そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

日経ウーマン

1日数百円で定年までに貯蓄1000万円【日経WOMAN17年9月号】

 浮いたお金を投資に回すこと。長期で積み立てれば、定年までに1000万円も夢ではない!

日々のムダ遣いを見直し 浮いたお金を投資に回す!

 「自分で自分の老後に備えることが今の20~30代の新しい常識」だと教えてくれた投資教育家の山崎さん。「毎日カフェラテ1杯程度の節約で、定年までに1000万円をつくることも可能」と言う。具体的なやり方は上記の3STEPの通り。まずは、コンビニスイーツやカフェラテなど、1日300~400円程度の「日常に潜むムダ遣い」を見つけて。その分を節約すれば1カ月で約1万2000円の「運用原資」ができる。それを「積立投資」に充てよう。「新卒から定年まで40年間、月1万2000円を積立投資し続け、年利3%で運用できたという仮定で試算すると、1073万円になります」。

 もちろん投資では損をすることもあるが、「世界中に20年間、分散投資をすると、95%の確率でプラスになるという調査結果もあります」。投資のイロハとバラ色老後をつくるコツコツ投資の方法を聞いた。

photoman / PIXTA(ピクスタ)

1日数百円の節約マネーで、目指せ1000万円!

STEP1. 毎日の少額のムダ遣い、300~400円を見つける

コンビニやカフェなどでの小さな出費も、積み重なれば高額に! 1週間だけでも日々の出費をメモし、日常に潜む無意識のムダ遣いを見える化して。

STEP2. 1カ月節約する

STEP1で見つけた1日数百円のムダ遣いを意識して減らしていくと、1カ月で1万円程度の節約になる。「そのお金を老後資金づくりに充てましょう」(山崎さん)。

STEP3. 浮いたお金を「投信積み立て」に回す

1カ月1万円程度のお金を原資に、投資信託の積み立てに挑戦しよう。下のグラフは、毎月1万2000円を40年間投信積み立てした場合のシミュレーション。「年3%で運用し続けたと仮定すると、社会人になってから定年までの約40年間で、1073万円までお金は増えます」(山崎さん)。

※上のグラフは年利0~5%で資金を運用し続けたという仮定での試算。実際の運用では、一定の利回りで資金が増えることはなく、運用成果はこれよりも増減する。

この人に聞きました
山崎俊輔さん
投資教育家
ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。日本経済新聞電子版で『人生を変えるマネーハック』を連載中。著書も多数。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。


go to source

教えて! 定年まで&定年後のお金の戦略

自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのための総合イベント「WOMAN EXPO FUKUOKA 2017」が、10月8日に福岡国際会議場(福岡市)で開催されます。このイベントは、キャリアアップもスキルアップを楽しく学べて、美容法からマネー術まで役立つ情報をお届けするセッションを行い、働く女性が一堂に会します。当日は、社会保険労務士でファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんと経済コラムニストの大江英樹さん、美容家の佐伯チズさんの3人が登壇するセッションもあり、豊かな人生を過ごすためのマネー術について余すことなく語り合います。 そこで、今回は、大江さんと井戸さんが対談した過去の人気記事をご紹介。イベントのセッションでは、この記事でも展開されているような、お金の不安を解消するためのノウハウを伝授します。

(2017年2月23日に掲載した記事を再掲載)

***

 日経WOMANの読者調査で「いつまで働き続けたいか」を聞いたところ、「可能なかぎり働き続けたい」「年金が出る年齢になっても働き続けたい」人が全体の約7割もいました(2015年3月調査・回答者520人)。その最大の理由が、老後のお金の不安を解消するためです。一生お金に困らないために現役時代から準備しておくべきこと、知っておくべき知恵は何でしょうか。社会保険労務士でファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんと経済コラムニストの大江英樹さんの共著『定年男子 定年女子』(日経BP社)には、そのノウハウがつまっています。今日はその出版を記念して、日経WOMAN編集長の安原ゆかりが3回連続でお二人にインタビューさせていただきます。

井戸美枝(いど・みえ)さん

社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー。社会保障、年金制度に詳しく、現在、厚生労働省社会保障審議会企業年金部会委員を務める。日本経済新聞、日経WOMAN、日経CNBCなどでライフプランや資産運用についてアドバイスを行う。著書に『知ってトクする! 年金の疑問71』(集英社)、『専業主婦で儲ける! サラリーマン家計を破綻から救う世界一シンプルな方法』(講談社+α新書)『ズボラな人のための確定拠出入門』(プレジデント社)など。
大江英樹(おおえ・ひでき)さん

経済コラムニスト。大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア層向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。日経電子版でコラム『定年楽園への扉』を連載。著書に『投資賢者の心理学』(日本経済新聞出版社)など。

安原 まず井戸さん、『定年男子 定年女子』ってユニークなタイトルですね。

井戸さん(以下、敬称略) かわいくて気に入っています(笑)。定年女子の私と定年男子の大江さんがお金のプロとしてこれまで積み上げてきたさまざまな知識と、人生経験から得たノウハウを惜しみなく公開したユニークな定年マネー本です。特にアラフォー女子にはぜひ読んでほしいんです。

安原 なぜですか?

井戸 定年後の生活やお金の話は、本や雑誌にたくさん書かれていますけれど、ほとんどが男性目線のものだとつねづね感じていて、その部分を丁寧にフォローしたかったからです。

 確かに現状では「定年女子」はまだ少数派かもしれませんが、日経ウーマンやウーマンオンライン読者の中にはそろそろ定年退職が視野に入ってきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。



go to source

大丸神戸店 ブリリアージュポップアップストアオープン!6月21日〜27日まで

 神戸・元町にある大丸神戸店(1階中央イベントスペース)にて、6月21日(水)から27日(火)までブリリアージュのポップアップストアがオープンいたします。

 関西地区の百貨店での出店は今回が初めてとなるブリリアージュ。

 ストアブースでは、大ベストセラーの化粧下地メイクアップベース フェイスレスポンサーを使った商品のお試しや、この夏イチ押しアイテムのご紹介、ここでしか手に入らない大丸神戸店オリジナルセットの販売など、スペシャル企画や特典をご用意。この機会に是非ご来店ください。

開催期間は6月21日(水)から27日(火)まで

《オリジナルセットの販売》
 販売累計本数120万本突破した化粧下地に、美容オイル配合のパウダリーファンデーション、新作プレストパウダーで透明感のある上質なツヤ肌が完成します。さらにルージュ1色とオリジナルクラッチポーチがついた豪華5点セットをご用意しました。

■大丸神戸店限定オリジナルセット
・メイクアップベース
・パウダリーファンデーション UVスキンレボリューション GOLDISH
・プレストパウダー スキントーンブライター
・ヴェルヴェットルージュ
・クラッチポーチ

通常価格 2万7200円
特別価格 1万6800円
(※セットの他にも単品で商品をご購入いただけます)

大丸神戸店限定オリジナルセット

《ご来店特典》
■女優メイクが体験できるメイクアドバイス
アーティストによる“女優メイクが体験できるメイクアドバイス”を毎日先着5名様(およそ30分間)
わたしの肌ってこんなにキレイだった?
ベースメイクの作り方で驚くほど見違える肌作りのご提案をさせていただきます。
 

女優メイクが体験できるメイクアドバイス

■メイクアップベースのミニボトルプレゼント(※商品をお試しの方のみ)
ブリリアージュ商品のお試し(およそ15分間)をしてくださった方全員に、大人気メイクアップベースのミニボトル(2週間分サンプル)をプレゼント! 

大人気メイクアップベースのミニボトル(2週間分サンプル)

《開催期間》
6月21日(水)〜6月27日(火)

《場所》
大丸神戸店 1階中央イベントスペース(営業時間:10:00〜20:00)

《アクセス》 ・JR元町駅、阪神元町駅より南へ徒歩3分
・地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅よりすぐ

■関連リンク
大丸神戸店 ブリリアージュ ポップアップストア 告知ページ
■お問い合わせ
株式会社ブリリアージュ 電話0120-202-885(フリーダイヤル)



go to source

WOMAN EXPO TOKYOいよいよ開催!

 イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2017」が5月20日(土)~21日(日)、いよいよ東京・六本木ミッドタウンで始まります。

 まだ事前申込が間に合う講演・セッションは、下記よりお申込みください。聴講を希望されるセッションへは、事前申込をおすすめしています。

受付中の講演・セッション一覧



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ