そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

イトーヨーカ堂とバルスの雑貨店「ボンボンホーム」原宿竹下通りに先行オープン



go to source

やしきたかじんの妻、さくら夫人に「多重人格」説も?終わらぬ『殉愛』合戦

『たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III』東宝

『たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III』東宝

 故・やしきたかじん(享年64)と、その妻であるさくら夫人(33)の純愛の日々を人気作家・百田尚樹氏が綴ったノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)。発売直後からその内容は物議を醸し、さくら夫人の過去、夫人とたかじん家族との確執、たかじんが残した莫大な財産の行方などが大きく取り沙汰されて連日メディアを賑わせた。

 その騒動には未だ決着がつかず、2月23日、たかじんとさくら夫人について書かれた新たなる一冊が発売された。『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)と題されたその本は、『殉愛』の内容に反論したいわゆる告発本である。この本で注目したいのはなんといってもそれを記した布陣であろう。角岡伸彦、西岡研介、家鋪渡、宝島「殉愛騒動」取材班の共著。角岡氏、西岡氏は過去に講談社ノンフィクション賞を受賞した作家である。そして三番目に名を連ねている家鋪渡氏は、たかじんの実弟なのである。いわばノンフィクションのプロ中のプロが執筆したこの本、Amazon紹介文の最後には「百田さん、これが本当のノンフィクションやで」と書かれ、真っ向から百田氏に挑戦状をたたきつけた形なのである。

 この『百田尚樹「殉愛」の真実』には、『殉愛』での百田氏のずさんな取材や事実誤認を指摘し、さらにはさくら夫人の過去について、そして夫人サイドについていると思われる関西テレビ界への取材内容などが書かれているようである。発売から日が経っていないにも関わらず、売上はAmazonベストセラー1位で、24日時点でのAmazonでのカスタマーレビューは174件も。うち169件はおすすめ度に星五つをつけている。「その取材力に感動した」「本当のノンフィクションとはこういう本を言うのだろう」との感想が多いようだ。

 24日発売の「女性自身」(光文社)は、この告発本の中でももっともセンセーショナルかつデリケートな部分であると思われる、さくら夫人の多重人格疑惑について取り上げている。記事によると告発本の取材に応じたのはさくら夫人の2番目の夫であるアメリカ人のD氏。結婚と離婚を繰り返してきたさくら夫人だが、最初の夫は日本人男性、2番目の夫がこのアメリカ人D氏、そして3番目の夫が“重婚疑惑”が持ち上がったイタリア人男性で、たかじんは4番目だといわれている。

1 2



go to source

損せず旅する!賢くお得に「韓国美容旅」に行くヒント

ご存知の通り、韓国は女性の美容に対する意識がとても高い国。それに日本よりも格安でさまざまな美容施術が受けられ、コスメ製品の購入も安価。そして、韓国料理もお肌に良いものづくしです。

そんな韓国で知る人ぞ知る裏技を使えば、価格は日本よりも安く、でも効果はバッチリの美容づくしの旅を実現できるんです。

今回は、そんな韓国美容旅をこの春に叶えるべきポイントをご紹介しましょう。

 

■美容編

韓国というと整形というイメージが強いかもしれませんが、顔にメスを入れない伝統的美容施術もたくさんあります。たとえば、顔の骨を整えて小顔にする「骨気(コルギ)」は韓国で古くから伝わる施術のひとつ。

また顔のシワやしみなどにも効果的な美容針のほか、『美レンジャー』の過去記事「【韓医院体験レポート】顔面で炎が燃え盛る……!? 韓国で人気のキケンな美容法」でもご紹介している、顔面に火をつける美容法など、日本ではなかなか体験できないバラエティ豊かなメニューも韓国ならでは。そんな日本では簡単にできない美容法は、旅費をかけてでも現地で体験する価値のあるものです。

それに冬の間にすっかりゆるんでしまったボディをキュッと引き締めるのには、今の季節はもってこい。

さらに韓国発のコスメは、アジア人向けに開発されたもので日本人の肌質に合うものばかり。美容家のIKKOさんをはじめ、コスメフリークが韓国生まれのアイテムを愛用することでも有名のとおり、優秀韓国コスメを現地価格で購入できます。

 

■グルメ編                   

韓国女性は肌のきれいな人が多いように、韓国料理は美の宝庫。たとえば高級料理のサムゲタンでも、日本で食べるよりもずっとお得な値段で食事できます。そのため、韓国滞在中は現地の韓国料理店を3食とも通うのがおすすめ。

唐辛子などのスパイス類を使用したり、薬膳料理のような要素も持ちあわせる韓国料理は、季節の変わり目の今食べておくと、ゆらぎ肌や体調不良の予防にも一役買ってくれます。

グルメ三昧の旅行になっても、ハンバーガーやステーキばかりのアメリカ旅行や、パンケーキにフレンチトーストと高カロリーのハワイグルメ旅行とも違って、体重を気にせず体の中からキレイになっていけるでしょう。

 

■航空券編

海外旅行の費用を考える上で外せないのが航空券代。出費のウエイトを結構な割合で占めてしまうのは問題ですよね……。できることなら抑えて、旅の内容を充実させたいですよね。セールや直前割引などの情報は常にチェックしたいところ。

でも実は同じ航空券でも旅行代理店ごとで値段が違うことに皆さん気づいていました?そもそも航空会社の正規割引運賃はどの旅行会社で予約しても同じ値段なのですが、一般的に航空券販売の利益率は非常に低いため、それを補うために旅行会社側で予約手数料を設けているケースがほとんどです。 

でも、予約手数料無しの価格で購入できるのが、オンライン旅行サイトの『エクスぺディア』。アジアエリアなら予約手数料として数千円加算されるのが一般的なのに、『エクスぺディア』なら一切無し。

それに2月1日から燃油サーチャージが値下げされたため、韓国行きならこれまでより数千円は低い値段で購入できるんです。

いかがでしたか? これらの裏技を駆使すれば、この春の韓国旅行は絶対狙い目ですよ。

 

【関連記事】

【韓医院体験レポート】顔面で炎が燃え盛る…!?韓国で人気のキケンな美容法

 

【参考】

エクスペディア



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ