そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

恋愛ユニバーシティ

夏限定の胡粉ネイル「あめちゃん」シリーズが今年も出るよ♪ 新色「れもん」が胸キュンなかわいさです!

夏限定の胡粉ネイル「あめちゃん」シリーズが今年も出るよ♪ 新色「れもん」が胸キュンなかわいさです!

昨年、京都の絵具店・上羽絵惣から期間限定で登場した胡粉(ごふん)ネイルの「あめちゃん」シリーズ。昔ながらのキャンディーみたいな色合いと、ほんのりとした透け感がチョーかわいかったわけです。

その「あめちゃん」シリーズが、今年も期間限定で販売されています。新色も仲間入りしていて、夏の指先をとってもキュートに彩ってくれそうなラインアップなのです。

【夏にぴったりの「あめちゃん」シリーズ】
8月31日まで、上羽絵惣の公式サイトなどで販売される「あめちゃん」シリーズ。ラインアップは昨年から引き続き、「おりんご」、「さくらんぼ」、「あんず」、「めろん」、「ラムネ」、「ぶどう」、そして新色「れもん」の7色です

「れもん」は、ふんわりとしていながらも元気をもらえそうな明るい色合いです。パッと目を引くポップな夏カラーで、塗るだけでぐんぐん夏気分を盛り上げてくれる予感!

リンゴ飴みたいな「おりんご」もいいし、メロンソーダみたいな「めろん」もいいし、青空みたいな「ラムネ」もいいな……どれもこれもなんだかおいしそうなんだもん! いずれも数量限定で、価格は各1300円(税込)となっています。

【気軽に塗ってお出かけ♪】
なお、胡粉ネイルは、原料の一部に日本画の顔料である胡粉(ホタテ貝殻の微粉末)を使った水性ネイルだそうです。マニキュア特有のニオイがなく、速乾性と軽い塗り心地が特徴なのだとか。消毒用アルコールでも落とせるそうなので、気軽にいろんな色を塗ってみたくなるかもですネ!

参照元:プレスリリース胡粉ネイル「あめちゃんシリーズ」
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る

●関連記事

[記事リンク]



go to source

彼氏とも親友ともずっと仲良しでいたい♡ 友達と疎遠にならないためのコツ

彼氏ができた途端に疎遠になる友人っていませんか? フリーになると、やたらと連絡してきて仲よくしてたのに、彼氏ができれば、また疎遠になって……の繰り返し。
彼氏ができても、友人とは疎遠になることなくほどよい距離で仲良くしていたいですよね♡ 今回は、彼氏ができても親友と仲良くするコツをご紹介いたします。


1.友達とこまめに連絡をする


彼氏ができた途端に彼氏優先の生活になるのは、どうしても仕方がないこと。
特に二人の関係性が安定するまでは、一緒に過ごすことでお互いの嫌な部分もいい部分も知って仲を深めていく時期でもあります。

彼氏ができたことを悪い、申し訳ないと思う必要はなく、あくまでも友達を放っておかなければいいのです。たとえば「今度○○のイベントあるんだけど一緒に行かない?」と、情報を共有して先々の予定を決めておくだけでも友達から距離を置かれずに済むでしょう。ただし、当日になってドタキャンしないように!

2.友達のSNSに反応しよう


会えていない時間、お互いにどう過ごしているか気になっているでしょう。
もし彼女がSNSを更新したときは、友達としてちゃんと反応ししましょう♡ もちろん「義務」のように毎回いいね!を押さなくても、がんばっている様子が伝わってくるものに関しては反応することによって、見守られていると思えるでしょう。

常にべったりと過ごすだけが友人ではありません。本当の親友なら距離ができてしまっても、なんとなく会う関係が続いていくでしょう。


3.彼氏を理由に友達との約束をドタキャンしない


彼氏ができた途端にドタキャンの連続。これだけは友人に対してはやってはいけないことです。どんなに彼との時間がほしくなっても、何度も同じことを続けているうちに、本当に疎遠になっていくでしょう。

友人との予定を立てた以上は、体調不良以外の用事では基本的に断らないこと。きっとどんなに理由を取り繕っても、彼氏を優先したことはバレバレのはずです。

4.のろけ話は控えめに


親友にまだ彼氏ができていない場合、どんなに友達期間が長くても、彼とののろけはあまり話すべきではないでしょう。

親友にも彼氏がいて、お互いにどんなことで悩んでいるのかを共有するのと、一方的にシングルの友人に愚痴をこぼすのとでは、まったく状況が異なります。

彼氏とのおのろけは、基本的に控えること。友人を失いたくないなら、むしろ彼女が今、どんな人を好きになっているのか、出会いがあるのかを聞いてあげましょう。


いかがでしたか?
彼氏ができても親友と仲良くしたいなら、いきなり彼氏優先の生活に切り替えないことです。どんなに彼氏との関係性が居心地よくても、今まで支えてきてくれた相手をいきなり突き放すと、そのまま疎遠になりかねません。

彼氏との時間も楽しみながら、親友ともときどき会って楽しい思い出を増やしましょう!
(山口 恵理香)

[記事リンク]



go to source

こじはるも愛用♡ インスタ映え抜群な“文字入りストローハット”をDIY【動画】

夏といえばストローハット♡ とくに、海外のインスタグラマーや小嶋陽菜さんをはじめとするモデルさんのSNSでも度々登場するのが“文字入りストローハット”です! 

Haruna Kojimaさん(@nyanchan22)がシェアした投稿 - 2016 6月 25 2:04午前 PDT


しかしお店や通販で見かけるものの、完売していたり、お値段が高かったり、オーダーできるものは海外サイトだったり……と手に入れるのが難しい! でも実は、自分で作るととーっても安く簡単に出来ちゃうんです! 



今回は、文字入りストローハットの作り方をご紹介したいと思います♡

文字入りストローハットの作り方♡




用意するもの



・ストローハット 
・チャコペン
・スパンコール (今回は3本使用しました)

作り方


(1)チャコペンで文字を下書きをします
(2)木工用ボンドでスパンコールを貼っていきます
(3)始点と終点をかるく縫ったら完成です

私の場合、通販の帽子1900円+セリアのスパンコール紐3本で、2500円を切る安さでした! 自分で作るとコストが抑えられるだけでなく、好きな文字や色が選べたり、ワッペンなどをつけてオリジナル感も出るのでおすすめです♡ 

おすすめなプチプラ“ストローハット”






みなさんもこの夏のお供に、ぜひ作ってみてね♡
(nano)

Haruna Kojimaさん(@nyanchan22)がシェアした投稿 - 2016 6月 25 2:04午前 PDT

[記事リンク]



go to source

夏太りしちゃうのは"冷え"のせい!? 今すぐ始めたい簡単温活美容法

ついつい冷たい食べ物や飲みものをとってしまったり、室内では冷房に当たったりと、暑い夏の体は寒さで悲鳴を上げています。「冷えは万病のもと」と東洋医学でもいうように、体を冷やすことは百害あって一利なし。夏太りの原因も実は冷えのせいという場合も!

夏の冷えの原因って?



暑い夏は意識していなくても、冷たい食べ物や飲み物をとりがち。それだけでなく、エアコンの効いた室内にいることが多いですよね。これらはすべて、夏のダメ習慣。女性は筋肉量が少ないので、男性に比べてもともと冷えやすいと言われています。そのため体を冷やすダメ習慣を続けていれば、知らず知らずのうちに、外は暑くても体内は冷え冷えという状態になってしまうのです。

冷えが体に与える悪影響は?


体が冷えると血液がドロドロになり、栄養や酸素が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。また、老廃物も体に溜まってしまい、デトックスできない状態になってしまいます。その結果、気づけば女性にとって怖い、代謝の悪い痩せにくい体に……。
他にも肩こりや頭痛を招き、常に体が疲れやすくなったり、肌がくすんでしまったりと、美容面では肌荒れにも影響するんだとか。また生理痛がひどい方も、もしかしたら冷えが原因かもしれません。

夏が特に冷えやすい環境にあること、また体が冷えることで起きる悪影響をわかっていただけましたか? 今回は、夏の冷えを解消する簡単な美容法をご紹介します。

美容家直伝! 夏の温活美容法


1. 朝イチに白湯を飲む



白湯とは、水を沸かしたもの。さらに厳密にいうと、やかんで10~15分沸かした水を指します。水をしっかり沸かすことでカルキなどの不純物が除去され、口当たりがまろやかになるのです。手軽に始めたい場合は、ケトルで沸かすのもおすすめです。朝、起きぬけに白湯をコップ1杯飲むことで、内臓から温まり血行が良くなります。それだけでなく代謝もUPするので、ダイエット効果や体内のデトックス効果も期待できます。
はじめは「おいしくないな」と思うかもしれませんが、まずは1カ月続けてみてください! 続けているとほんのり甘みを感じるようになります。とっても簡単な温活ですので、今日からぜひ始めてみてくださいね♡

2. しっかりお湯につかる


暑い夏はついついシャワーですませてしまいがち……。しかし、お湯につかると全身の血行がよくなり、新陳代謝を促進して体温を上げることにつながります。暑いからシャワーだけですませてしまうと、体を冷やし血行を悪くすることになってしまいます。
温活におすすめの入浴法は、半身浴よりも体全体をしっかり温めることができる「全身浴」。38~40℃のぬるめのお湯に15分ほど浸かりましょう! 個人的には、お気に入りの入浴料とともにお風呂に入ると気持ちもリラックスができるので、一石二鳥です♡

こんなアイテムがおすすめ



3. 体を温める食材を取り入れる


中医学の視点から見ると、食材はそれぞれ「温めるもの・冷やすもの・どちらでもないもの」に分けられます。夏に旬を迎える食べ物は比較的体を冷やすものが多いと言われるので、食べ過ぎには注意しましょう。

そこでおすすめなのが、体を温める食材もバランスよく取り入れること。体を温める食材の見分け方のポイントは「冬に旬を迎えるもの」かどうか。具体的に言うと、「にんにく・唐辛子・生姜・かぼちゃ・にら・納豆、鮭」などがあたります。
また、夏でも飲み物だけは温かいものもしくは常温のものを選ぶようにしましょう。特に黒豆茶、ウーロン茶、シナモンティーなどがおすすめです。



夏は冬と違って体の冷えを意識することが少ないあまり、私たちの体は何かと“冷え”にかもされています。冷えをそのまま放置していると、健康にも、美容にも、ダイエットにも大敵です。ぜひこれを機に、日常生活の中でできる簡単な「温活美容」をぜひ始めてくださいね♡
(濱田文恵)

[記事リンク]



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ