そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

Pouch[ポーチ]

【なぜ作った】主役はあくまで「刺身のたんぽぽ」!? 魚屋がびっくりしそうなリアルすぎるストラップが誕生しました

スーパーなどで販売されているお刺身によく添えられているのが、大根で作られた “つま” 、そしてです。色や形状からよく “たんぽぽ” と間違える人がいますが、アレは菊ですので……!

菊は食用で、付属されているわさび同様に “薬味” として添えられている場合が多く、殺菌作用があるともいわれています。

お刺身とは「切っても切れない仲」ともいえる菊。双方を大胆にもストラップにしたカプセルトイ「お刺身とたんぽぽ ストラップ」(全6種 / 1回300円)が、2018年3月8日から発売されるそうなんです。

【主役は刺身じゃなくて「たんぽぽ」です!】

手がけているのは、「コップのフチ子」シリーズでおなじみのキタンクラブ。菊ではなくあえて “たんぽぽ” と銘打っているのは、そのように呼ばれることが多いから~!

このストラップの主役はあくまで “たんぽぽ” です。

そのためお刺身と “たんぽぽ” のモチーフがセットになっているにもかかわらず、立体的に作られているのは “たんぽぽ” のみ。お刺身はアクリルプレートになっておりまして、あくまで “たんぽぽの彩り” に徹しているんです。

【無駄にリアルだな…】

しかしながら「徹底的な作り込み」には定評のあるキタンクラブですので、菊のほうはもちろんお刺身のほうも、そのビジュアルは本物そっくり。お腹がすいてぼ~っとしていたらうっかり口に入れてしまいそうなクオリティーでして、技術の無駄遣いがスンゴイ(失礼)!

【マグロにしようか、それとも金目鯛にしようか】

気になるラインナップは、刺身の王道「マグロとたんぽぽ」に、子供に大人気の「サーモンとたんぽぽ」

渋めのセレクトにグッとくる「金目鯛とたんぽぽ」、キュートな見た目の「甘エビとたんぽぽ」、ぷちぷちな質感がリアルな「イクラとたんぽぽ」。そして最後のひとつは、お刺身ではなくなぜか薬味をフィーチャーした「シソの葉とたんぽぽ」~!

「なせ、シソ?」」と首をひねるのは1人や2人じゃなさそうですが、シソの鮮やかな緑は “たんぽぽ” の黄色と相性抜群。春を思わせる色のコントラストは文句なしに美しいので、案外アリっちゃアリなんですよ。

ブランドもののバッグに付けるという “ハズしテク” を取り入れれば、親近感と好感度をあわせてゲットできるかも? 斜め上のオシャレを楽しみたいというあなたは、さっそくチェックしてみてください☆

参照元:プレスリリース、KITAN CLUB
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「マグロとたんぽぽ」

▼「サーモンとたんぽぽ」

▼「金目鯛とたんぽぽ」

▼「甘エビとたんぽぽ」

▼「イクラとたんぽぽ」

▼「シソとたんぽぽ」

▼なんなんだこのセンス(最高)



go to source

上野動物園のハシビロコウ先輩「シュシュ・ルタンガ」が死亡…悲しみの声がネットに溢れる

上野動物園の人気者といえば、ハシビロコウ。 “ハシビロコウ先輩” と呼ばれ親しまれていますが、ウェブサイト「東京ズーネット」によれば、2018年3月1日にオスの「シュシュ・ルタンガ」が亡くなってしまったそうなんです。

東京ズーネットによると、死因は、動脈硬化と感染症による心不全。1月下旬から右脚裏に出血が見られ、治療をおこなっていたものの、2月中旬には関節部に炎症が生じて脚を引きずるように。一時的に元気を取り戻すも、3月1日17時45分に息を引き取ったそうです。

【孤高の存在でした】

「シュシュ・ルタンガ」は2007年6月21日にドイツのフォーゲルパークから来園。野生由来の個体で、年齢は推定23歳以上とのこと。

他の個体に比べると人に慣れない性格で、女性に向かってくることもある気の強い一面もあったよう。これまでメスたちとの同居を試みてきたものの、繁殖には至らなかったそうなんです。

【悲しみの声が続々】

上野動物園は「3月2日から3月4日までの3日間、ハシビロコウ舎前に献花台を設置します」と公式ツイッターに投稿。週末と重なったこともあり、最後のお別れに来園した方も少なくなかったようです。

4日の閉園後、上野動物園は「シュシュ・ルタンガの献花台にたくさんのお花をいただき、ありがとうございました。火曜日以降にお花をお持ちいただいた方は、東園・動物慰霊碑までお願いいたします。」とツイートしています。

「シュシュ・ルタンガ」の死去を伝えるつぶやきは7800以上リツイートされ、「大好きだったので、悲しいです」「かっこよかったな」「ショック……会いに行けばよかった」「もう逢えないと思うと寂しいな」「いつも楽しませてもらい、また、和ませてもらいました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」など、死を悼む声がたくさん寄せられています。

【ハシビロコウたちに会いに出かけよう】

上野動物園に暮らすハシビロコウはオス1羽とメス3羽の、合計4羽となりました。暖かくなってきたことですし、「シュシュ・ルタンガ」のことを思い出すため、そして残されたハシビロコウたちに会うために、出かけてみるといいかもしれません。

「シュシュ・ルタンガ」のご冥福をお祈りいたします。

参照元:東京ズーネットTwitter @UenoZooGardens
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼今までたくさん、ありがとうね



go to source

【遠征民必見】巨大な手が頭をしっかりホールドする「ネックピロー」が画期的 / 移動中の睡眠を快適にしてくれます!

学生さんたちにとって、3月は春休みシーズン。この機会に長期の旅行に行く人も多いのではないでしょうか? さて、旅行に移動は付きもので、車、電車、飛行機など手段はさまざまですが、 “寝るときの頭の位置に困る” ことって多くありませんか。

首元につけるドーナツ型のネックピローは定番だけど、なんかしっくりこない。そんな人たちのために作られたのが、巨大な手の形のネックピロー「モンペール(MonPère)」

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で約3倍の支援額を集めた人気のアイテムで、現在は「Indiegogo」で支援を募集しているんです。

【見た目がちょっとアレだけど…】

細長い枕の両端に、大きな手が1つずつ付いたようなビジュアルが、実に奇妙。はじめ見たときはギョッとしてしまいますが、使用している様子を見ると、なかなかどうして便利そう~!

枕自体がぐにゃぐにゃと曲がるので、姿勢にあわせてかたちを変えることが可能。体に巻き付けるようにして横から首を支えたり、顔の真正面に手のひらが来るようにすれば突っ伏して眠ることもできちゃう……といった具合に、フレキシブルなんです♪

【ほどよい弾力でいい眠りを】

素材は柔軟性のあるシリコン製。枕が体全体をハグするように支えるので、首や背中の痛みも緩和し、ほどよい弾力が快適な睡眠へと導いてくれます。

カバーは洗えるから衛生的だし、軽量なので持ち運びもラク。くるくるっと丸めてしまえばコンパクトになるので、旅の道中の邪魔になることもないでしょう。それどころか、抜群の存在感によって、寂しささえも埋めてもらえたりして!?

【年齢問わず使えて◎】

子供から大人まで幅広~く使える「モンペール」は、「Indiegogo」で109カナダドル(約9000円)から支援することができます。旅行だけでなくオフィスでの仮眠にも役立ちそうなので、良き相棒としておひとつ、いかがでしょうか♪

参照元:KickstarterIndiegogoYoutube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼インパクトあるビジュアルだけど…見慣れると愛しく思えてくるかも?

▼畳むのも簡単☆



go to source

「空になったワインの箱で恋人作ったよ!」まさかの “ワインボックスの恋人” と暮らす男性がラブラブすぎて羨ましい!?

「ボーイフレンドがいないから、ワインボックスで自作してみたよ」

自身のツイッターとインスタグラムにこのようにコメントしていたのは、アーティストのマイケル・ジェイムス・シュナイダーさん。

添えられた写真には、マイケルさんとワインボックスでできた人形のようなものが写っていて、一緒に料理をしたり買い物に行ったり、ベッドを共にしたりと、とにかくラブラブ(?)なんです。

【辛いとき、そばにいてくれたワインの空き箱が…恋人に!】

マイケルさんは海外サイト「Mashable」のインタビューに対し、 “ワインボックスの恋人” について次のように答えています。

「数年前、僕は大きな別れを経験した。自分を慰めるためにワインをたくさん飲んで、どうにか乗り越えたんだ。空になったワインボックスで恋人を作る作業は、悲しくておかしくて、ほんの少し甘い時間だね」

【「お似合いのカップル」に見えてくる不思議】

マイケルさんはまた、「一見安っぽく見えるかもしれないけれど、( ワインボックスの恋人 に)理想のカップル像を見出せると思う」とコメント。

「鼻にパスタソースをつけたまま料理したり、スーパーで買い物しながら一緒にカロリーについて心配したり……ってことを、わたしたちは暗に望んでいるのかも」と話していて、たしかにそのとおりかも~!

ワインボックスの箱で作られた恋人の姿はたしかにチープで奇妙でもあるけれど、カップル写真には愛が溢れていて、「ナイスカップル!」と叫ばずにはいられなくなるんです。

【人間味さえ感じてしまうのはわたしだけ?】

マイケルさんのツイッターには「おめでとう!」「素晴らしい。もう1人で飲まなくて済むわね」「ボクのヒーロー」「これほしい」「わたしの夫と交換して」といった具合にコメントが殺到。中には「末長く続いていく関係性」というメッセージもあって、なるほど、言い得ています!

箱さえ壊れなければ、これから先もず~っと一緒♡ マイケルさんの愛情がたっぷり込められているせいなのか、 “ワインボックスの恋人” を見れば見るほど、愛着が湧いてくるから不思議だわ(笑)。

参照元:Twitter @BLCKSMTHdesignInstagram @blcksmthMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼めちゃくちゃ楽しそう~~~



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ