そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

Pouch[ポーチ]

「イモ女だと思って甘く見てると、痛い目に合うわよ」すっぴん女子が一瞬で美女に変身するビフォーアフター動画が大流行


中国のネットユーザーを中心に爆発的な流行を見せているのが、その名も「カルマズビッチ・チャレンジ(Karma’s a Bitch Challenge)」。ほぼすっぴんの “冴えない” 状態から、一瞬でフルメイクの美女へと大変身するMV風動画が、SNSにあふれかえっているんです。

海外サイト「Teen Vogue」によれば、「カルマズビッチ・チャレンジ」という名前の由来は、人気ドラマの登場人物が発するセリフからきているとのこと。

Netflixでも配信中のアメリカのドラマ『リバーデイル シーズン2』第6話に出てくる、カミラ・メンデス演じるヴェロニカ・ロッジが発するセリフ「Oh well, karma’s a bitch(因果応報ね)」が、元になっているようなんです。

【「甘く見てると、痛い目に合うわよ」】

英語にくわしいスタッフによると、そもそも「Karma’s a bitch」とは「自業自得だ」とか「因果応報」といったニュアンスを持つのだそう。

ですがおそらくこの動画においては、「ざまあみろ」といった意味に近いのではないかといいます。「イモ女だと思って甘く見てると、痛い目に合うわよ」的な。

【「すっぴん→美女」以外にもいろんなパターンがあるみたい】

「カルマズビッチ・チャレンジ」に挑戦しているみなさんは、まさにこの言葉どおり、華麗なる変身を遂げているんです。YouTubeにはまとめ動画が上がっているほか、インスタグラムのハッシュタグ「#karmasabitch」には、世界各国から寄せられた挑戦動画がたっくさん!

女性だけでなく男性も続々トライしていて、「イケてない状態から超イケメン」に変身する動画もあれば、「男性から女性」に変身する動画もあったりして、タイプはさまざま。

変わり種だと、「大人から子供に変身する」といったものまであって、いろんなパターンが作れそうです。

【まずは布を用意しよう】

もしもあなたがこの動画にチャレンジしたいと思ったなら、用意しなければならないのは、大きな布

「Oh well, karma’s a bitch」というセリフの後、大きな布で画面を覆い隠して一気に引き上げると、変身後の姿がお目見え……というのが「カルマズビッチ・チャレンジ」の大まかな流れとなっているんです。

【続いてアプリ(もしくは音源)も用意しよう】

そしてもうひとつは、「Musical.ly」のようなPVみたいな動画が簡単に作れるアプリ。中国のユーザーが使用しているのは「Dou Yin」というアプリのようです。

もちろんアプリを使わなくても、挑戦者のほとんどがBGMとして使っているクレイショーンの『Gucci Gucci』か、ビーツ・アンティクの『I Got』のマッシュアップ『Antique Gucci』を流しておけば、問題ないのではないかと!

果たして「カルマズビッチ・チャレンジ」は、日本でもバズるのでしょうか。今後のゆくえが気になるところですね……!

参照元:YouTube[1][2]Instagram #karmasabitchTeen Vogue
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼もはや世界的な流行になっている模様

▼カップルで挑戦している人も♡

▼まとめ動画はこちらです



go to source

ヒュー・ジャックマンが涙した…『グレイテスト・ショーマン』劇中歌「This Is Me」をキアラ・セトルが初めて歌った動画に感動が止まらない!


2月18日に日本でも公開となったミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』。実在のエンターテイナー、P.T.バーナムのドラマティックな半生をヒュー・ジャックマンが演じており、現在大ヒットを記録しています。

個性豊かなキャラクターが登場する中でも印象的なのが、ヒゲ女として人気を博すパフォーマーのレティ・ルッソ。作品中、彼女が声を張り上げて歌う「This Is Me」に心を大きく揺さぶられた人も多いことでしょう。

今回ご紹介するのは、レティ役のキアラ・セトルがまだ映画制作が決定していない段階でのワークショップで初めて生歌を披露する姿をとらえた映像です。後半、ヒュー・ジャックマンが目に涙を溜めて彼女の手をにぎるシーンには思わずこちらまでもらい泣きしてしまいそうに……!

【大きなプレッシャーの中、生歌を披露したキアラ】

7年の月日をかけて作られたという『グレイテスト・ショーマン』ですが、映画製作前の段階で何度かワークショップをおこなっていたといいます。ですが、ずっとキアラは前に出ようとせず、この曲を初めてマイクの前で歌ったのは最後となるワークショップでだったそう。

そのときのプレッシャーや恐怖感は動画からもひしひしと伝わってきます。

私は暗闇を知ってる
言われた “隠れてろ” “お前など見たくない”

ピアノの伴奏が始まり、歌い始めの彼女はひどく不安げで声も表情も硬い様子。けれど、だんだんと歌い進めるうちに曲にのめり込んでいきます。

勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

体を揺らし、声を張り上げ、バックボーカルの人たちと一緒に見事な歌声を響かせ、最後は部屋中が一体となったセッションに。

その姿には同じ場所にいたヒューもおおいに感銘を受けたよう。最後のほうで感極まって声が詰まってしまったキアラの手を握り励ます姿には、見ているこちらまでジーンと来てしまいます。

【おおいなる人間賛歌に胸が熱くなる】

この映像はまさに映画の中のレティとかぶるものが……。ずっと自分に自信を持てないまま生きてきたレティが、自分の殻を打ち破り「見ろ、これが私だ!」と叫ぶシーン。その気迫は真に迫るものがありましたが、それはキアラ自身と重なるものがあったからこそなのかもしれません。

キアラの魂の叫びともいえる歌声、ヒュー・ジャックマンの人間性、そして「This Is Me」という楽曲のすばらしさがすべて詰まった「『This Is Me』ビハインド・ストーリー映像」。視聴は参照元からどうぞ。どんな場所にいるどんな人間にも生きる力を与えてくれる人間賛歌には、きっと皆さんも勇気づけられるはず。

参照元:YouTube「グレイテスト・ショーマン」公式サイト
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼「This Is Me」ビハインド・ストーリー映像

▼実際の映画のシーンがこちら



go to source

【異次元級のイケメン】インド映画俳優Vidyut Jammwalさんが話題に / 女性を守る運動にも参加したりと中身もイケメンです

インド映画と聞くと、真っ先に「登場人物が突然踊り出す」イメージが頭に湧いてきてしまうという方は少なくないことでしょう。

しかし、インド映画は「踊り」だけにあらず。日本では2013年に公開された『きっと、うまくいく』や、ただいま話題沸騰中の映画『バーフ・バリ』など、見ごたえある名作がたくさんあるのです。

世界中にファンがいるインド映画界において、抜群の美貌と色気を兼ね備えた超絶イケメンがいることを、あなたはご存知だったでしょうか。

【実際に目の前にしたら気絶しそう】

インド映画俳優のVidyut Jammwalさんは、1980年12月10日生まれの37歳。

甘~いマスクとムッキムキに鍛え抜かれたボディーは、360度方向どこから見てもパーフェクト。この世に存在していることが信じられないほどに見目麗しいっ。身長180cmという恵まれた体で、自らアクションもこなします。

【武道をたしなみ、女性を守る運動にも参加】

フェイスブックによると、Vidyut Jammwalさんはインドの武術「カラリパヤット」の専門的な訓練を受けた武道家で、3歳の頃から長い棒を用いた「コルタリ(kolthari)」や、金属の武器を使用した「アンガサリ(angathari)」を習得。

映画の世界では、日々磨いた武道スキルをスタントやアクションシーンに活かしているそうです。

また一方で、Jammwalさんは女性の権利と安全を守るための運動にも積極的に参加しています。ゆくゆくは主要都市に女性のための自衛部隊を設けたり、自衛のための技を教えにいくことも視野に入れているんですって。

見た目がカッコいいだけでなく、心もイケメン。そのうえむちゃくちゃ強いだなんて、神様は一体この方に何物を与えたんですか……!

【ツイッターもザワザワしまくり!】

なにもかもがまぶしすぎるJammwalさんは、言うなればインドが生んだ至宝

その存在を知った人たちからは、「え?これ私と同じ三次元に存在するの? マジで???」「理想的過ぎてもうクラクラ」「イケメンすぎる」「たまんねぇなオイ」「CGにしか見えない(笑)」といった具合に称賛コメントが続々。

ええ、みなさんのお気持ち、よ~くわかります。わたしもこの方を見た瞬間、気を失いかけましたもの。

あまりの輝きに神々しさすら感じられるJammwalさんのお姿は、ご本人のSNSで見ることができます。いつまででも眺めていられますので、イケメンを見て心の洗濯をしたいというみなさんは、ぜひチェックを♡

参照元:Instagram @mevidyutjammwalFacebookTwitter @VidyutJammwal
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼きゃあああああああ

Thank you for all your wishes

A post shared by Vidyut Jammwal (@mevidyutjammwal) on

This summer STAY COOL AND SQUAT

A post shared by Vidyut Jammwal (@mevidyutjammwal) on

#Commando 2 #march 3

A post shared by Vidyut Jammwal (@mevidyutjammwal) on

▼代表作のひとつ『Commando 2』



go to source

ロバート秋山「東京クリエイターズ・ファイル祭」のコラボカフェが攻めすぎ! パリとバリに分かれたランウェイカレー、ボイス指示に従って食べるケーキなど


2017年4月に開催された、ロバート秋山竜次プレゼンツ「東京クリエイターズ・ファイル祭」が、さらにパワーアップ。完全版となって、3月2日から4月2日までの間、パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7F)にてふたたび開催されることが決定しましたよ~!

さらに、クリエイターズ・ファイル初となるコラボカフェ「クリエイターズ・ファイル珈琲店」も、池袋・福岡・大阪の3都市でオープンするそう。展覧会、コラボカフェともに、クリエイティブとサプライズに満ちたロバート秋山の世界観をとことん体感できちゃいそうですっ!!

【これまでの展覧会をアップデート!】

今回の展示内容は、これまでのクリエイターズ・ファイル祭の内容をベースに、新しいクリエイターの展示などを加えてアップデートしたもの。

この展示会のために撮り下ろされた新作ショートムービーを上映する「クリエイティブ・シネマズ」や、クリエイターのポートレート、彼らが使っていたクリエイティブ・ツールの実物展示などをはじめ、クリエイターたちと遊べる “アミューズメント型展示” などが予定されています。

新作ショートムービーには、ファッションデザイナー・YOKO FUCHIGAMI主演のドキュメンタリー『YOKO FUCHIGAMI THE MOVIE ~ROOTS OF YOKO~』、子役・上杉みち主演の『九官鳥リリーの倦怠期』など、ファンにはおなじみの面々が主演する4作品がズラリ。

クリエイターズ「フォト&ツール」コレクションでは、総勢39名のポートレートや等身大パネルなどを多数展示。インディアンジュエリーデザイナーの小野幸次郎がセドナで使用したパワーストーンや、ワードパティシエの「竜斎雲」が会場の為にしたためた書の展示なども見られるそうですよ!

【コラボカフェも凝りまくり】

いっぽう、コラボカフェ「クリエイターズ・ファイル珈琲店」では、ロバート秋山竜次監修のもと、人気クリエイター11人のメニューが登場。どれも各クリエイターの特徴を取り入れたエンタメ性あふれる内容となっています。

たとえば「YOKO FUCHIGAMI ランウェイカレー 2018SS」(税別1190円)は、お皿の上で世界的トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIが2018年春夏コレクションを開催!

今シーズンのテーマは「パリとバリ」ということで、ランウェイ(ご飯)を歩くYOKOの脇には欧風(パリ)カレーと、エスニック風(バリ)カレーがオーディエンスよろしく乗っています。

「リシエルのマタニTEAラテ(HOTのみ)」(税別690円)は、モデル・リシエルがマタニティのころに愛飲していたというティーラテ。ラテアートでリシエルのマタニティ姿が描かれているのが強烈……!

【動画や声を使ったメニューも】

「伊吹のり崇が今最も注目する最先端ラーメン」は、持ち帰れる「最新ラーメン系統図カード」付きで税別1090円。待っている間、タブレットの動画で伊吹のり崇からラーメンの説明を受けるという、斬新な仕組みになっています。

また「指示したはずのケーキと違う!? 揚江美子のしきたりにとらわれないウェディングケーキ」(税別1290円)は、注文した人にイヤホンが渡され、トータルウェディングプロデューサー揚江美子のボイス指示に従って食べるという一品。

ユニークな演出も込みになっているのが、ひねりが効いてて面白いですね!

【鬼才・ロバート秋山の世界観を体感!】

コラボカフェの開催は、池袋が「池袋PARCO 本館7F・THE GUEST cafe&diner」で3月2日~4月15日まで。福岡は「福岡PARCO 本館5F・THE GUEST cafe&diner」で3月17日~5月7日まで。大阪は「心斎橋161 2F・THE GUEST cafe&diner」で4月20日~6月26日までの開催です。池袋のお店なら、展覧会と合わせて、両方訪れるべし!

このほか公式グッズや新商品に加え、豪華DVD付き単行本の第2弾『クリエイターズ・ファイル Vol.02 BOOK&DVD 2枚組スペシャル・セット』の発売まであって、本当にもりだくさん!

この世界観をすべてロバート秋山が生み出しているのかと思うと、やっぱり鬼才すぎる……!! まるでお祭りのようなこの一大イベント、皆さんぜひとも足を運んでみて。

参照元:展覧会公式サイトクリエイターズ・ファイルTHE GUEST cafe&diner
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼みちくんオムライス(税別990円)

▼Guest House「deco pon」の時間を忘れるテリヤキチキンバーガー(※お持ち帰り/ 税別1490円)熊本名産鶏「天草大王」使用 。ボーデン夫妻からのメッセージカードが付いてきます。

▼カラカラの花(あなた)を潤す キヨちゃん先生パフェ(税別1190円)

▼YOKO FUCHIGAMI パリ・バリ デザートプレート(税別1190円)

▼みちくんのきょだい? ホットケーキ(税別590円)

▼YOKO FUCHIGAMIブラック塗料メロンソーダ(税別790円)

▼リシエルが毎朝飲むハワイアンフルーツオレ(税別890円)

▼キッズダンサー琥恋子(ココス)ココア(ICEのみ)、みちくんココア(ICEのみ)(各税別690円)

▼クリエイターズラテ(HOTのみ・税別690円)
俳優 桐乃祐 / ダンスパフォーマー SHU-ZO / YOKO FUCHIGAMI

▼クリエイターズ・ファイル珈琲店 限定グッズもあります(すべて3月2日から発売)
パリバリ珈琲(5パック入り / 税別1000円)・「蚊帳生地ふきん」(税別800円)キヨちゃん先生が愛用するふきんを再現。

▼Sneaker Camelポストカードセット(4柄入り / 税別350円)



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ