そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

日経ウーマン

フィギュア羽生、大けがから復活の金 戦略はあった?

 大いに盛り上がったフィギュアスケート男子シングル。羽生選手が成し遂げた2大会連続金メダルは、66年ぶりの偉業でした。どの選手も美しい滑りを見せてくれましたが、羽生選手が特に強い理由とは、何なのでしょうか。人気スポーツブログ「フモフモコラム」のフモフモ編集長に解説してもらいます。

最高の演技を見せてくれた羽生結弦選手 写真/JMPA代表撮影(毛受亮介)

 平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦選手。大けがからぶっつけ本番での金メダル、そして同種目66年ぶりの連覇という偉業は、羽生選手がいかにすごいかを物語っています。

 羽生選手はジャンプ、スピン、ステップ、いわゆる表現力と呼ばれるものまで含めてすべてが素晴らしいのですが、全体的にすごいために逆に何がすごいのか分かりづらいところがあります。

 しかし、今回のフリー演技は「スケートができるかどうか」ということまで思い悩むほどの大けがであった羽生選手が、すべてを満足にはこなせないぶん「自分の本当の強み」に絞った演技構成を採ってきました。そのため、羽生選手の本当のすごさが普段よりもよく表れています。

 右足を傷めた羽生選手にとって、最も難点となるのが踏み切り・着氷時に大きな負荷のかかるジャンプです。昨今は高難度の4回転ジャンプを何本も入れる演技構成が主流となっており、アメリカのネイサン・チェン選手などは4種類の4回転ジャンプを合計で6本もフリー演技に組み込んできました。(※フィギュアスケートでは、「3回転以上の」「同じ種類のジャンプ」には実施回数に制限があり、一つのフリー演技の中で2度跳ぶことができるのは2種類まで。4種類の4回転ジャンプを跳べる選手は、そのうち2種類を2度ずつ跳ぶことで、合計6度の4回転を跳べる)

 羽生選手も、4種類の4回転ジャンプを試合で使っていますが、足の具合を鑑みて「ジャンプ合戦」に加わるのはやめたのでしょう。2種類の4回転ジャンプをそれぞれ2回ずつ跳んで、4回転ジャンプを4回、フリー演技に組み込みました。これにより、2度ずつ跳べる2種類のジャンプをどちらも3回転ではなく4回転とすることができ、ジャンプが得意な選手に対しても大きく得点で不利になることがなくなるわけです。

 そのとき、ほとんどの選手が跳ぶ、4回転の中でも最も難度が低いとされる4回転トウループに加え、もう一つ何を選ぶのかがポイントでした。直前まで4回転ループに挑む様子も見られましたが、最終的に選んだのは4回転サルコウでした。この選択は技の難度に相当する基礎点を考慮したということではなく、けがの具合と、羽生選手の強みを生かした選択といえるものです。



go to source

介護疲れの小室哲哉を引退に追い込んだ 潔癖社会の罪

天才音楽家・小室哲哉が、引退した……

 90年代邦楽の代名詞でもあり、希代のヒットメーカーであった小室哲哉さんが、週刊文春による不倫疑惑スクープ(本人は明確に否定)を受けて自発的な音楽活動からの引退を表明しました。突然の引退会見で本人の口から語られた、あまりに詳細で正直な「天才音楽家の現在」は、ファンもそうでない人も、多くの人々が胸を震わせるような内容でした。

2018年1月19日、一人の天才音楽家が引退を表明しました(C)PIXTA

 2009年に著作権を巡る詐欺事件で執行猶予付き有罪判決を受けた後、2011年に妻KEIKOさんがくも膜下出血で倒れ、後遺症の残る妻の介護を続ける中での、自身の体調不良と音楽活動の苦悩。C型肝炎治療やストレスによる耳鳴り、摂食障害などの症状を抱え、治療に当たってくれる女性スタッフに心の支えを求めてしまった、と語ります。

 しかも「この数年、男性としての機能がないので、男女関係はありません」とまでの詳(つまび)らかな告白に、かつて中学生時代、「Get Wild」前夜だった80年代のTM NETWORKとそのキーボーディスト小室哲哉に熱狂していた私は言葉を失いました。

 コックピットのような何台ものシンセサイザーに囲まれ、インカムに向かって歌い跳ね回る、繊細でシャイで色白の小柄なキーボーディスト。「ああ、小室さんはあの頃のただ純粋過ぎる音楽マニアそのままで、90年代の大波に乗り、21世紀を迎え、還暦にまで流れ着いたのだ」と。

 渡辺美里の「My Revolution」で作曲家としての小室哲哉を知り、彼のバンドTM NETWORKのアルバムを1stから5thまで全曲歌えるほど通学時間に聞き込んでいた中高生時代から30年以上。むしろ90年代のTKは私が熱狂した小室哲哉ではなく、残念ながら私の耳は離れてしまいましたが、私はTKとなった彼が起こし、彼の周りに起こったこと——「現代のモーツァルト」的な道楽も含め——はどこか「天才のB面、才能の代償」なのだと思い、それを含めてトータルに小室哲哉という人間なのだと理解してきました。



go to source

【心理テスト】タイプ別 部屋をすっきりさせる方法

【Question】公園のベンチでくつろいでいるあなた。何をしている? 選んだ選択肢で、部屋をすっきりさせる方法が分かります。

ここから先は「日経ウーマンオンライン」会員の方(登録は無料)のみ、ご覧いただけます。

  • ログイン
  • 無料会員登録

会員登録をなさっている方は、「ログイン」していただければ、記事をご覧いただけます。
ログインは、上のログインボタンをクリックしてください。
会員登録がお済みでない方は、上の登録ボタンからご登録ください。会員登録は無料です。
※会員登録の詳細は、こちらをご覧ください



go to source

頑張り屋さんに必要な「ギブアップする力」の育て方

 SNSを見てモヤモヤ、他者から言われた言葉に必要以上に傷つく。仕事が予定通りに進まなくてイライラ――世の中も自分も「不寛容」だと感じていませんか。心理カウンセラーの下園壮太さんが、自分を追い込まずに寛容力を育てていくコツを教えてくれます。第1回は、「不寛容」が気になるときほど意識したい、「疲れ」について。

集中できないのもイライラするのも「疲労」が原因

 あなたが「寛容になりたい」と思うのはどんなときでしょうか。

 職場の誰かの言動にイライラしたとき? SNSで身近な人の充実ぶりを見て素直に喜べないとき? いちいち感情を揺さぶられる自分に「なんて自分の器は小さいんだろう」とうんざりしてしまうかもしれませんが、そんなときに思い返してほしいフレーズがあります。それは、

「人は、悩み事で悩むのではなく、エネルギー低下で悩む」

ということなのです。

そのイライラ、エネルギー低下によるものです (C) PIXTA

 日々直面するストレスは、あなたの寛容力を奪っていきます。

 同僚のミスのせいで仕事が一つ増えた、というようなささいな出来事、あるいは長年付き合っていた恋人と別れた喪失感など、ストレスの大きさはさまざまでしょう。しかし、これらのストレスがどのぐらい自分にダメージを及ぼしているのか、目には見えないだけに想像しにくいですね。実はここで鍵を握っているのが、あなたの「エネルギー量」なのです。

 私は、現代人の疲れを、下の図のように「第1段階」「第2段階」「第3段階」に分けてとらえています。第1段階から第3段階に進むにつれ、疲れは深くなっていきます。同時に減少していくのが、あなたのエネルギー量。エネルギーとは、物事に対処し切り抜ける力、苦しいことがあっても復活する力と言い換えてもいい。段階が進みつれ、それだけエネルギー量も失われていくので、同じストレスに直面しても、現れる体や心の反応が変わっていきます。

エネルギー量が低下すると、感情や身体症状も変化していく

 例えば、あなたの同僚や後輩がささいなミスをしてそのフォローをあなたが頼まれたとします。

 エネルギー量が第1段階のときであれば、「仕方ないな。面倒だけど手伝ってあげよう」と寛容に対応できていたのに、第2段階のときに同じ出来事があると「どうして私ばっかりフォローさせられるの?」「はー、こんなミスするなんて信じられない」とイライラするように。さらに第3段階になるとあなたは自分自身を責めるようになり「どうしてこんなささいなことに私はイライラするんだろう。私がダメだからだ」と思うようにもなります。

 人はこのようなとき、「自分の性格がゆがんでいるから」「寛容力が足りないから」と決めつけてしまいがちですが、それよりもエネルギーの低下そのものが人の価値観を変える重要な要因になるのだ、ということをぜひご理解いただきたいと思います。



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ