そこうけ

「ばかうけ」はしないけど、そこそこうけるブログ

伸ばしかけ前髪のアレンジ おしゃれな斜めバングがおすすめ

横分けだけじゃつまらない。おしゃれ前髪はちょこっと斜め。

伸ばしかけ前髪に斜めアレンジ

前髪を伸ばしているときは、そのままにしていると邪魔な瞬間がありますよね。
そんなときにおすすめなのが斜めバング! 横に流しておしゃれに見せつつ伸ばしましょう。

 

斜めにするならストレートアイロン

カールアイロンでも斜め前髪を作ることはできますが、おでこをヤケドしてしまう可能性があるため、ストレートアイロンを使うのをおすすめします! 少し内側に巻き込むだけで簡単にできるので、ポイントを抑えちゃいましょう。

 

濡らして乾かして準備OK

斜めバングのポイントは根元から!です。
根元にクセがある場合は、意識して前髪の根元からしっかり濡らし、さらにしっかり乾かすのが重要です。

 

ヘアアイロンを当てる方向は?

ストレートアイロンを当てる方向は、流したいと思っている方向と逆側に向かって当てます。
前髪の中間あたりまできたら、内側にくるっ手首をひねりながら流したい方向にスッとひっぱっるだけで完成です!

 

自分の顔パーツに合わせて前髪を作ろう

思い切ってカットするのも

自分の顔の形に合わせて前髪をカットしてしまうのも1つの手です。
面長さんはサイドを長めに残して斜めカット、丸顔さんは両サイドを顔の形に添うように自然に繋げると顔の形をカバーできますよ。

 

流す前髪で抜け感と色っぽさを。

分け目を変えて印象チェンジ!

分け目をどこにするか?というのは前髪アレンジの中でも重要なポイントです。
右分けにするか左分けにするか、センター分けやポンパドールもありますよね。
その日のTPOに合わせてアレンジするのがおすすめです。

 

抜け感を出すなら

可愛い抜け感を出したいときは、右分けかザクザクぱっつんバングがおすすめ。
ぱっつんでもシースルーバングにすることで、さらに抜け感がアップしますよ。

 

大人色っぽい前髪の流し方

大人っぽくフェミニンな雰囲気を出したいなら、左分けかセンター分けにしましょう。
左分けは知的で大人っぽく、センター分けはセクシーでかっこいい雰囲気を出すことができます。

 

アレンジも、横分けなら自由自在

ねじり+ピン留めで大人アレンジ

前髪をおおよそ8:2に分け、8の方を耳の後ろあたりでピンで留めます。
自然な斜めバングになるようにスプレーなどで固定しましょう。
反対側はくるっとねじってピン留めすると大人っぽく仕上がります。

 

無造作前髪もセクシー

サイドの分け目をざっくりかき上げ、内巻きにしていきます。
くるりんぱなどで後ろを結び、前髪をゆるく自然になるように引っ張り出して完成。
無造作感を意識すると色っぽさが出ますよ。

 

伸ばしかけ前髪もアレンジでイメチェン

伸ばしかけで邪魔な前髪って、簡単にピンで留めたりポンパドールにしてしまいがちですよね。
でも毎日同じだとつまらない… おしゃれに見えつつ、いろいろな印象を出すことができる前髪アレンジでヘアチェンジを楽しみましょう!

 



go to source

スタイルを”アップデート”するならコレ!必ず盛れる「秋ファッション」4つ

スタイルを”アップデート”するならコレ!必ず盛れる「秋ファッション」4つ

写真拡大

1年の中でいちばんファッションが楽しくなる季節、秋の到来ですね!
とは言え、とりあえず何を取り入れたらいいの?何が流行ってるの?と、疑問のある方も多いですよね。
というわけで今回は、この秋「必ず盛れる!」これさえ取り入れていればオッケーなファッションアイテムをご紹介していきたいと思います。

●(1)ビッグシルエット

『体型をお洒落にカバーできるので重宝しています』(26歳/IT)

体をすっぽりと覆ってくれる、ビッグシルエットが人気です。
ニットワンピやスウェット、コートなど、秋らしいアイテムが多いのが特徴。

お尻まわりがふんわり隠せるのも、女子には嬉しいですよね。
体のラインが見えないという面では男子ウケが心配なところですが、ゆるっと長めの袖からちょっぴり指をのぞかせる、いわゆる「萌え袖」でそこはカバー!
秋冬ならではのかわいらしさを演出できます。

●(2)ボリュームトップス

『顔が小さく見えるのはありがたい』(24歳/保育士)

夏にも流行った「盛り袖」トップス、一枚くらいはもう持ってますよね?
袖がバルーンになっていたり、ボアなど異素材のものが付いていたりするボリュームトップスはまだまだ流行ります。

トップス一枚投入するだけで、こなれた雰囲気を出せる のが嬉しいですね。
ボトムスはロングスカートでもワイドパンツでも、意外となんでもハマります!

身長があまりない女性は、ほんの少しボリューム小さめのものをチョイスするといいですよ。

●(3)ハイウエストボトムス

『スタイルが良く見えるし、上品な雰囲気だから好き』(32歳/商社)

より洗練されたイメージを求めるなら、ハイウエストボトムスがおすすめです。
ハイウエストのワイドデニムにカットソーなどを合わせればクールな装いができますね。
またさらりとモノトーンや紺、カーキなど落ち着いた色のハイウエストスカートなら普段の服に取り入れやすいはずです。

ハイウエストボトムスは、はくだけで脚長効果が抜群 なのもポイントです。
ボリュームのあるボトムスでも、トップスをインすることでスタイルアップは簡単に叶いますよ!

●(4)Iラインスカート

『大人な女っぽさを自然に出せるところがいい』(26歳/エステティシャン)

華奢見せが叶う女性らしいファッションが、このIラインスカート。
そのものずばり、アルファベットのIのように縦長のラインを意識してはいてください。

男子ウケがいいのは無地ですが、柄ものがお好みな方はストライプを選ぶと縦方向を強調してくれるのでスリムに見せられます。
派手めの柄ものだと視線が下半身にいきやすいので、やや短い丈を選んで分量を減らしてください。

ぴったりシルエットがどうしても気になる場合は、カーデやブルゾンを腰巻きしてウエストマークするのも秋らしいファッションで素敵です。

----------

必ず盛れる秋ファッションのご紹介、いかがだったでしょうか?
これらのアイテムをお手持ちのものにひとつ足すだけで、ぐっと今年らしいコーディネートができますよ。
ぜひお試しください!

(文/恋愛jp編集部)


go to source

本物の味を満喫するシンガポール旅。あの“定番カクテル”が誕生した名門ホテルのバーへ

 本物の味を満喫するシンガポール旅。あの“定番カクテル”が誕生した名門ホテルのバーへ

写真拡大 (全8枚)


9月のシンガポールといえば、毎年恒例のF1グランプリ。マリーナ地区はF1マシンのエンジンサウンドがこだまするサーキットとなり、普段とは街の表情も一変します。元々国際色豊かなシンガポールですが、この時期はさらに世界中からFiファンたちが大挙として押し寄せ、街はさらに賑わいを増します。



 

そんなマリーナ地区にある創業100年を超える老舗ホテル「ラッフルズ・ホテル(RAFFLES HOTEL)」も、もちろん例外なく賑わいを見せる場所の1つ。



【ラッフルズ・ホテルの玄関「メインロビー」は現在改装工事中】

顧客リストには各国の王侯貴族、著名な文化人などVIPの名前がズラリと並び、シンガポール随一の名門ホテルとも称されるこのホテル。歴史を感じさせる美しい空間、そして壮麗な調度品と、そこに身を置くだけで豊かな気分に浸れます。

そして、このホテルを語る上で、あの世界的定番人気カクテル「シンガポール・スリング」が誕生したバーの存在は絶対に外せません。

 

|開店早々に行列も。シンガポール・スリングが誕生した伝説の人気バー「ロング・バー」

シンガポール・スリングはジンをベースにコアントローやパイナップルジュースなどを加えたピンク色のカクテル。カクテルを飲む方であれば、一度は味わったことのあると思います。

このカクテルが生まれたのは実に100年以上前。1915年にこのラッフルズ・ホテル内にあるバー「ロング・バー」のバーテンダー・厳崇文が“ジュースのような見た目のカクテルを”というオーダーに応えて作ったのが始まりとされています。



【「ロング・バー」のシンガポールスリングは1杯31シンガポールドル(約¥2,500)。メニューにはレシピもちゃんと記載されています】

 

ホテル宿泊者以外も利用可能なこのバー。訪れる人はほぼ間違いなくシンガポール・スリングをオーダーし、バーテンダーたちは絶え間なくシンガポール・スリングを作っています。



 

11時のオープン直後に訪れたにも関わらず、ちょうどF1グランプリ開催中ということもあり、伝統を誇るバーにはF1の応援グッズを身につけた人も多く、すでに満席状態。昼前というのに入り口には待機客で行列もできていました。



 

私たちもやっと席に着き、お目当のシンガポール・スリングをオーダー。10分ほどで席にやって来ました。



【こちらが100年の伝統を誇るシンガポール・スリング。とてもフォトジェニック!】

テーブルには麻袋が置かれていて、中には殻付きのピーナッツが詰まっています。このピーナッツをおつまみに早速味わいます。歴史を感じる贅沢な空間で楽しむ“本物の味”はまさに格別。まるで時間さえもゆっくりと流れていくように感じるはずです。

 

|充実の「スーベニアショップ」も必見です

このラッフルズ・ホテルでぜひ訪れたい場所が「スーベニアショップ」。もちろん宿泊者以外も利用可能です。



シンガポール・スリングをモチーフにしたTシャツやキーホルダーといったアイテムをはじめ、ロング・バーで使用されているグラスも麻袋に詰められた落花生ももちろん販売されています。

その他にもラッフルズ・ホテルで提供されているコーヒーやお茶、チョコレートやクッキー、そしてホテルマンを形どったぬいぐるみなどなど。100年以上の伝統を誇るホテルだけあってお土産の種類も豊富。しかも販売されているアイテム1つ1つがオシャレ感たっぷりなので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

ラッフルズ・ホテル(RAFFLES HOTEL)
1 Beach Road, Singapore, 189673
フリーダイヤル: +(1) 800 1 7233537 TEL: +(65) 6337 1886 FAX: +(65) 6339 7650
http://www.raffles.jp/singapore/


go to source

リンク
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。 ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。 ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ