そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

独女通信

美容のプロたちに聞いた「2017年おすすめ春メイク」

美容のプロたちに聞いた「2017年おすすめ春メイク」「ウーメディア ラボ」は美容関係の職業に従事する20〜50代女性100名に「春メイク」について調査を実施。「春は、他の季節に比べてメイクを変えたいと思う女性が多いと思いますか?」という問いに、82%が「そう思う」と回答しました。

新しいメイクにチャレンジしたくなる春ですが、「今年の春は、どのような印象のメイクが人気になりそうだと思うか」を聞いてみたところ、「女性らしい印象のメイク」(39%)が最も多い結果となり、続く「かわいらしい印象のメイク」(18%)などを大きく上回りました。

また、69%が「ここ最近、美容分野で“くすみカラー”が人気を集めていると思う」と回答。「カラーリングもくすみのある色味が提案されてきている」(33歳・ヘアメイク)「洋服も髪色も、くすみ系が人気なので、これにあわせるメイクなども自然と系統が似てくると思う」(30歳・ヘアメイク)など、“くすみカラー”が波及するという見方が強いようです。


■ “くすみカラー”のポイントは「肌づくり」と「ファッション」

取り入れるのが難しそうな“くすみカラー”のメイクですが、メイクトレンドに詳しい美容ジャーナリスト・加藤智一さんによると「“くすみカラー”は、世代を問わずに使いやすい万能色」とのこと。

「むしろ、春の定番である淡い色合いのパステルカラーのほうが、アジア人の顔立ちや、肌や目の色を考えると、実は日々のメイクに取り入れにくいという面があります」と語り、“くすみカラー”は年齢を重ねた大人にとっては肌浮きすることなく楽しむことができ、若年層にとってはオトナっぽい印象に仕上がる万能色だと仰ります。

“くすみカラー”をきれいに発色させるコツは、加藤さん曰く「肌づくり」と「ファッション」。肌が乾燥していたり、血行が悪かったりすると、“くすみカラー”というより、“本当に肌がくすんでいる印象”に成り下がってしまうとのこと。ファッションもオトナっぽく仕上げるのがポイントだそうです。

「特に3~4月は、まだ空気が乾燥していることが多いため、目もとや口もとには、まずはアイクリームやリップクリームを塗って保湿することが先決。その後に、まぶたのくすみが気になる場合はコンシーラーで除去。肌をまっさらな状態にリセットしたうえで“くすみカラー”をのせると、きれいなメイクに仕上がります」

■ シーン別「2017年おすすめ春メイク」

仕事でもプライベートでも、シーンを選ばずに活用できそうな“くすみカラー”ですが、様々なシーンに合わせたメイクをするのも楽しいもの。そこで、美容のプロたちに「シーン別のおすすめ春メイク」についてたずねたところ、下記のような回答があがりました。

・新しい職場
「派手さを抑えつつ、明るく血色感を意識したメイク」(34歳・美容部員)
「ベースメイクをきちんとして肌に清潔感を。カラーづかいは上品に」(46歳・ヘアメイク)

・春デート
「女性らしい華やかな色づかいと、リップのツヤ感を意識」(36歳・美容部員)
「ピンクやベージュなど、温かみのある色を取り入れて」(35歳・美容部員)

・飲み会
「お酒で赤くなるのでベースメイクはしっかり、でも薄づきに見えるメリハリメイク」(37歳・美容部員)
「リップなど一点強めのシンプルメイクで同性ウケも意識」(30歳・ヘアメイク)

新しい出会いも増える春。シーンにあわせたメイクも一緒に楽しみたいですね。

<調査概要>
・調査名:2017年の「春メイク」に関する調査(「womedia Labo*調べ」)
・調査期間:2017年 2月6日~8日
・調査対象:美容関係の職業に従事する20~50代女性 100名

<関連リンク>
「メイクが崩れやすくなる…」花粉症シーズン どんな工夫をしてますか?


go to source

既婚者の半数近くが「同棲経験」あり 満足度は9割近く

既婚者の半数近くが「同棲経験」ありゲストハウスウエディングを展開している、アニヴェルセル株式会社は、全国の23歳から39歳の既婚男女600名(男性、女性、各300名)を対象に「結婚と同棲」に関する調査を行いました。

ひと昔前までは世間体を気にしてか、同棲していても周囲にはそれを隠すような風潮がありましたが、実際に結婚までに同棲経験がある人はどれくらいの割合なのでしょうか? また、同棲経験のある人にとって、同棲の満足度はどうだったのでしょうか?


■ 半数近くが「同棲経験」あり

「あなたは、結婚する前に同棲していましたか。あてはまるものをお答えください」という問いを投げかけたところ、「同棲していた:33.8%」、「半同棲していた:14.7%」、「同棲はしていない:51.5%」という結果となりました。

「同棲していた」と「半同棲していた」を合わせると48.5%となり、既婚者の半数近くの方に同棲経験があることがわかります。


性別・年代別で見ると、男性が女性より、20代が30代より、同棲経験の割合が高いこともわかります。特に20代男性の割合は突出していて、「同棲していた:46.2%」と「半同棲していた:19.2%」の合計は65.4%となり、若い世代の方ほど同棲に積極的な傾向が伺えます。


■「同棲」の満足度は9割近く

そんな「同棲経験」のある方に、「同棲してみてどうでしたか。あてはまるものをお答えください」と聞いてみたところ、「とても良かった:39.9%」と「良かった:45.8%」の合計が85.7%となり、大半の方が同棲したことに満足されていることがわかります。

性別・年代別に見ても全体と大きな差はありませんが、20代女性の満足度の高さ(「とても良かった:50.0%」と「良かった:41.7%」の合計が91.7%)が際立っていました。

同棲する理由や動機はさまざまだと思いますが、同棲は結婚のシミュレーションという考え方を持っている方は、結構多いのではないでしょうか。いきなり結婚という本番に挑むより、日常を共に体験してみることで、結婚への一歩を踏み出しやすくなるのかもしれませんね。

表題  :「恋愛・結婚意識」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国23歳~39歳 既婚男女600名
調査期間:2016年3月18日~3月23日
アニヴェルセル|幸せは、祝福されると記念日になる。

<関連リンク>
同棲中のカレを「しょうがないなぁ」と許してしまう行動
「アニヴェルセル総研」第40弾、結婚意識調査 結婚の新常識!? 結婚前の同棲が急増中!


go to source

「料理ができない」よりも…男性が「別れよう」と思った原因トップ5

男性が「別れよう」と思った原因ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシ(http://www.diamond-shiraishi.jp/)は20歳~39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に、インターネットによる『新生活&プロポーズに関する意識調査』を実施。

入学・就職、引っ越しなど環境の変化が多い春は、出会いの季節です。男性は出会って気になった女性には、どんな行動をとってしまうのでしょうか? 「あなたが気になる異性に取ってしまう行動として当てはまるものをお答えください」という問いにはこんな回答が集まりました。

■ 男性が気になる異性にとってしまう行動

1)チラチラ目で追う(30.4%)
2)用がなくても話しかける・連絡をする(25.6%)
3)ボディタッチ(22.4%)
4)頻繁に会うきっかけをつくる(19.6%)
5)頭ポンポン(19.2%)

以降、「わざと意地悪をする(17.2%)」「他の人に見せない笑顔(16%)」と続きます。これらの行動をされていると感じたら、脈ありかもしれませんよ。

また、春は別れの季節でもあります。男性は女性のどんなところをみて「別れよう」と思うのか。「別れる原因となった相手のダメだったところをお答え下さい」という問いには、こんな回答が集まりました。

■ 男性が「別れよう」と思う原因トップ5

1)時間にルーズ(30%)
2)お金にルーズ(25.5%)
3)自己中心的(25.5%)
4)異性関係にルーズ(21.8%)
5)浮気性(15.5%)

他にも選択肢としてあった「料理ができない(10.9%)」「掃除ができない(10.9%)」「お酒(9.1%)」よりも、「時間やお金にルーズ」だったり「自己中心的」であることが、別れる原因としては大きいようです。6位以降は「嘘をつく(12.7%)」「優柔不断(11.8%)」と続いていることからも、カップルになったからといって慢心せず、「親しき仲にも礼儀あり」を心がけるのが良さそうですね。

また、同アンケートではお付き合いが長続きする秘訣も調査。日常的に「ありがとう」をきちんと伝えているカップルは約8割にのぼり、そのうち約7割は、交際が2年以上続いていることが判明しました。お互いに感謝の気持ちを伝え合うことも、お付き合いが長続きする秘訣のようです。


<関連リンク>
「絶対ナシ」だった相手が恋愛対象になったきっかけは?

ラブラブカップルの長続きの秘訣教えます!合言葉は「ありがとう」 新生活&出会いの季節。春の新生活をHAPPYに! 男女別で見る、気になる相手にとってしまう行動5選をランキングで発表!




go to source

働くアラサーの理想は「上品で洗練されていて、がんばりすぎない」女性

メーキャップブランド「マキアージュ」(資生堂)では「アラサー女性の今」をテーマに25〜34歳の働く女性500名を対象とした調査を実施。

「20代前半の頃と今の自分では『女性として魅力的な部分』に違いがあると思う?」という問いに、6割超の女性がそう思うと回答し「落ち着き」や「余裕」が新たな魅力だと捉えていることがわかりました。


「昔は若さを武器にしていたが、今は知識や経験が魅力になっていると思う」(34歳)
「時間やお金による“大人の余裕”が出てきた気がする」(32歳)
「前までは自分のことばかり考えていたけれど、今は相手のことも思いやり、気遣えるようになった」(27歳)

などの声があがりました。

働くアラサーの理想は「上品で洗練されていて、頑張りすぎない」女性また、「自分が考える“理想の女性像”にも変化があるか」という問いに約6割の女性が変化があると回答。

「『現在』目指しているイメージとして、当てはまるものは?」という問いでは「シック(上品で洗練されている)」「エフォートレス(がんばりすぎない)」がツートップとなりました。



具体的な“理想の女性像”については、

「年齢を重ねても若作りをし過ぎず、自然な美しさがある人」(33歳)
「作り込みすぎず、上品さと自然体のどちらも感じられる女性」(26歳)
「上品さと、ちょっとした色気があり、それを自然に身にまとっている女性」(28歳)

など、かわいらしさを追い求める20代前半の頃とは異なり、上品で洗練されており、かつがんばりすぎていない女性を目指している様子が伺えます。

<関連リンク>
アラサーからアラフォーになる中で変わる4つのこと

MAQuillAGE|資生堂


go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ