そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

トピック

こんなカップルなら長続き間違いなし♡ 彼氏との関係性を再チェック!

この夏彼氏ができた人の中には、できるだけ長く彼と付き合いたいと思っている人もいるでしょう。そこで今回は、長続きするカップルの秘訣についてご紹介します。

1.「ありがとう」をちゃんと言えるカップル



これはよく言われていることですよね。感謝し合える関係は、長続きするということです。そもそも、カップルに限った話ではなく、仕事における人間関係も、ご近所付き合いも上手くやっている人は感謝を大切にしています。

なぜ感謝すると、人間関係が上手くいくの?


理由については、いろんな人がいろんなことを述べています。たとえば、言葉が持つ波動からその理由を説く人もいます。「ありがとう」という言葉はいい“波動”を持っているので、「ありがとう」と言えば言うほど、お互いの“気”が良くなるという、少々マニアックといえばマニアックな理由です。
もっと一般化して言うなら「言霊」、つまり言葉に宿る魂を意識しつつ言葉を使わないと、私たち人間は簡単にケンカする関係になってしまうということでしょう。

2. ほどよく刺激を与え合えるカップル


去年も今年も、ずっと二人は同じことをやって同じ話をしているというのでは、当然二人の関係に飽きがやってきます。たとえば今年は彼女がミュージカルにハマり、来年は彼がサッカーにハマる、そして彼は彼女からミュージカルの魅力を学び、彼女は彼からサッカーの魅力を学ぶ……という感じで、お互いに刺激し合える関係は長続きします。

お互いから“学び”を得よう


人は誰でも、知的好奇心がある程度満たされないと、自分で自分に飽きます。引いては、相手に飽きてきます。だから長続きしているカップルは、二人で新しいこと、たとえばジョギングを始めたりするのです。あるいは彼女が資格試験の勉強を始め、そういう頑張っている彼女の姿勢に彼が触発されて、彼も会社の昇進試験にチャレンジするようになるということになります。
「学ぶ」という言葉はカタいですが、カップルでお互いに何かを学びあう……こういう姿勢って、案外恋を長続きさせるのです。

3. 相手に見返りを求めないカップル



若いとどうしても「私はあなたのことをこれだけ愛しているのだから、あなたも私のことをもっと愛してよ」と思うかもしれません。でも、長続きしているカップルは「相手に多くのことを見返りとして求めない」のです。

あなたが彼に尽くす動機って?


これは、相手に期待しないということではありません。彼に何かを期待しつつやってあげても、それはそれで構わないのです。でもそこで「私がこれだけやってあげたのだから、同じだけの何かを返して欲しい」と思ってはいけません。

彼のことが好きだから、自然と彼にやってしまうことってありますよね? たとえば、彼のおうちに行ったらご飯を作ってあげるとか。そういう、自然にやってしまうことを、ただ積み重ねるといいのです。そこには純粋な「奉仕」があります。あなたの奉仕が純粋なら、彼も自然と彼女の好意に報いようとします。こういう「利益度外視の行為(好意)」のキャッチボールが、長続きの秘訣です。

4. エッチの回数が多いカップル


エッチの回数が多いカップルは長続きする、という調査結果もあります。エッチって、単純にエロいことというだけでなく、言葉では埋められない心の隙間をほどよく埋めてくれる行為です。
だから、したければ彼女から「したい」と言うといいのです。言うのが恥ずかしいと感じる女子もいると思いますが、それって好きな人に好きと言わないのと同じでもったいないことです。
「エッチしたい」と言うのが恥ずかしいのであれば、キスするといいです。キスの回数が多いカップルも長続きするそうです。

5. 相手をどこかしら尊敬しているカップル


夫婦の関係って、相手に対する尊敬がないと長続きしないとも言われています。夫婦において、母親という存在は絶対に必要です。子どもができれば、母親がいないとちょっと厳しいですよね。でも父親は……必要? 動物にオスはいても、父親はいません。父親がいるのは人間だけなんだそうです。

結婚前のカップルも同じです。お互いに自分にないものを持っているわけですから(つまり「いいところ」があるわけですから)、そこをちゃんと尊敬することです。相手に対する尊敬の念があれば、そう簡単にその関係はダメになりません。



いかがでしょうか。
まずは、感謝することからはじめてみてはいかがでしょうか? 「ありがとう」という言葉って、自分がある程度心穏やかでないと出てこないと思います。そして彼に発した「ありがとう」は、彼に言っている言葉でありながら、自分にも言っているのです。

「“ありがとう”と素直に感謝できる私ってステキ!」……“ありがとう”と言う人は、無意識にこう感じているのだとか。自分のことをステキと思えたら、その人はますます自分で自分のことが好きになります。自分のことが好きな人は、相手から大切にされます。長続きの好循環が生まれるのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)

[記事リンク]



go to source

テディベアみたいな子猫に世界が悶絶! くるくるのカールヘアが愛おしすぎます

「こんなにカールした毛の猫、今まで見たことない」

こちらのつぶやきとともにユーザー@meanpIasticさんのツイッターに投下された子猫の画像が、ネットで大変な人気を集めている様子。

リツイート数6500超、「いいね」の数1万8000超を集めたのも、画像を見れば誰もが納得するはずです。だって子猫ちゃんのほんのりオレンジがかった毛、テディベアみたいにクルンクルンなんですもの……!

【巻き毛は「地毛」のようです】

短くカットされたかのような毛並みは見事にカールしていて、触れたらとっても柔らかそう。この子猫の画像を見た人がコメントを寄せていて、「おそらく縮れた毛を持つ猫のセルカーク レックス(Selkirk rex)ではないか」と書いています。

海外サイト「The Dodo」によると、セルカークレックスの歴史はまだ浅く、ルーツは1987年にアメリカ・モンタナ州で保護されていた1匹のメス猫、ペストとされているそうです。

ほかの兄弟猫はストレートな毛並みだったにもかかわらず、ペストだけは美しい巻き毛を持っていました。そんなペストを引き取ったのは繁殖家のジェリー・ニューマンさんで、新種が生まれる可能性を感じた結果、黒いペルシャ猫との交配を試みたのだそうです。

そうして生まれてきた6頭の子供たちのうちの3頭が、ママ譲りの見事な巻き毛に。その後何度か別種との交配を経て、セルカークレックスという品種が生まれたんですって。

【「プードル猫」とも呼ばれているんだって】

外見がそっくりなことから、 “プードル猫” という愛称が付けられているというセルカークレックス。まさに猫とワンコのいいとこどり!といったビジュアルなので、世界中の人々がメロメロになっちゃうのもわかる気がするわ~♡

参照元:Twitter @meanpIasticThe Dodo
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼動くぬいぐるみ~!



go to source

イケメン選手に夢中!? スポーツ観戦中に彼女がした許せぬ言動3つ

1:選手に「格好いい!」を連発

まずはバスケットボールが好きなプログラマーのT君。

「高校時代から大好きだった女性と一緒に、プロバスケットボールの試合を見に行ったときのこと。社会人になってからちょっとずつ距離が近づいていて“そろそろ告白!”という頃だった。

彼女も俺も元バスケ部。二人共すごく楽しみにしてたんだけど、試合が始まるやいなや、俺なんてほぼ無視で、好きな選手に

“格好いい~!”

を連発。俺のこと見向きもしないしで、完全に恋が終わった……」

自分を一番格好いいと言って欲しい

相手がスポーツ選手であれ芸能人であれ、男なら彼女から“一番格好いい!”と思われていたいもの。

好きなスポーツなら尚更気合が入ってしまうのは無理もありませんが、彼の前で他の男性を褒めすぎるのには注意が必要です。

 

2:好きって言ってたのに……ルール知らなすぎ!

続いて、元ラガーマンのS君。

「当時付き合い始めたばかりの彼女と、うちでラグビーの試合を見ていたときのこと。僕が大学時代にラグビーばかりしていたのを知ってるし、彼女も

“ラグビー、格好いいし好き!”

と言っていたので二人で楽しめると思っていたんだけど……。

いざ試合が始まってみると、正直全然ルール分かってない。どうしたらスコアになるのかも分かっていなくて、ちょっとがっかりした」

「教えてくれる?」で解決

彼に合わせて大して好きでもないスポーツを「好き!」と言ってしまったのなら、素直に「ルールがあまりわかってないかも。教えてくれる?」と彼にお願いしましょう。

何かを教えてあげるのが大好きな男性諸君は、きっと優しく手ほどきしてくれることでしょう。

 

3:大事なところで話しかけないで!

最後は、今でもテニスを楽しむという筆者の友人M君。

「今でも週2でやっているテニス。試合となればかなり本気で見てしまう。彼女も一緒に見たいって言うからOKしたんだけど、試合の大切なところで

“今どういう状況? アドバンテージって何?”

とかしつこく聞いてくる。正直、一緒に観るのが辛い……」

彼が本気で見ているときはそっとしておこう

スポーツ観戦が好きな男性って、観戦中はまるで自分がコートに立っているかのごとく入り込んでしまうもの。

話しかけても反応が薄い場合は、そっとしておきましょう。

 

いかがでしたか?

うまくいけば素敵なデートになるスポーツ観戦。彼が好きなスポーツを一緒に楽しめれば、彼との距離もぐっと縮まります。

わからないことは彼に教えてもらいながら、楽しい時間を過ごしてくださいね。

 



go to source

幻滅…それしたらフラれるかも!? 食事中の彼女のNG行動3つ

お食事中のNG行動とは……

(1)ミルクを入れて混ぜた後のスプーンを舐める

コーヒー、あるいは紅茶がお食事の前後に出てくることは、よくあります。

あなたはミルクや砂糖は入れる派ですか?

もしもそうなら……入れて、スプーンでかき混ぜた後に、ついついやっていませんか?

ぺろりん!って。

自宅では、マグカップに砂糖などを入れてスプーンで混ぜると、スプーンを置く場所がなかったり、テーブルが濡れるのがいやなので舐めてしまう……。

自宅なら良いというわけではありませんが、そんな一人のときのクセが、デートでも出ると、目の前で見ている相手は「汚い!」と思ってしまうかも。

このクセの怖いところは、下手に“舐める”という行為を彼に見せつけることで、男性にエッチな妄想をさせてしまうこと。

スプーンを口から出し入れするわけですから、男の人から見るとちょっとエッチな行為に見えるのですが、それが「汚い!」という印象と絡まってしまい、あなたとの行為=「なんか汚そう……」を想像してしまうリスクまでも

こうなったら恋愛としての未来は完全に終わっていますよね。

家でよくやっているという人は、普段から、スプーンを使う飲み物には小皿を用意するなどのクセをつけたほうがGood。

出先でのコーヒーや紅茶には、大体ソーサーがついてきますので、軽く液体を切ったらソーサーに戻すようにしましょう。

 

(2)好き嫌いがあった時は隅に避けて残す

食べ物に好き嫌いがありますか?

頼んだお皿に嫌いな食材が入っていたら……その食材だけ隅に避けて、残そうとするのは、あまりスマートなやり方ではありません。

人は自然と、食べ物の好き嫌いをする人を見て、「この人、ワガママなのかな」と連想してしまいます。

これは心理学で言う、“好き嫌いの心理”。好き嫌いは、表現できる人と、そうでない人とがいます。

これは食べ物にしても、人にしても同じで、食べ物を嫌いだと表現できる人は、人に対しても自分が相手を気遣って適応しようとするのではなく、相手を排除することで不快感を避けようとします。

よく言えば、ハッキリ自分の意志を表現できる人ですが、悪く言えば、結婚後も姑のことなども、あしざまに罵ることができる人。

賢い男性はそれを知っていて、好き嫌いをする女性は本能的に避けたいと考えるのです。

ちなみに、男性の中でも、きちんと育てられている人は「好き嫌いはいけない」「残すのは作った人に失礼」と教えられている場合が多く、好印象は与えないでしょう。

反対に、男の子だから多少お行儀が悪くても、残しても良い……というように育てられている場合は、彼自身があなたが作った食事に、同じことをするかもしれませんね。

その場合は、好き嫌いをする男性自身が、彼女の親を堂々と批判し波風を立てるタイプであるかもしれないことを考慮しておきましょう。

 

(3)テーブルに肘をついて食べる

あなたは、片手でお箸を持って食事をしながら、反対側の肘をついつい、テーブルについていませんか?

あるいは、お箸を持つ側の肘をテーブルにつけたまま、お茶碗から口へご飯を運んだりしているかも……!?

左右どちらの肘も、テーブルにはつけずに食べるのがマナー。

テーブルに肘がついていると、自然と背中も丸まって猫背になっている可能性が高まります。

自分の姿勢を、客観的に見直してみてください。

肘をつけるのも、猫背で食べるのも、マナー上、それが良くないと知っている男性から見ると非常に違和感。そればかりではなく心理学的に、相手に「頼りない」「情けない」という印象を与える姿勢です。

このような印象を与えますので、猫背の女性は男性詐欺師のターゲットになりやすいという現実も……。

恋愛面で好印象でないばかりか、相手が悪ければだまされてしまうかもしれませんよ!

 

食事は毎日のことだから気にすべき!

気になる男性と一緒に食事へ行くことになったら、普段気にしていない何気ない行動も、なんだか気になったりしますよね。

特に食事というものは、結婚するとたいてい毎日、共にします。

相手がどんなに笑顔がいっぱいで、性格が優しい、理想通りに思えたとしても、食事のシーンに違和感を覚えてしまうと、その後の長い時間を一緒に過ごす自信はなくなってしまうことでしょう。

もしも、思いあたる節があるなら、今からでも注意してみて!

また男性が女性の、こんなところに幻滅する可能性があるのと同じく、女性の側も男性のお行儀の悪さにがっかりすることがあるかもしれません。

それは、小さい頃から積み上げてきたその人、その人の“常識”ですので、大人になってから変えていくのはなかなか難しいことを知っておきましょう。

教えてあげればそのうち変わるよね……と最初は思っても、変化が見られないようなら、あなたの違和感を見逃すべきではないのかも!

 



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ