そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

ラルーン

パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

パルファムやコロンの違いって?香水の名称やマナーを知ろう

新しい出会いの春、「お気に入りの香りを変えてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

香水といっても、表示をみるとパルファムやオーデコロンなど、表記が違っていますよね。

今回はそんな香水の名称の違いと、香水をつけるマナーについてご紹介します。


●香りの持続が違う!名称の違いとは



一般的に、香水の名称は香りが持続する時間によって、違いがあります。

・パルファム:香料の割合が15~25%程度で、5時間~半日香りが続く。

・オードパルファム:香料の割合が10~15%程度で、5時間ほど香りが続く。

・オードトワレ:香料が5~10%程度のもので、3時間ほど香りが続く。

・オーデコロン:香料が3~5%程度のもので、2時間ほど香りが続く。

持続させたい時間によって、どの香水をつけたらいいのかを選んでみましょう。


●濃度が高いパルファムはつけすぎに注意



香料の割合が高いパルファムは、少量でもかなり強い香りを放ちます。このパルファムを腕や服など、全面につけてしまうのはマナーとして、あまりおすすめしません。

ほんのり香る程度にしたければ、オーデコロンやオードトワレを選んで、途中でつけなおすようにしましょう。

「自分では全然足りないかな?」と思っても、実は周囲に強い香りを感じさせていることもあります。

家族や恋人に確認するようにすると、安心ですよね。


●天気によって香水の量を調整しよう



香水は温度や湿度によって、香りの強さが変わってきます。

高温多湿の夏は、量を控えないと強く香りが際立ってしまうので、つけすぎには注意してください。

逆に、空気が乾燥した冬は香りの持続が続かないこともあるため、つけなおすようにしましょう。

香りは、その人の印象に大きく影響します。お気に入りの香りを上手にまとって、新しい季節を楽しんでくださいね。





go to source

体重にとらわれない!美しい身体を作るには、食事制限より筋トレ

体重にとらわれない!美しい身体を作るには、食事制限より筋トレ

「自分の理想通りの美しい体型になりたい……」多くの女性がそう思うもの。ですがなかなか思い通りにいかないのが現実です。

ダイエットをして体重を落としても、痩せたい部分は痩せず、違う部分が貧相になってしまったり。

今回は美しい身体づくりに欠かせない、「筋トレ」についてご紹介します。


●目的は、体重を落とすこと?理想の体型になること?



  ダイエットを始めた時に目標とするのは、「〇キロ落とす!」という場合が多いのではないでしょうか。でも、本当は数字を減らすことが目標ではないはず。

女優の菜々緒さんも「体重を気にしたことがない。完全フォルム重視」と言っており、最近のニュースでは「デビュー当時より3キロほど体重が増え、最低でもあと1キロは増やしたい」と現在の体重をカミングアウトし、話題になりました。

ダイエットをする理由は、美しい身体のラインを作ること。そうなると欠かせないのが「筋トレ」なのです。


●筋肉がつくと体重は増える。だけど美しくなる



菜々緒さんがなぜ体重を増やしたいのか。それは「筋肉をつけたい」という意味。一般的に、筋肉は脂肪の3倍の重量があると言われています。

重量はあるものの、体積は脂肪の半分以下。つまり体重が増えても、「見た目は今までよりずっと引き締まって見える」というわけです。

さらに、筋肉をつければつけるほど、カロリーを消費しやすい身体に。食事制限などによる急激なダイエットと違い、リバウンドもなく徐々に理想の身体に近づけるのです。


●筋肉ムキムキに?……女性はめったになりません!



筋トレを続けると、「男性のように二の腕やふくらはぎがムキムキに太くなってしまうのでは?」と思うかもしれません。

確かに、アスリート並みのトレーニングを毎日続ければそうなるかもしれませんが、普通に筋トレをするくらいではありえません。

女性は男性に比べて筋肉がつきにくい身体をしているので、筋肉でより太くなるという部分に関しては心配ご無用。

ですが、急なダイエットとは違い徐々に代謝を上げて引き締めていくので、時間はかかるかもしれません。辛抱強く、コツコツと自分にとって無理のない筋トレを続けることが大切です。


最も大切なのは数字を減らすことではなく、自分自身の見た目が健康的に美しい状態でいられること。

そのためには一度体重の呪縛から解き放たれて、鏡に映る自分の姿と向き合うことが必要かもしれません。

どの部分にどんな筋トレや運動が必要なのか、時にはプロに相談するのもいいかもしれませんね。





go to source

彼との会話を盛り上げる!とっても簡単な5つの秘密ワード

彼との会話を盛り上げる!とっても簡単な5つの秘密ワード

「気になっている男性、彼氏や夫との会話がなかなか盛り上がらない」と悩んだことはありませんか?こちらから話題を提供しても、いまいち彼がつまらなそうにしていたり……。

今回は彼との会話が盛り上がる、5つのキーワードを紹介します。すぐに使えて便利、“さしすせそ”の頭文字で覚えやすいワードを覚えていってくださいね。


●彼が会話で気持ちよくなる“さしすせそ”をマスター



一般的に、カフェで友達と時間を忘れて楽しくおしゃべりできる女性に対して、男性は会話ベタであることが多いです。特に女性との会話では、何を話したらいいのかイマイチよくわからない人も……。

そんな時には、まずは彼の話す内容に興味を示して、“さしすせそ”のキーワードで会話を盛り上げましょう。


●褒められると嬉しい「さすが」



誰でも褒められると嬉しいですよね。「さすが」というキーワードを使うと、「普段から相手を認めているけど、改めて褒める」という気持ちが伝わるワードですね。

「さすが○○。いつも頑張ってるもんね」と、日々の努力などを認めつつ使うといいかもしれません。


●そんなことも知ってるの!?「知らなかった」



「知らなかった」というワードを好きな男性は多いです。「そうなんだ!知らなかった。詳しく教えて欲しい」と伝えると、「俺が教えてあげよう」という気持ちになって色々と話がはずみますよ。

間接的に“尊敬の意”を伝えることもできますね。ただしむやみにこのワードを使うと、世間知らずの女性に思われてしまうかもしれないので気を付けてくださいね。


●褒め言葉の定番!「すごい」



定番中の定番ですが、嬉しい言葉です。連発するとわざとらしいので気を付けてくださいね。

具体的に何がすごいと思ったのか、一緒に伝えるのがポイントです!


●次のチャンスに繋がる「せっかくだから」



ちょっと無理やりな“せ”のワードですが、意外と便利なワード。

「せっかくだから、○○しない?」「せっかくだか今度一緒に○○行こうよ」と次のチャンスに繋げられるワードですね。


●相槌はしっかり!「そうなんだ」



「そうなんだ」と相槌をうつと、相手に「話をしっかり聞いている」という印象を与えることができます。

もちろん、「そうなんだ」というワードだけでなく、うなずいたり、笑顔をみせてみたり、手を使ってジェスチャーをしたりするとさらに効果的!

相槌の打ち過ぎは不自然なので、相手が楽しく会話をできているかどうかも気を付けてくださいね。


いかがでしょうか?聞き上手、相槌上手な女性はとっても魅力的ですよね。

この方法は意中の男性だけでなく、女性や上司との会話でも活用できますよ。

“さしすせそ”のキーワード、ぜひ覚えてくださいね。





go to source

頭皮からフェイスラインをキュッ!お風呂でできるヘッドスパの方法

頭皮からフェイスラインをキュッ!お風呂でできるヘッドスパの方法

気になる顔のしわやたるみ、フェイスラインのゆるみ……なんとかしようと、顔のケアばかりをしていませんか?

実は顔のリフトアップに最も効果的なのは「頭皮マッサージ」であると言われています。

今回は「お風呂で出来る頭皮ケア」を中心にご紹介しましょう。


●頭皮マッサージの効果は色々



当たり前のことですが、頭皮は顔の筋肉と繋がっています。頭皮は顔の一部であり、ここが硬くなってしまうと顔の筋肉を支えることが難しくなりたるみやほうれい線の原因となってしまうのです。

頭皮をマッサージして血流を良くし、凝りをほぐすことによりフェイスラインがアップするだけでなく、むくみの解消、白髪予防、美髪や小顔にも繋がると言われています。


●最も頭皮マッサージに適しているのは「お風呂」



頭皮マッサージは長い間やる必要はありません。最も適した場所は温かくリラックスする場所であるお風呂。

シャンプーのついでに、頭皮マッサージの時間を日課として取りいれましょう。

できれば湯船に入り、ゆっくりと身体を温めた後に行うと効果的です。


●1回1分ほどでOK!やりすぎず気持ちいいくらいがベスト



頭皮マッサージはやりすぎは厳禁。あくまで自分自身が気持ちよく感じる強さで行いましょう。

時間は1分ほどで充分。まずは全ての指を使って、後頭部からゆっくりと頭皮全体を動かすようにマッサージします。

この時、ただ表面を擦るのではなく頭皮をしっかりと動かすよう意識するのが大事。

後頭部から頭頂まで指が上がってきたら、「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるテッペンのツボをゆっくりと押します。

押しすぎにはくれぐれも注意。自分が気持ちいい、と思うくらいの強さがベストです。

さらに、前髪の生え際、もみあげや襟足の部分もしっかりとマッサージしてください。


●アロマオイル、頭皮マッサージ用美容液なども



マッサージに慣れてきたら、アロマオイルを数滴垂らしたり、頭皮専用のマッサージ美容液などを使えばよりリラックスできるかもしれません。

指で行うのが疲れるという方は、セルフ頭皮マッサージ用のマッサージャーなどもありますので、自分に合ったアイテムを探してみてもいいですね。


セルフヘッドスパでフェイスラインをキュッとアップ。

これからはフェイスケアにプラスして、「頭皮ケア」も一緒に行ってみてくださいね。





go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ