだけ。
毎日すりつぶしたりなどの作業をしないで済みます。

食材そのままはもちろん、うどんや納豆、ハンバーグや野菜スープなども冷凍してしまえば、とっても楽チン。
工夫しながら、離乳食期を楽しんでくださいね。



go to source

黒ずみやニキビ……気になる「お尻」の肌ケア方法教えます!

黒ずみやニキビ……気になる「お尻」の肌ケア方法教えます!

キレイな肌は美しい女性の条件。顔や手足はもちろんですが、見えない部分のケアもきちんとしたいところ。特に夏に向けて水着などの露出があると気になるのは「お尻」……。

滅多に人に見せない部分とはいえ、男性と親密な関係になれば必ず見られるお尻ですが、実は黒ずみやニキビに悩んでいる人も多いようです。


●お尻が汚くなる原因は?



お尻はきちんとケアをしないとキレイでいることが難しい場所。座ることによって圧迫され、常に下着をつけているので蒸れやすいのがお尻。

たくさんの血管が集中していて、セルライトや血行不良による影響も受けやすいことも原因です。汚くなってしまう理由は「黒ずみ」「ニキビ」「湿疹や汗疹」など様々。

まずは自分のお尻を良く見て、何によって汚く見えてしまっているのかを知りましょう。


●「黒ずみ」の場合



最も多いのが「黒ずみ」で悩む方ではないでしょうか。お尻が黒ずんでいる……と焦って、お風呂でゴシゴシと強く洗ってしまっていたら、これはNGです。

これでは肌の潤いを剥ぎ取ってしまい、乾燥が進んで余計に黒ずんでしまう可能性があります。

どこの部分にも言えることですが、黒ずみとの勝負は「長期戦」です。もともと黒ずみは摩擦や血行不良などの理由で時間をかけて出来てしまったもの。

こうしたものは急激に消すということは出来ません。乾燥や摩擦をなるべく減らすようにして、長い時間かけてキレイにしていくことが必要です。

まずはお風呂上りに毎日、保湿クリームをお尻に塗るようにしましょう。美白成分の配合されているものや、角質除去のものもおススメです。

また、下着の締め付けはキツくありませんか?あまりキツい下着は血行不良を招き、ゴムの部分に黒ずみが出来ることがあります。

もう一度自分の肌に合った下着を買い直すのも手かもしれません。


●「ニキビ」の場合



基本的にニキビが出来る理由も、黒ずみの場合と変わりありません。お風呂での洗い方の問題や、締め付けのキツい下着、仕事による長時間の座り作業なども原因の一つ。

お尻のニキビで悩んでいる場合、ケアは基本的に顔などと変わりません。まずは清潔に保って保湿をしましょう。痛みなどがある場合やたくさん出来てしまっている場合は皮膚科に行き、適切なお薬を塗るのが良いでしょう。

予防のためには、シャンプーやボディソープの洗い残しに気を付けること。

また、下着は化学繊維などの通気性の悪いものより、綿で出来たものに替えたほうが蒸れにくくニキビもできにくいかもしれません。


見えないところだからこそ、イザというとき男性は注目してきます。

夏に堂々と水着を着られるように、今のうちからしっかり「お尻ケア」しておきましょう!





go to source

パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

新しい出会いの春、「お気に入りの香りを変えてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

香水といっても、表示をみるとパルファムやオーデコロンなど、表記が違っていますよね。

今回はそんな香水の名称の違いと、香水をつけるマナーについてご紹介します。


●香りの持続が違う!名称の違いとは



一般的に、香水の名称は香りが持続する時間によって、違いがあります。

・パルファム:香料の割合が15~25%程度で、5時間~半日香りが続く。

・オードパルファム:香料の割合が10~15%程度で、5時間ほど香りが続く。

・オードトワレ:香料が5~10%程度のもので、3時間ほど香りが続く。

・オーデコロン:香料が3~5%程度のもので、2時間ほど香りが続く。

持続させたい時間によって、どの香水をつけたらいいのかを選んでみましょう。


●濃度が高いパルファムはつけすぎに注意



香料の割合が高いパルファムは、少量でもかなり強い香りを放ちます。このパルファムを腕や服など、全面につけてしまうのはマナーとして、あまりおすすめしません。

ほんのり香る程度にしたければ、オーデコロンやオードトワレを選んで、途中でつけなおすようにしましょう。

「自分では全然足りないかな?」と思っても、実は周囲に強い香りを感じさせていることもあります。

家族や恋人に確認するようにすると、安心ですよね。


●天気によって香水の量を調整しよう



香水は温度や湿度によって、香りの強さが変わってきます。

高温多湿の夏は、量を控えないと強く香りが際立ってしまうので、つけすぎには注意してください。

逆に、空気が乾燥した冬は香りの持続が続かないこともあるため、つけなおすようにしましょう。

香りは、その人の印象に大きく影響します。お気に入りの香りを上手にまとって、新しい季節を楽しんでくださいね。





go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ