そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

身近な人にキツく当たってしまう貴女へ 「幸福学」の研究者が実践するメントレ法

「なんで分からないの?」「あーもう、忙しいのに……」仕事で忙しいときやイライラしたとき、部下や後輩についネガティブな口調で語りかけてしまう人も多いのでは?

お小言や文句ばかり口にしていると、幸せが逃げていきそう……。

「幸福学」を研究している、慶應義塾大学大学院教授の前野隆司(まえの・たかし)先生によれば、「ネガティブワードは幸せを逃す」そう。どうすれば怒りをコントロールしてごきげんに仕事ができるか、方法を教えてもらいました。

【第1回】残業がなくなれば毎日充実するの?

カチンときたら即やるべきこと

--前回は、幸福学の基本と、働く時間と幸せの関係についてお聞きしました。今回は、仕事中につい発しがちな「ネガティブワード」の対処法についてお聞きしたいと思います。

前野隆司さん(以下、前野):はい、どうぞ。

--忙しいときに人が小さなミスをしたり、話が通じなかったりすると、ついイライラしてネガティブな言葉を発してしまうことがあります。怒っても仕方がないと、頭では分かっているんですが……。

前野:これは、練習が必要ですね。練習すると、日常生活でほとんどネガティブな言葉を使わずにすみますよ。荻野淳也さんという、ビジネスパーソン向けにマインドフルネス(瞑想)を教えている方に習った方法をお伝えしましょう。

【1】まず、相手に対して「何で!?」と怒っている場面を想像してみる。
【2】ひと呼吸して、「怒りそうになっているな」と自分の感情を客観的に見つめる。
【3】ネガティブじゃない言い方って何だろう?と考える
【4】怒るのではなく、「そういうやり方もあるんだね。今度はこういうやり方でやってみたら?」という助言に変えてみる。

というように、イメージトレーニングをするんです。これは、僕自身も効果を感じました。

--どのような効果を?

前野:妻に対して「何で!?」と言いそうになったときに「あ、イメトレと同じ状況だ!」と思い、深呼吸をして、ポジティブな言い方をしようとしたらできました。よく啓蒙書などで「ポジティブになりましょう」と書いてありますよね。文章だけ読んでいると「よし」と思うけど、いざその場面に遭遇したら実践できないことが多い。だから練習しておく必要があるんです。練習するとコツがつかめて、面白くなってくるんですよ。それを忘れずに続けると、どんどん上達するんですね。

あと、僕の場合は、妻に対して「こういうことを習ってきたんだよ。だから今日から実践するよ」と宣言して、「それはいいね」と共感してもらえたのが良かったですね。そうすると、次にイラッとしたときに「あ、深呼吸が足りないんじゃないの?」なんて言われて「確かに」と深呼吸をしてクールダウンすることができる。怒りそうになったときに深呼吸したら「わかった、わかった」と言ってもらえたこともありました(笑)。

「怒りの感情」が寿命を左右する

--その「深呼吸」を仕事の場でできたらすごくいいですよね。

前野:そうですね。言葉には、「非常に失礼」から「ものすごく優しい」までの間に何段階もあって。普段からネガティブな言い方をしがちな人は、やっぱり練習する必要があると思います。それこそ練習講座みたいなのがあるといいですよね。

--その講座、受けたいです! すぐに怒っちゃうんですよね……。仕事でもプライベートでも、ちょっと関係が近い人だとキツい言い方をしてしまう。それで幸せを逃がしているな、という気になります。

前野:この間「怒り指標」というデータを見たんですが、怒り指標が高い人と低い人では、余命が違うんですよ。25年後生存率でみると、あまり怒らない人は98%くらい生き残っているのと比べて、怒りやすい人は、20年後に生存率が13%おちた(87%までおちた)んです。年を取るとだんだん丸くなっていくといいますけど、怒りのコントロールがちょっとずつ上手になっていくんだと思うんですよね。長生きするためにも、怒りをちょっと抑える練習をしたいですよね。

--寿命にも関わるなんて……。今日からでも練習しなきゃ。

前野:色々な練習ができると思いますよ。ロールプレイをやってみるのも効果的です。以前、ある会社の研修に協力したんですが、参加者の中に、ものすごく怖い上司として知られている専務がいたんですよ。そこで、部下と上司の役割を反対にするロールプレイを行ってみました。部下の人が「申し訳ないですが、専務の怒り方を再現します!」とか言いながらやっていたんですが、それを見た専務が「こんな言われ方したら確かに嫌だよなあ……」と反省して。それから少し改善したということがありましたね。

会社で怒ってしまうという方は、遊びのつもりで同僚や後輩とロールプレイをやってみたらどうでしょう? それによって、コミュニケーションが変化するかもしれません。それから精神医学では、怒っていると感じたら、語尾に「思った」とか「考えた」というのをくっつけるといいと言われています。「イライラするなぁ〜」より「私はイライラしたと思った」の方が冷静ですよね。

感情の乏しい「能面女子」にオススメの練習法

--全然怒っていないのに、「怒ってるの?」と聞かれてしまうこともあります。いつも険しい顔をしているのか、嬉しいとか喜んでいるとかもいまいち伝わらない……。

前野:場のムードを満喫した方が幸せというデータがありますから、感情を抑えない練習をした方がいいですよ。皆で食事するときに「ああ〜、おいしい!」と声に出す人と、何も言わずに黙々と食べる人がいるじゃないですか。ふだんは後者のタイプだとしても、無理やり大げさに言う練習をするといいと思います。「今日はノリがいいね」とか言われるかもしれないけど(笑)。

--大げさな人って、うざったいなと思うこともあるんですけれども、やっぱり羨ましいですね。

前野:のびのびしていて幸せそうですよね。オムロンの笑顔測定器って知っていますか? ある女子学生はニコッと笑うだけで100点が出るのに、僕は思い切り笑っても95点までにしかならなくて、一生懸命笑顔を作ったことがありました。普段から笑顔を作っていないと、筋肉も退化するんですよね。そうすると、感情を表現する力も弱まってしまう。感情が伝わりにくいと、幸福度も低くなりますから、もっと思い切って笑ったり驚いたりしてみてください。

次回は、仕事とプライベートの両立で本当に幸せになれるか?について伺います。

(取材・文:東谷好依、写真:青木勇太)



go to source

男性の7割が選択…!コンドームは「自分でつける」or「女性につけてほしい」どっち?

男性の7割が選択…!コンドームは「自分でつける」or「女性につけてほしい」どっち?

写真拡大

エッチの時、いつもゴムはどちらがつけていますか?
男性がつけるものだと思っていた人や「私がいつもつけてるわ……」と思う人もいるでしょう。
男性はゴムの着脱についてどのように考えているのでしょうか。

今回は20代〜30代の独身男性を対象にエッチの時、コンドームは「自分でつける」or「女性につけてほしい」どっち?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

●「自分でつける」を選んだ男性の意見

『スムーズに進ませたいので、自分でつけます』(29歳/金融)

『女性は着け慣れていない人がほとんどだと思うし、ちゃんと装着されているのか不安になるから。自分で装着して確認しないと100%のパフォーマンスは発揮できない』(27歳/営業)

『女の子につけてもらうのは恥ずかしい』(32歳/メーカー)


自分でつけないとちゃんと装着されているか不安になるという声や恥ずかしいという意見が多かったです。
避妊は大切ですから、夢中になるためにも心配事を増やしたくないと考えるようですね。

●「女性につけてほしい」を選んだ男性の意見

『自分で装着しようとすると、装着しているうちに萎えてしまいそうなのでそうして欲しいです』(31歳/教師)

『そのシチュエーションの方が興奮するため』(34歳/建設)

『装着する際の間が気まずくならないからです』(26歳/広告)


女性に装着されると興奮するという男性が多い様子。
男性がゴムを装着している時って、確かに間抜けに見えますよね。
そんな気まずい瞬間をなくしたいと思う男心が垣間見えました。

●エッチの時、コンドームは「自分でつける」or「女性につけてほしい」どっち?果たして多数派は……?

自分でつける……134人(67%)
女性につけてほしい……66人(33%)

7割近くの男性が「自分でつけたい」という結果になりました。
ちゃんと装着されているかどうか、きちんと確かめないと心配でプレイに集中できない男性が多かったです。
リクエストされた時に装着してあげるくらいで良さそうですね。

----------

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年8月16日〜2017年8月18日

(文/恋愛jp編集部)


go to source

イケメン選手に夢中!? スポーツ観戦中に彼女がした許せぬ言動3つ

1:選手に「格好いい!」を連発

まずはバスケットボールが好きなプログラマーのT君。

「高校時代から大好きだった女性と一緒に、プロバスケットボールの試合を見に行ったときのこと。社会人になってからちょっとずつ距離が近づいていて“そろそろ告白!”という頃だった。

彼女も俺も元バスケ部。二人共すごく楽しみにしてたんだけど、試合が始まるやいなや、俺なんてほぼ無視で、好きな選手に

“格好いい~!”

を連発。俺のこと見向きもしないしで、完全に恋が終わった……」

自分を一番格好いいと言って欲しい

相手がスポーツ選手であれ芸能人であれ、男なら彼女から“一番格好いい!”と思われていたいもの。

好きなスポーツなら尚更気合が入ってしまうのは無理もありませんが、彼の前で他の男性を褒めすぎるのには注意が必要です。

 

2:好きって言ってたのに……ルール知らなすぎ!

続いて、元ラガーマンのS君。

「当時付き合い始めたばかりの彼女と、うちでラグビーの試合を見ていたときのこと。僕が大学時代にラグビーばかりしていたのを知ってるし、彼女も

“ラグビー、格好いいし好き!”

と言っていたので二人で楽しめると思っていたんだけど……。

いざ試合が始まってみると、正直全然ルール分かってない。どうしたらスコアになるのかも分かっていなくて、ちょっとがっかりした」

「教えてくれる?」で解決

彼に合わせて大して好きでもないスポーツを「好き!」と言ってしまったのなら、素直に「ルールがあまりわかってないかも。教えてくれる?」と彼にお願いしましょう。

何かを教えてあげるのが大好きな男性諸君は、きっと優しく手ほどきしてくれることでしょう。

 

3:大事なところで話しかけないで!

最後は、今でもテニスを楽しむという筆者の友人M君。

「今でも週2でやっているテニス。試合となればかなり本気で見てしまう。彼女も一緒に見たいって言うからOKしたんだけど、試合の大切なところで

“今どういう状況? アドバンテージって何?”

とかしつこく聞いてくる。正直、一緒に観るのが辛い……」

彼が本気で見ているときはそっとしておこう

スポーツ観戦が好きな男性って、観戦中はまるで自分がコートに立っているかのごとく入り込んでしまうもの。

話しかけても反応が薄い場合は、そっとしておきましょう。

 

いかがでしたか?

うまくいけば素敵なデートになるスポーツ観戦。彼が好きなスポーツを一緒に楽しめれば、彼との距離もぐっと縮まります。

わからないことは彼に教えてもらいながら、楽しい時間を過ごしてくださいね。

 



go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ